[Live Report] CIVILIAN – 2017年12月21日 CIVILIAN ONE MAN Tour Final!! 「Hello,civilians.~全国編~」

2017_12_2103381

2017年12月21日、今日は待ちに待ったCIVILIANのONE MAN Tour 「Hello,civilians.~全国編~」ファイナルだ。
アルバム「eve」のリリースから、一体ライブでアルバムの楽曲達がどんな風に演奏されるのか想像しながら、何度も何度もアルバムを聴いて待っていた。やっと、今日その演奏が観られる。そんな事を考えながら、ワクワクドキドキした気持ちで会場の恵比寿LIQUIDROOMへ向かった。
会場に到着し中に入るとすでに人、人、人。グッズ売り場も大盛況になっていた。
いつも思う事なのだが、これから好きなアーティストのライブを観る観客達はみんなキラキラとした高揚した良い顔をしている。その表情を見ていると、自然と僕の気持ちも落ち着かなくなり、高揚してくる。
ライブのフロアへ足早に向かうと、フロアはすでに満員だった。そして、すでに熱気を放っていた。ライブだ。この空気感こそライブの醍醐味だ。と思った。
19時の開演までに自分の身体の置き場を見つけ、ライブの開始をドキドキ待つ。

ついにライブの開演時間が訪れ、会場が暗転。観客が一気に湧く!僕のテンションも一気に上がる!
アルバム「eve」1曲目の「eve」の長尺アレンジバージョンが流れ、有田清幸・純市、そしてコヤマヒデカズがステージに登場。これだ、僕はこの3人がステージに現れるのをずっと待っていた!ついにライブが始まる。

コヤマヒデカズから「2017年12月21日のCIVILIANを始めます。」と一言あり、ライブのスタートはアルバム「eve」2曲目『一般生命論』から。ヤバい!いきなりテンション最大で来た!会場のボルテージも初っ端から最高潮に!観るたびにロックバンドとしてカッコ良く、大きくなるCIVILIANに痺れる!

コヤマヒデカズ_ソロ
純市_ソロ
有田清幸_ソロ

CIVILIANのバンドのパワーに圧倒されているうちに続けて『残り物の羊』アルバム通りの曲順で攻めてくる。イントロでコヤマヒデカズが観客を煽る姿がカッコ良かった。独特のコード感で鳴らされるCIVILIAN節のロックナンバーに脳天ぶん殴られたような気持ちになる。純市と有田清幸のリズム隊がとにかく強靭で素晴らしい。
さらに続けて『愛 / 憎』。この日のCIVILIANは凄い攻めの姿勢だ。今まで何度もライブを観てきたが、ここまで最初から攻めてくるCIVILIANは初めてかもしれない。
コヤマヒデカズの歌も調子が良さそうだ。相変わらずの素晴らしい歌声と表現力・説得力。
続けて、有田清幸のドラムからスタート。コヤマヒデカズから「適当なタイトルの歌ですが、僕らにとってはどうでもよくない事を歌っています。」とMCが入り『どうでもいい歌』。明るい曲調から、だんだんとCIVILIAN節になってゆく。Lyu:Lyuやナノウの雰囲気も感じられるような楽曲に乗せられる。個人的に今のCIVILIANを凄く表現出来ている楽曲だと改めて思った。過去や別名義も全て飲み込んでCIVILIANというバンドができあがっている事を意識させられる。
そんな事を考えていたら、Lyu:Lyu時代の『AM4:00のノック』。CIVILIANに改名しても、昔の楽曲を演奏してくれるのがとても嬉しい。涙腺もノックしてくる、CIVILIANの十八番ミドルテンポなロックナンバー。途中拍子が変わるところが好きです。

2017_12_2102026

会場に雨の音が鳴り響き『ハロ/ハワユ』。ナノウ名義の代表曲のセルフカバー。初めてCIVILIANでカバーする事が発表された日のライブが脳裏に蘇る。何度聴いても素晴らしい楽曲。ラストのコーラス部で自然とシンガロングと手拍子が起こる。鳥肌。
そして、『文学少年の憂鬱』。Lyu:Lyu時代のアルバムでカバーされている、ナノウ名義のボーカロイド曲のカバー。ナノウの代表曲を2曲連続で聴けて嬉しかった。
次は『自室内復讐論』。ライブでは定番の楽曲。コヤマヒデカズがアコギに持ち替え、より歌が前面に出ていて、歌詞が刺さってくる。
続いてアルバム「eve」から『あなたのこと』この楽曲も歌詞がとても突き刺さってくる楽曲。歌詞がとても詰まっているのに、全部の言葉が飛び込んできて、気付くと歌詞を噛み締めている自分がいる。

間髪入れずに『言わなきゃいけない事』。さすがにワンマンツアーファイナルだけあって、アルバム「eve」の楽曲達がしっかり完成されていると思った。もう完全にCIVILIANのものになっている。コヤマヒデカズが根底に持つ、「コミュニケーション」というものについて考えさせられる楽曲。
ここで、コヤマヒデカズがステージから去り有田清幸と純市のMCタイム。このMCタイムもライブでは定番になっていて、観客からは笑いが起こる楽しい時間。

2017_12_2102620

有田の観客煽りから、コヤマヒデカズが「僕らの一番新しい曲です。赫色 -akairo-、聴いて下さい。」と一言ありスタート。すでに公開されているMVの世界観をステージで再現!ステージ上に映像が投影され、その中で演奏する3人がカッコ良い。元々、異国情緒溢れる楽曲が映像も含め完成していた。世界観が素晴らしい!照明も勿論「赫色」!ヤバいカッコ良さ!
続いて、有田がMCで「これから攻めるパート」と言った通り『ぜんぶあんたのせい』。観客達もCIVILIANのテンションに付いていくかのように身体を動かす。コヤマヒデカズの「ぜんぶあんたのせい!」というシャウトがヤバいくらいカッコ良い!
「まだまだいくぜ!」とコヤマのシャウトから、『デッドマンズメランコリア』。ロカビリーのようなリズムで進んでいく楽曲。純市のベースが印象的だ。サビの盛り上がりが凄い。観客達もみんな手を上げて応える。

「俺たち3人にとって、とても大事な曲を聴いて下さい!生者ノ行進!」とコヤマヒデカズから一言入り、イントロからシンガロング!待ってました!これは上がる!観客達も待ってましたとばかりに、大声を張り上げる!サビの「さあ、腕を振って」という歌詞に合わせてみんな手を上げ腕を振る。綺麗な光景。
間奏前コヤマヒデカズのMC。「昔はこういう曲をやっているバンドが苦手で、そんなあのバンドも、あのバンドも、あのバンドも、みんな頑張っているんだという事に気付いて、自分達も書いてみたら、みんながそれに応えてくれて声を出してくれて手を上げてくれて、本当に作って良かったと思えた僕らにとって大事な曲です。」といった内容を話し、完全に涙腺崩壊。自然と涙が出てきた。そして、観客全員でコーラスのシンガロング。途中演奏を止め、コーラス部のみになったり、最後もコーラス部を伸ばしたりと、ステージと観客とのコミュニケーションが美しすぎた素晴らしい時間。本当に今のCIVILIANを象徴するような時間だった。

コヤマヒデカズ_ソロ (2)

コヤマヒデカズからさらに観客へ煽りが入り『3331』。とにかく攻める攻める。めちゃくちゃロックバンドだ!もう会場のボルテージはずっと最高潮のまま進んでいる。この時間が終わらないで欲しい。と感じた。三位一体。強靭なリズムに力強いボーカル、そして表現力。他に何が必要か。素晴らしい演奏が続く。

ここで少し間を空け『メシア』。歌い出しから涙が出てくる。この曲だけは、本当にいつ聴いても胸を締め付けられて、自然と涙が流れる。こんな凄い曲を書けるコヤマヒデカズという表現者に、ただただ感服し、そして救われている。
続いて『顔』。この流れで泣くなというのが無理な話だ。完全に涙腺が崩壊した。でも、何故だろうか、とても心地よい。これが、CIVILIANの魔法だと思う。決して前向きな歌ばかり投げてくれるわけではないのに、自然と共鳴して涙して、心を救われる。こんなバンドを僕はやはり他に知らない。

ここで、コヤマヒデカズのロングMC。今の彼らの気持ちが凝縮した言葉だったと思う。
そして、本編最後の曲『明日もし晴れたら』。アルバム「eve」でも本編最後を飾る感動的な楽曲。幻想的なコヤマヒデカズのギターから静かに始まり、2度目のサビから間奏にかけてエモーショナルになる。そして、また胸を鷲掴みにされる。曲最後のアルペジオの中、有田清幸・純市の順番に深々とお辞儀をしてステージを去る。そして、最後に演奏を終えたコヤマヒデカズが「ありがとうございました。」と一言告げステージを去った。

直後から始まる鳴り止まないアンコールの拍手。そして、しばらくして有田と純市がステージに再登場。有田から今ツアーのグッズが発表された。いつも、観客の笑いを誘う恒例の時間だ。そして、来たる5月に3公演「CIVILIAN presents INCIDENT619」を開催する事が発表された!豪華な対バン相手を考えているらしい。今から楽しみだ。
続けて、コヤマヒデカズから長いMCがあり、今やっとCIVILIANという血が循環をきちんとしていると感じている事、これからももっともっと良いライブが出来、良い曲が書けると信じている事が語られた。そして、今ツアーに参加してくれた全ての方へ感謝を述べたいと言い、心のこもった「ありがとう」という言葉が観客席に送られた。

2017_12_2100157

「もう少し歌わせてもらいます。」と、アンコールは『ディストーテッド・アガペー』から。こういう場面で、みんなが聴きたがっているであろう過去曲をさらっと演奏してくるのがニクい。コヤマヒデカズの歌唱が素晴らしすぎて引き込まれる。
そして、「俺たち3人が始まった時の曲をやります。」と『暁』。ライブの最後の曲として、定番化してきているが、いつ聴いてもカッコ良いし、この曲を聴かないとライブを観終われないような気持ちが、すでに生まれている。
この日の『暁』も素晴らしかった。声が少ししゃがれながらも、会場中に響くように、叫ぶように歌うコヤマヒデカズの姿に胸を打たれる。ライブは一期一会だと感じさせる瞬間だった。

2017_12_2100372

アンコールも終わり、ステージから3人が去ったが、アンコールが鳴り止まないので、再度ステージには3人が登場!
コヤマヒデカズが「もう沢山歌ったし話す事も話したよ。」と言いながらも、アンコールが止まらなかった事を喜んでいた。そして、「CIVILIANの3人が最初に何も分からずに3人でジャムりながら作り上げた曲をバーンとやって終わりでいいですか!?」と告げ、『空 -カラ-』を演奏。この日最後の曲という事やダブルアンコールという事もあったかもしれない。今日の演奏の中で一番全員全力のように見えた。本当に全てを出し尽くすような、そんな最高の演奏だったし、観客もそれに全力で応えていて、美しい光景だった。
演奏が終わり、最後に再度「ありがとう。」という言葉を残し3人はステージを去った。

ライブが終わり、僕はしばらくの間放心状態だった。CIVILIANのライブを観た日は必ずこうなる。ライブというアーティストと観客とのコミュニケーションを通して、そしてCIVILIANの楽曲や3人の姿や立ち居振る舞い、言葉を通して、興奮し涙し、感情を大きく揺さぶられて、最後には救われるのだ。
ステージ上でコヤマヒデカズはしきりに「ありがとう。」と言った。でも、僕はむしろこちらが「ありがとう。」と言いたいと思う。
これからも、今日のような素晴らしい最高の音楽を鳴らし続けて欲しいと心から願う。そして、もっともっと沢山の人を楽しませ、感動させ、そして救って欲しいと思う。

ワンマンツアーファイナルは、ファイナルという名に相応しいライブだった。本当に最高の時間をありがとうとCIVILIANに言いたい。
これから、またしばらくCIVILIANばかり聴く日々が来るだろうな。と考えながら僕は帰路に付いた。

————————————
2017年12月21日 恵比寿LIQUIDROOM
CIVILIAN ONE MAN Tour Final 「Hello,civilians.~全国編~」

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP