rad1123_main_

2月22日発売 RADWIMPS、「君の名は。English edition」 収録楽曲4曲のトレーラー映像を公開!

rad1123_main_

現在iTunes、レコチョクほか主要サイトで好評配信中の映画『君の名は。』英語主題歌4曲を収録した「君の名は。English edition」を、いよいよ来週2月22日(水)にリリースするRADWIMPS。オフィシャルYouTubeでは英語主題歌4曲のトレーラー映像が公開中。映画の名シーンと共に、新たに書き下ろされた英語詞をぜひ堪能してほしい。

■RADWIMPS  「君の名は。English edition」全曲トレーラー

「君の名は。English edition」に収録されているのは、英語主題歌は「Zenzenzense(English ver.)」含む全4曲。映画『君の名は。』は主人公・瀧とヒロイン・三葉の恋の物語とRADWIMPSが奏でる主題歌が濃密にリンクする作品のため、英語圏で本編を鑑賞する方々へも、映画と音楽が深く絡み合う『君の名は。』の世界を最大限に楽しんでもらいたいという想いから、ボーカル・野田洋次郎が原曲のメロディに合わせて日本語詞を元に新たに英語詞を書き下ろした。4月7日(金)【予定】の北米公開に先駆けて、英語主題歌版本編が、先日2週間限定で一部劇場にて上映されていたが、映画を見た観客からは「かっこいい」「新鮮!」とSNS上で多くの反響があり、英語歌詞の書き下ろしに際して、新海誠監督からは以下のコメントも寄せられている。

●新海誠監督コメント
RADWIMPSにとって、メロディと歌詞は切り離せないもののはずです。にもかかわらず、英語圏の観客のために素晴らしい英語歌詞を作ってくれたRADWIMPSに、心より敬意と感謝を申し上げます。『君の名は。』では歌と台詞と物語は渾然一体であり、主題歌の歌詞は主人公たちの叫びでもあります。今回の英語主題歌版で、北米の観客に『君の名は。』の世界をより深く楽しんでいただけることを願っています。

RADWIMPSは来週2月25日(土)福岡・マリンメッセ福岡から、ニューアルバム「人間開花」を引っ提げた全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」をスタートさせる。

<作品概要>
RADWIMPS
■「君の名は。English edition」
※日本国内のみで発売/配信作品
2017年2月22日 CD発売(UPCH-80465 / 税別1,300円)
1. Dream lantern (English ver.)
2. Zenzenzense (English ver.)
3. Sparkle (English ver.)
4. Nandemonaiya (English ver.)

※ Zenzenzense (English ver.) 及び Sparkle (English ver.) はアルバム「人間開花」に収録されたそれぞれのoriginal ver.を英詞にして収録
※ Nandemonaiya (English ver.) はアルバム「君の名は。」に収録されたmovie ver.を英詞にして収録

Print

■「Your name. (deluxe edition / Original Motion Picture Soundtrack)」
※US盤としてCD発売 / 日本以外の全世界配信作品
2017年3月10日 CD発売
1. Dream lantern (English ver.)
2. School road
3. Itomori high school
4. First view of Tokyo
5. Cafe at last
6. Theme of Ms. Okudera
7. Unusual changes of two
8. Zenzenzense (English ver.)
9. Goshintai
10. Date
11. Autumn festival
12. Evoking memories
13. Visit to Hida
14. Disappeared town
15. Library
16. The night inn
17. Again to Goshintai
18. Kuchikamizake trip
19. Council of war
20. Persuading mayor
21. Theme of Mitsuha
22. Unseen two
23. Katawaredoki
24. Sparkle (English ver.)
25. Date 2
26. Nandemonaiya (English ver.)

Bonus disc
1. Dream lantern
2. Zenzenzense (movie ver.)
3. Sparkle (movie ver.)
4. Nandemonaiya (movie ver.)

※配信作品に関して、Bonus disc部分はNandemonaiya (English ver.) 以降に同順番にて収録

■RADWIMPS「君の名は。English edition」 iTunes、レコチョクほかで配信中!
iTunes
レコチョク

●RADWIMPS
アナログ盤/限定生産品
・「君の名は。」 UPJH-20004/5
・「人間開花」 UPJH-20006/7
2017年2月22日発売
重量盤2枚組(33 RPM) 各4,800円(税別)

new single 「君の名は。English edition」より「Zenzenzense (English ver.)」

「いいんですか?2017 ver.」 ミュージックビデオ
RADWIMPS、ついに汚名返上!!!10年越しのリベンジ!10年前と同じスタッフ&演出で撮影したミュージックビデオを公開!

「週刊少年ジャンプ」 ミュージックビデオ
「週刊少年ジャンプ」の歌詞とリンクして、今も『週刊少年ジャンプ』誌面で連載中の作品の名シーンが登場するコラボレーションビデオ!
※2017年5月10日(水)までの限定公開。

<最新アルバム商品概要>
RADWIMPS
new album
「人間開花」 発売中
初回限定盤 : CD+DVD 4,500円+税 / UPCH-29241
通常盤 : CDのみ 3,000円+税 / UPCH-20436

RADWIMPS
Human Bloom Tour 2017

2月25日(土) 福岡  マリンメッセ福岡
2月26日(日) 福岡  マリンメッセ福岡
3月2日(木) 愛媛 愛媛県武道館
3月7日(火) 神奈川 横浜アリーナ
3月8日(水) 神奈川 横浜アリーナ
3月11日(土) 大阪 大阪城ホール
3月12日(日) 大阪 大阪城ホール
3月18日(土) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月25日(土) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21) 
3月26日(日) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21) 
4月1日(土) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月2日(日) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月8日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
4月9日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
4月15日(土) 福井 サンドーム福井
4月22日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月23日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月29日(土・祝) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
4月30日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
5月9日(火) 東京 日本武道館
5月10日(水) 東京 日本武道館

<RADWIMPS  BIOGRAPHY>
野田洋次郎(vo/gt/pf), 桑原 彰(gt), 武田祐介(ba)
(Dr 山口智史は持病の悪化のため活動休止中)

2001年結成、2005年メジャーデビュー。
ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織りこまれ、「ジャンル」という既存の枠組にとらわれない音楽性。恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンティックに描き出した歌詞。大きなメディア露出がなかったにもかかわらず、ライブと口コミで着実に広がり、シングル「オーダーメイド」「DADA」ではオリコン・ウィークリー・チャート1位を獲得、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。
メジャーデビュー10周年を迎えた2015年は、次なる大きな飛躍を感じさせる一年と成った。ボーカル・ギターの野田洋次郎は、初となるエッセイ「ラリルレ論」(文藝春秋社)を上梓し、ベストセラーとなる。また、初出演・主演を務めた映画「トイレのピエタ」では毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し多彩な才能を発揮した。バンドとしては、秋に初となるヨーロッパツアー(パリ/ケルン/ベルリン/ロンドン)と二度目のアジアツアー(ソウル、台北)を敢行 (同時期にDr.山口智史が持病の悪化により活動を休止)。帰国後は敬愛するアーティスト(米津玄師/きのこ帝国/plenty/LOVE PSYCHEDELICO/ゲスの極み乙女。/ハナレグミ/クリープハイプ/Spitz/いきものがかり/ONE OK ROCK/Mr.Children)を迎えて、こちらも初となる対バンツアーを実施。年末には幕張メッセでワンマンライブを行い、3万人強のオーディエンスを熱狂させた。これらのツアーを追ったドキュメンタリー映画「RADWIMPSのHESONOO」を2週間限定劇場公開し話題となった。
2016年夏公開となった長編アニメーション映画「君の名は。」の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得る。同年11月には早くもニューアルバム「人間開花」をリリース、年末には「第67回 NHK紅白歌合戦」へ出演し、今年2月25日からはマリンメッセ福岡公演を皮切りに、5月9・10日の東京・日本武道館2daysまで12ヶ所21公演を行う全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」を敢行する。

RADWIMPS Official HP

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP