ヒトリエ UNISON SQUARE GARDENを迎え開催した自身主催のツーマンイベント『nexUs vol.4』大盛況のうちに終了!

2018_01_17_05502

ヒトリエのメンバー4人がそれぞれキュレイターとなって、イベントの発案・企画を行なう主催イベント“ヒトリエ主催ツーマン公演「nexUs」”。
その第4回目がマイナビBLITZ赤坂で開催された。過去3回のイベントでは、シノダ(G・Cho)がベッドイン、イガラシ(B)がぼくのりりっくのぼうよみ、
ゆーまお(Dr)がパスピエなど、それぞれ縁のあるアーティストを迎えて成功を収めてきたこの企画。
vol.4ではwowaka(Vo)がキュレイターを務め、UNISON SQUARE GARDENとの熱いツーマンライブを繰り広げた。

20180117_VK_USG_0006
最初に登場したUNISON SQUARE GARDENは、斎藤宏介(Vo/Gt)が「MCなし!」と言い放つと、1曲目の「天国と地獄」を皮切りに、その宣言どおり一切言葉を挟むことなく、激しく共鳴し合うスリーピースの爆音を畳みかけていった。長身の鈴木貴雄(Dr)が繰り出すパワフルかつキレのあるドラムから突入した「サイレンインザスパイ」から、間髪入れずに雪崩れ込んだニューアンセム「10% roll, 10% romance」へ。最後の一音が終わる瞬間まで一瞬の油断も見せない緊張感のあるロックサウンドにのせて、斎藤のクリアなボーカルが一貫してキャッチーなメロディを歌い上げていく。
アダルトな色気が漂う「CAPACITY超える」ではイントロだけで大歓声が湧きあがると、田淵智也(B)のヘヴィなベースラインが印象的な「等身大の地球」、真っ赤な照明が楽曲の激情を煽った「マスターボリューム」、さらにセンチメンタルなメロディが柔らかく降り注いだミドルテンポ「8月、昼中の流れ星と飛行機雲」など、
久々に披露される楽曲も交えながら、ライブはノンストップで進んでいった。すでにこれ以上ないほどの興奮に包まれたフロアだったが、「シュガーステップとビターステップ」と「オリオンをなぞる」が披露されると、会場のボルテージはさらにマックスに。性急なビートが炸裂したラストナンバー「Cheep Cheep Endroll」では、冒頭から所狭しと暴れ回っていた田淵がステージの端から端まで全力ダッシュを見せて、ストイックに駆け抜けた50分のライブは幕を閉じた。
去り際に、斎藤が「次はヒトリエです」とだけ、ひとこと。何も語らないことで、UNISON SQUARE GARDENというロックバンドの何たるかを雄弁に語る、圧巻のステージだった。
20180117_VK_USG_0007
20180117_VK_USG_0003

Beckの「Square One」をSEと共にステージに現れたヒトリエの4人をフロアのお客さんは温かい手拍子で出迎えた。ライブの口火を切ったのは、wowaka初期のボカロ曲をヒトリエ・バージョンでカバーした「アンハッピーリフレイン」。衝撃の幕開けによって開始直後から最高潮へと達したフロアの熱狂にさらに拍車をかけるように、「お客さんのなかで踊り足りない方はいらっしゃいませんか?」(シノダ)と問いかけて、「踊るマネキン、唄う阿呆」へと突入。少しでもタイミングがズレたら全て瓦解するような緻密なバンドサウンドにのせて、wowaka節としか形容できない独特のメロディがフロアを一斉に踊らせていった。「今日は俺の日だ!最高の日にして帰りましょう!」と、どこか誇らしげにフロアへと語りかけたwowaka。そのパフォーマンスには、事前に発表したコメントで“いま日本で一番僕自身が見たいツーマン”と綴った一世一代のステージに臨む気合いが漲っていた。
2018_01_17_00826

wowakaがハンドマイクで歌った「イヴステッパー」から、サビ前で演奏を止めてスリリングな展開を見せた「るらるら」。怒涛の勢いで駆け抜けた前半戦を終えたところで、wowakaが「俺はUNISON SQUARE GARDENが日本でいちばんかっこいいバンドだと思ってる!」と力強く言い切ると、長いことフロアからの喝采が鳴りやまなかった。
そして、久しぶりに披露された美しくもエモーショナルなミディアムテンポ「(W)HERE」から、ピアノのイントロがその静寂を打ち破ったのは再びのボカロ曲「ローリンガール」へ。
通常のワンマンライブではあり得ない、wowakaによるキュレイター企画だからこそのスペシャルなセットリストに、イントロが鳴るたび会場からどよめきと歓声が湧き上がった。
ゆーまおが叩き出すタイトなドラムに導かれた「絶対的」からフロアの狂騒はクライマックスに向けて、さらに加速していった。イガラシとシノダのツートップが競うようにステージ際まで歩み出た「センスレス・ワンダー」のあと、最後に「いまの僕らにとってとても大事な曲で、これからも歌っていきたいと思ってる曲を」と紹介したラストナンバーは、最新ミニアルバム『ai/SOlate』の先行配信曲でもある「アンノウン・マザーグース」。多幸感溢れるサウンドにのせて、wowakaがマイクスタンドをフロアに向けると、ウォーウォーという力強いシンガロングがフロアから湧き上がる。
ヒトリエの楽曲で大合唱が起こる光景を目にしたのは初めてだ。それはヒトリエがバンドとして新たなフェーズへと足を踏み入れた証の曲でもあった。

2018_01_17_06105
2018_01_17_06194
2018_01_17_02128

アンコールでは、ユニゾンを迎えたこの日のツーマンについて、「音楽をやってて、バンドをやってて、夢のひとつが今日叶いました」と感謝を伝えたwowaka。
「あの(ユニゾンの)かっこよさを信じて、音楽をやってきました。俺らも近づけてるかな?どうかな?」と問いかけると、イエスの意志を示す、とても大きな歓声が会場を埋め尽くした。
そして、「またいつか胸を張ってツーマンをできるように自分の道を歩んでいきたい」と告げて、「SisterJudy」と「トーキーダンス」の2曲で、熱い想いが溢れた夢のツーマンは幕を閉じた。

なお、ヒトリエは1月28日から最新ミニアルバム『ai/SOlate』を携えた全国ツアー「ヒトリエ UNKNOWN-TOUR 2018 “Loveless”」を京都からスタートし、先日発表された台北・上海での追加公演も含めて全12公演を開催する。幸先の良い初ライブで2018年をスタートさせたヒトリエは、今年もさらなるバンドの進化を見せてくれるはずだ。

ライター:秦理絵

<ヒトリエ情報>
【リリース】
ヒトリエ
NEW MINI ALBUM
「ai/SOlate」
2017.12.6 Release
初回盤[CD+LIVE CD] AICL-3451~2 \2,800(税別)
通常盤[CD] AICL-3453 \1,800(税別)

[CD]
1.絶対的 2.アンノウン・マザーグース 3.Namid[A]me 4.Loveless 5.ソシアルクロック 6.NAI.

[LIVE CD]
ヒトリエ 全国ワンマンツアー2017 “IKI”ファイナル 2017.5.7 at STUDIO COAST
1.心呼吸 2.ワンミーツハー 3.インパーフェクション 4.Daydreamer(s) 5.イヴステッパー 6.るらるら
7.doppel 8.極夜灯 9.さいはて 10.KOTONOHA 11.ハグレノカラー 12.5カウントハロー
13.踊るマネキン、唄う阿呆 14.シャッタードール 15.リトルクライベイビー 16.目眩

■配信
「ai/SOlate (Special Edition)」

【「ai/SOlate」特設サイト】

【YouTube】
ヒトリエ 『ai/SOlate』トレーラー

ヒトリエ 『絶対的』

【ライブ】
■ツアー情報
ヒトリエ UNKNOWN-TOUR 2018 “Loveless”
1月28日(日) 京都 磔磔 OPEN 16:30 / START 17:00
2月03日(土) 福岡 DRUM Be-1 OPEN 16:30 / START 17:00
2月04日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO OPEN 16:00 / START 17:00
2月18日(日) 広島 セカンド・クラッチ OPEN 16:30 / START 17:00
2月24日(土) 北海道 札幌 DUCE OPEN 17:30 / START 18:00
3月03日(土) 宮城 仙台 HOOK OPEN 17:30 / START 18:00
3月10日(土) 兵庫 神戸 VARIT. OPEN 17:30 / START 18:00
3月11日(日) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO OPEN 16:00 / START 17:00
3月18日(日) 新潟 新潟 CLUB RIVERST OPEN 16:30 / START 17:00
3月25日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI OPEN 16:00 / START 17:00
チケット発売中

<追加公演>※チケット詳細は後日発表
4月14日(土) 台湾 台北 The Wall OPEN : 17:00 / START : 18:00
4月21日(土) 中国 上海 万代南夢宮上海文化中心/未来剧场 OPEN : 17:00 / START : 18:00

【ヒトリエオフィシャルサイト】
WEB
Twitter
Facebook
LINE ID:@hitorie
URL:https://line.me/R/ti/p/%40hitorie
モバイルサイト「HITORI-ATELIER」 http://hitorie.com

<UNISON SQUARE GARDEN情報>
【リリース】
UNISON SQUARE GARDEN
7th アルバム
『MODE MOOD MODE』
2018年1月24日(水)リリース
【初回限定盤A】(CD+Blu-ray)
TFCC-86635/¥5,500+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
TFCC-86636/¥4,800+税
【通常盤】(CD)
TFCC-86637/¥2,800+税
ダウンロード販売:2018年1月31日(水)
 
[CD]
「Silent Libre Mirage」、「10% roll」、「10% romance」、「Invisible Sensation」、「fake town baby」、「君の瞳に恋してない」を含む全12曲収録予定

[Blu-ray/DVD]
USNION SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」at Zepp Tokyo 2017.11.16

<初回限定盤&通常盤初回プレス分封入特典>
UNISON SQAURE GARDEN 2018「MODE MOOD MODE」先行予約シリアル・ナンバー封入

【「MODE MOOD MODE」スペシャルサイト】

【UNISON SQUARE GARDENオフィシャルサイト】

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP