_E5A7157

FTISLAND、CNBLUEの弟分バンドN.Flying、メジャーデビュー!

_E5A7115

FTISLAND、CNBLUEの弟分ニュー・トレンド・バンド、韓国期待の新星、N.Flying(エヌフライング)が、2016年2月10日(水)にリリースする日本メジャーデビューシングル「Knock Knock」のリリースを記念したミニライブ&握手会をタワーレコード渋谷店で12月14日に行った。

オリコンインディーズチャート2位、タワーレコードのワールド/レゲエセールスランキング1位というインディーズ実績を叩き出し、FTISLAND、CNBLUEのオープニング・アクトでの圧巻のパフォーマンスで注目を集め、12月12日(土)、13日(日)幕張で行われたFNC KINGDOM 2015で2日間で約24000人のビッグ・オーディエンスをノックアウトしたばかりのN.Flyingをみようと約500人のファンが会場に詰めかけた。

開演前から熱くなった会場に、ギターのチャ・フン、ベースのクォン・グァンジン、ヴォーカル&ラップのイ・スンヒョプ、ドラムのキム・ジェヒョンの4人のメンバーが登場すると、ファンのボルテージはさらにアップ。
「準備はいいですか?行きましょうか?」というMCとともに1曲目にはデビュー・シングル「Knock Knock」に収録される「All in」でスタートした。カッティングエッジで爽やかな楽曲で会場は揺れ、続く韓国でのデビュー曲「ギガマッキョ」では大コール&レスポンスでより一体となり、メジャー・デビュー・シングル「Knock Knock」での盛り上がりはその激しくグル―ヴィなリフとポップなメロディと共にピークに。当初この3曲で終了の予定だったが、その熱いパフォーマンスで自然とおこったアンコールのリクエストに応え、日本でのインディーズデビュー曲「BASKET」の合計4曲を披露した。
ショウの途中では普段は歌わないドラムのジェヒョンが韓国での最新シングル「Lonely」を歌ったり、ヴォーカルのスンヒョプが事務所の先輩にあたるAOAのメンバー、ジミンとのコラボレーションJIMIN N J.DON「GOD」のサワリを歌ったりとそれぞれの個性が垣間見えるパートもあり、会場のファンも大満足のイベントとなった。
メンバーは、「みなさん、ほんとに会いたかったです!昨日KINGDOMが終わって、今日もミニライブをします!たくさん人が来ましたね!(インディーズ・デビューから)時間が結構空きましたが、こらからもっと日本で活動するから、応援して下さい。」と今後の活動に意欲を表明した。
“New Flying”、“Next Flying”を意味する彼らのバンド名どおり今後の“飛躍”が楽しみだ。

12月14日セットリスト@タワーレコード 渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
1. All in
2. ギガマッキョ
3. Knock Knock
アンコール「BASKET」

リリース情報
【デビューシングル】
■発売日:2月10日(水)発売
■タイトル:「Knock Knock」

◆初回限定盤A(CD+DVD)価格1,800円(税込)TYCT-39035
<CD>
1. Knock Knock(Japanese Ver.)
2. ギガマッキョ(Japanese Ver.)
3. All in(Japanese Ver.)
+各楽曲のKARAOKE 計6曲

<DVD>
Knock Knock(Japanese Ver.)-Music Video-
Knock Knock(Japanese Ver.)-Making-

◆初回限定盤B(CD+DVD)価格1,800円(税込)TYCT-39036
<CD>
1. Knock Knock(Japanese Ver.)
2. ギガマッキョ(Japanese Ver.)
3. All in(Japanese Ver.)
+各楽曲のKARAOKE 計6曲

<DVD>
ギガマッキョ(Japanese Ver.)–Music Video-
ギガマッキョ(Japanese Ver.)–Making-

関連リンク:
◆オフィシャルHP:http://nflying-official.jp/
◆FNC Japan HP:http://www.fncent.co.jp/
◆オフィシャルTwitter:https://twitter.com/fncmusicjapan
◆Universal Music HP:http://www.universal-music.co.jp/nflying
◆無料メールマガジン会員募集中!最新情報随時配信!:http://nflying-official.jp/free/mailmagazine/

Photo by 清水義史

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP