2017rad_main_small

RADWIMPS – 「サイハテアイニ/洗脳」レビュー

radwimps_170325

ファン待望のRADWIMPSの新譜「サイハテアイニ/洗脳」がリリースされたので、早速聴きました。
すでにファンはどっぷりと今回のRADWIMPSの世界にハマっているだろうけれど、Optimanotesでもレビューを書かせて頂く事にしました。
結論から言えば、凄くRADWIMPSなんだけど、その言葉だけではやっぱり足りない。凄い音楽だった。
野田洋次郎の天才っぷりは、もはや周知の事実だとは思うけど、そんな言葉じゃ足りない新曲達でした。

「君の名は」の劇伴と映画の稀に見る程の大ヒットと世界中での公開、「前前前世」の大ヒット、アルバム「人間開花」の大ヒット、紅白歌合戦への出演。
そして、現在全会場即SOLD OUTのHuman Bloom Tour 2017を終えたばかり。このSingleの発売日は、ツアー最終日、武道館公演の日にリリースされた。

余談だが、先日海外の友人が来日していて食事をした際に、映画「君の名は」の効果でRADWIMPSは自国でも大人気だと言っていた。もはや世界レベルにまで大きくなってきたRADWIMPSが送る新譜「サイハテアイニ/洗脳」。リリースの発表があった時から、これは期待せずにはいられなかった。
恐ろしいスピードで飛躍を遂げた2016年を過ごしてきて、一体次の一手がどんなものになるのか、気になって仕方なかった。もはや、国民的バンドの1つと言っても語弊がないバンドの新譜だ。

まずは1曲目、「サイハテアイニ」。きっと「前前前世」でRADWIMPSを知ったり好きになった人達は自然と受け入れられるし喜ぶ曲調なんじゃないかな。それで、昔からのファンはこれでもかっていうRAD節に安心しつつ、琴線に触れまくる楽曲じゃないかな。
一聴すると、とてもストレートなロックナンバー。でも、よく聴いていくと全っ然ストレートじゃない!イントロで左右に振られたギターのフレーズの妙。リズムの変わるBメロとハンドクラップ。1度目のサビが終わったら、待ってましたと動き回る武田のベースライン。ノイズギリギリで鳴らされる桑原のギターのオブリ。
そして、野田洋次郎の描く愛の歌。印象的な言葉が多すぎてピックアップするにも選べないのだが、歌詞が相変わらず良い。愛の歌と見せかけて、裏に様々な感情が見え隠れするような、そんな歌詞。
最後に歌われる「燃えているこの炎を 青色の僕らはさ 描いたんだ」なんて、この日本に今の現状に対するRADWIMPSからの応援のように聴こえる。
その上で歌われる、愛の大切さと、どれだけ時間があっても足りない。という想い。「足りないよ 足りないよ ダーリン愛を」。

嫌でも深読みさせられる歌詞に、実は細かい部分まで綿密に組まれた彼らならではのアレンジ、そしてそんな複雑さを感じさせないストレートな曲調。どこをどう聴いても僕の知っているRADWIMPSだ。でも、確実に前へ前へ進んでいるのが分かるような楽曲だと思う。

続けて2曲目「洗脳」。実はこっちの楽曲の方が分かりやすいのかもしれないな。なんて思った。ストレートなんて言葉とは程遠い、RADWIMPSにしか書けない曲だとは思う。でも、RADWIMPSがこういう事をしてくるバンドだという事を知っているからこそ、1曲目「サイハテアイニ」よりも少し安心感があったりする。
なんて書いてみたけど、まぁ「洗脳」凄まじい曲です。この現代のタブーギリギリを攻めてくる野田洋次郎の歌詞世界。もう感服するしかない。本当に凄い歌詞。初っ端から歌詞にぶっ飛ばされる。
「なぁ 俺が病気だって言える根拠なんかあんのかい 別にあんた喜ばすために産まれてきたんじゃない」
この一説だけで、この歌のタブー感が溢れ出してくる。さらに、
「『目を覚ましてよ』 何を言ってんの?」
という言葉で何というか心ではなく脳みそを抉られるような刺激を受けた。そして、楽曲後半語りのパートがあるのだが、そこの言葉が耳を奪う。なんて歌詞を書くんだろうか。僕は日常的に音楽を沢山聴くが、彼のような歌詞を書ける人を他に知らない。それ程野田洋次郎の言葉の感覚は鋭く尖っている。

楽曲に関しては、全体的にダークな雰囲気を纏っている。ピアノのコードから始まるのだが、その時点ですでに楽曲の雰囲気がこれでもかと溢れ出している。
重いドラムリズムとベースラインの上で、より自由にフリーキーなギターが入っている。左右でギターノイズが飛び回る。そして、サビで盛り上がりを見せるのだが、サビはサビでやはりフリージャズかのような演奏を聴かせる。

その後に、唐突に入ってくるThe Beatlesかと思わせる美しいコード進行とコーラスパート。一瞬耳を疑う。何故こんな展開が思いついたのか、本人に聞いてみたい。そして、このパートがこの楽曲の怖さを更に助長している。

その後、間を開けずに始まる上記した語りパート。ここの歌詞は是非、このCDを手に取って歌詞カードで確認してもらいたい。いや、歌詞カードがなくても耳をみんな奪われるに違いない。それ程印象的な歌詞。そして、シンプルな演奏。ドラムのシンプルなリズムとベース、右からギターノイズ、左からリズムを強調するギターのブラッシング。より言葉が表に出てくる。

間奏も上記したフリーキージャズのような展開。マイルス・デイビスが尖っていた時代の音楽をふと思い出す。凄まじい音楽の領域に足を踏み入れているな。という感覚。
そして、ラストサビの転調で、繰り返し出て来るサビの歌詞が更に印象的に響く。

「凄いな。」とぼそっとつぶやいて聴いていると、「えっ?」と耳を疑いたくなるタイミングで突如のカットアウトで曲が終わる。RADWIMPS、どこまで尖ってるんだ。これは芸術だ。いや、元々音楽は芸術の一つなのだけれど、いわゆるJ-POPとかJ-ROCKとか呼ばれているジャンルではない。これは芸術の域にきちんと達している音楽だ。あまり、ジャンルがどうこう言うのは好きではないんだけど、どんなジャンルにも当てはまらないRADWIMPSというグループが作った芸術作品以外の何物でもないな。と感じた。

いや、なんて聴き応えのある2曲なんだろうか。新曲凄すぎると思う。

さて、気を取り直して3曲目、アルバム「人間開花」に収録されていた「棒人間」の[Strings ver.]。
これがね、また素晴らしいんだ。曲はみんなアルバムで聴いていると思うんだけど、このStringsのスコア、最高。
全編通してピアノと歌をベースにStringsで飾られているのだけれど、きちんとリズムを出すところ、ロングトーンでコードを綺麗に鳴らすところ、ピチカートが印象的なパート、本当に良く書かれている。世に溢れている邦楽でも沢山Stringsは使われているが、その手の音楽はサビを盛り上げる為の小道具のようなStringsが多い。でも、この楽曲はちゃんとクラシックをしている。そんな印象。
[Strings ver.]に嘘偽りなし。という感じだ。なんだったら、歌メロをリードバイオリンが弾いたりしたら、本当にクラシックになるんじゃないかな。なんて考えた。「君の名」の劇伴をやった事でこういう事も出来るようになったのかな。なんて思った。
アルバムに入っている「棒人間」も勿論大好きなのだけれど、このバージョンは、もはや別曲のような良さがある。

是非、まだこのSingleを聴いてない方は、手に取って聴いてもらいたい。そして、[Strings ver.]とあるようにStringsのアレンジに注目をしてもらいたい。そんな事を考えた。

3曲。Singleだから当たり前なんだけれど、3曲しかなかったのか。と聴き終わった後に思ってしまう。
それ程、3曲全て毛色が違う凄まじく幅広い音楽性。この3曲だけで今のRADWIMPSを全て魅せてくれるような傑作だと思う。

Human Bloom Tour 2017を終え、この後彼らは海外ツアーへ旅立つ。きっと海外のライブでも凄まじい盛り上がりになるんだろうな。と思う。
一リスナーとして、「行け!行け!もっともっと先に進んでしまえ!」と思う。もはや、日本ではなく世界を代表するバンドに成長して欲しいと思う。間違いなく、今日本が世界に誇れる稀有なバンドだと思う。

さて、これからまた繰り返しこのSingleを聴こうと思う。いや、全く飽きがこない。「お見事。」の一言だと思う。


Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP