「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.16 – sweet vibes

春の気配を僅かにうっすらほんのり
…いや幻なのかな?
という程度に感じ始める2月頭。

凄く寒いですね。
明らかに冬真っ只中ですね。
風邪ばかりひいてます。

皆様もお気をつけて…

JUDY AND MARY「DAY DREAM 」

YUKIちゃんの可愛いさよ。
初期はロリータパンクって言われてましたね。

今回のテーマ曲はこの曲ではなく
JUDY AND MARYでもなくソロ名義の
「ファンキーフルーツ」

Image-3

‘誇りを持った びしょぬれのハート レイニーブルー ‘
という事でブルーのキモノをチョイス

Image-4

‘あたしのU・F・Oで 2人抱きあって ゴウゴウ
火星の裏まで 暴走中毒ドライブ’

U・F・O 柄あったーーっ と嬉々としてこちらの半幅オビを。

帯揚げの代わりにニットベルト。
帯結びを支える紐をしてから、ベルトを巻いています。

お洋服用のベルトです。
キモノにも使いたくなるのです。

Image-6

オビは二本合わせて巻いています。
内側に使ったオビはハート柄。

2月 バレンタイン →ハート

去年の2月もハート推しでしたね。

http://optimanotes.com/archives/5455
(2017.2 リンク)

Image-7

今回、ピンクのブラウスは必須でした。
一枚だけあるわっピンクのブラウス!

Image-11

‘ピンクのブラウスには スウィートバイヴスと ファンキーフルーツ
あいつのためなら がんばっちゃう LOVE’

がんばっちゃう!

一番大きい面積を占めるキモノに落ち着いたカラーを配して、小物は甘めでビタースイートチョコ といった感じ。

今回肩がいかっているのはこのブラウスのアームデザインのせい。
ファスナーで取り外しができる仕組みです、モリッフワッとしているんです。

Image-12

スタッズ付きのブーツは持ってないので、スタッズ付きのヒールローファー。

リップ柄の靴下で’KISS ME BABY’

●今回のアイテム価格
キモノは7万円台
これは、C.H.O.K.O×aguri 以前に限定販売したもの。
オビ 水色→2万円台
豆千代モダン×Q-TAの限定販売アイテム。
ハート→3万円台
モダンアンテナの西陣織半幅。

●キモノを楽しむ

Image-13

完全に同じ比率ではない為、ちょっとわかりにくいかもしれませんが
オビ位置、オビ幅を変えてみました。

オビを締める位置で印象が随分かわるんです。
洋服でいうと、ハイウエストかローウエストかということ。
わかりやすいでしょ。

衿合わせは変えていないので、衿からの距離を見てください。

左側
オビ二本を上方向にずらして巻いて、幅を太く。
更に帯揚げをたっぷり見せて高い位置にポイントを作っています。
幼く可愛く見せたいコーディネートなら高めにするといいです。

真ん中
いつもの私の好きな位置がコレです。
基本ハイウエストより。
足長効果!←重要。

右側
胸の下に帯揚げが来る位の位置。
教室等で教わるとこの辺りになるでしょうか。
落ち着いた雰囲気が好きな方はこの辺りがしっくりきます。

粋な雰囲気に仕上げたいなら少し下に。

Image-14

体型により収まりが良い場所があるので、決まった位置にしかならない!という方もいらっしゃるのですが
その場合は補正で収まりやすい位置を作り変える という事に。

寸胴を作れたら、割と自由に決まるんです。
でも補正ってより少ない方が楽ですよね…

寸胴完璧シワ一つなし補正でピシッと が気持ちいい人。
体の曲線をそのままに自然に着る のが気持ちいい人。

それぞれなので、好きな形を作れば良いと思います。
私は、ほどほどに曲線を残すのが今の好みです。

フォーマルな場で着る場合は普段着よりも少し強めに武装します。

着慣れてきたら、オビ位置で印象を変えられる というのを試してみてください。

で、出来たらそれを撮って客観的に見てください。

新しい発見があるかも。

いつもより背筋がシャンと伸びる
心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

CHOKO

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP