seijanokousin

CIVILIAN – 「生者ノ行進」レビュー

CIVILIAN、メジャー2ndシングルである。「生者ノ行進」なんてCIVILIANっぽいのだろう。そして、なんてコヤマヒデカズっぽいのだろう。そんな事をタイトルを見た時に思った。
僕の中のCIVILIANのイメージは、コヤマヒデカズが描く繊細な言葉の世界、そしてスリーピースとは思えないバンドのダイナミクス、静と動を自由に行き来する確立された演奏力、それに裏打ちされた楽曲のバラエティ。挙げればキリがない。CIVILIANというバンドが持つ魅力は本当に数えられないと思うのだ。それ程、彼らはバンドとしての未知数を持っている。
そんな彼らがメジャーに上がって放つ2ndシングルがリリースされる。これは、レビューを書かないわけにはいかない。

シングルタイトル曲「生者ノ行進」。こちらはアニメ「All Out!!」のオープニング曲としてすでに流れているので、聴いている人は沢山いると思う。しかし、アニメはアニメサイズでしか流れないので、是非手に取って、または配信で購入してフル尺で聴いて欲しい。この楽曲が持つ本当の魅力はフルで聴かないといけないと思う。
バンドのアレンジ一つとっても、細かいところまで計算されつくされて制作されている。
また、歌詞の世界はコヤマヒデカズ節でありながらも、アニメにも寄り添ったCIVILIANとしては新しい形の歌詞になっていると思う。スポーツとバンドをコヤマヒデカズの中でリンクさせ消化したからこそ書けたと思われる、その歌詞はとても純粋であり、ある意味ストレートでありながらも深いメッセージを発している。
先のインタビューでもコヤマは言っていたのだが、CIVILIANにとってメッセージ性というものは絶対に欠かせないものであり、それがこの楽曲にもよく表れていると思う。
楽曲として聴いていくと、とにかく最初から最後まで勢いがあるロックな仕上がりになっているのだが、タイトルの「生者ノ行進」に擬えたアレンジがところどころ現れるのもまた興味深い。
これから聴く。という方は、そんなところを意識しながらCIVILIANからのメッセージを受け取って貰いたいと思う。

続けて2曲目「君は君であることを」。こちらは、バンド結成当初からあった初期の楽曲との事。コヤマヒデカズも歌詞を変えようか悩んだ結果、制作した時にしか言えなかった気持ちを尊重し、敢えて歌詞は当時のままになっている。アルペジオがとても印象的で、個人的にはCIVILIAN改名前の楽曲である事を凄く感じた。しかし、彼らの凄いところは改名前の雰囲気は残しつつも、しっかりと今のCIVILIANの音に仕上げてくるところだと思う。
出だしのアルペジオで、「おっ」っと思わせておいて、楽曲が進むにつれ、しっかりとCIVILIAN節になるのだ。サビまで到達した時には改名前だの改名後だのどうでもよくなる。間違いなくこの楽曲はCIVILIANの楽曲であり、今鳴らされるべき音だ。
少し余談だが、彼らの楽器の音は本当に素晴らしい。音作りは楽曲制作に於いて非常に大切なものだが、彼らの楽曲はどの曲もとにかく楽器の音が良い。それは、彼らが好んで使っているAddicToneのギターやベースの影響もあるのかもしれないが、それだけでは説明出来ない手癖やプレイの正確さ、そういったものが全て凝縮されて成り立っている気がする。
この楽曲のメッセージは今回の3曲でも特に印象深いと思った。誰にでも当てはまる、誰でも一度は考えた事があるんじゃないか。そんな事がテーマになっており、当時のコヤマヒデカズの脳内を少し覗けるようなそんな気持ちになる。そして、そんなメッセージを受けて自分自身に重ねて、また色々と考えさせられる、非常に深い楽曲だと思う。

最後3曲目に入っているのは、前作に引き続き、コヤマヒデカズがナノウ名義で発表したボカロ曲のセルフカバーだ。今回は「サクラノ前夜」。まずは一聴。ヤバイ。とにかくかっこいい。他に感想がない。。レビューどうしよう。そんな事を思った。
ボカロ曲のカバーをバンドでやるのは個人的にハードルが高いと何故か感じているのだが、この楽曲を一聴した時に、全く違和感のようなものを感じなかった。ただただバンドの最高にかっこいい曲だ。そういった感想しか出て来なかった。しかし、聴いていけば聴いていく程、全2曲との違いを感じていく事になる。
まずは、歌詞の世界。全2曲と違い、この楽曲はコヤマヒデカズがあくまでボーカロイドをプロデュースする。という観点だから書けた歌詞だという事。とても小説的で物語的な内容になっている。そこから見えてくるのは、コヤマヒデカズのパーソナリティであり、彼が本来持っている言葉の世界が如何に深いか。という事だ。
楽曲の演奏に関しては、これでもかとCIVILIANの音になっている。相変わらずスリーピースとは信じがたい音の厚み、そしてアレンジ、決してストレートになり過ぎないロックバンドとしての深さを感じさせる。
元々のボーカロイド楽曲は、今でもニコニコ動画に公開されているので、そちらを聞き慣れた方々はきっと驚くのではないだろうか。この楽曲がコヤマヒデカズのエモーショナルなボーカルに変わった事で、とてつもない変化を魅せた事に。
僕は、どちらのバージョンも好きだ。ただ、CIVILIANとしての「サクラノ前夜」は他にはない魅力が沢山詰まっている。それは、コヤマヒデカズ・純市・有田清幸という3人だからこそ出せた音だと思っている。

3曲通して感じたのは、やはりCIVILIANというバンドが如何に強靭なロックバンドであるか。という事だ。そして、コヤマヒデカズの作る世界観が唯一無二なものであるという事だ。
彼の歌唱にかかれば、例え元がボーカロイドの楽曲だとしても、どうしようもなくCIVILIANの楽曲に変化する。それはバンドとしての強みでもあり、個性でもあり、彼らが彼らである事のアイデンティティに他ならない。

メジャーに上がったCIVILIANは、まだこれが2ndシングルの発売で、これからアルバムも控えているだろうし、2017年も始まったばかりなので、これからライブシーンにどんどん登場してゆくだろう。少しずつ、少しずつCIVILIANとしてのライブパフォーマンスも確立してゆき、どんどん大きなステージへ上り詰め、大勢の観客を興奮の坩堝に誘い込む彼らの姿が僕の目には浮かんでいる。

CIVILIAN、これからも絶対に目が離せないバンドだ。まずは、今作を聴いてもらい心臓を打ち抜かれたら、どんどん音源を遡って聴いてみて欲しいと思う。切に。
それ程、彼らは良いバンドだし、コヤマヒデカズの世界は僕らに深い世界を魅せてくれる。これだけは約束出来る。

本当に良いシングルだと思った。是非沢山の人に手に取ってもらいたい。

CIVILIAN 『生者ノ行進』(テレビアニメ「ALL OUT!!」オープニングテーマ)Short Ver.

CIVILIAN 『サクラノ前夜』Lyric Video



Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP