KingGnu_15

[Live Report] King Gnu – 2018年3月23日 King Gnu ONE-MAN LIVE 追加公演「Tokyo Rendez-Vous X」

2018年3月23日、ワンマンライブが即完売したのを受け、急遽追加された公演の日、当然とでも言わんばかりにこの日のチケットも秒速でSold Outとなった。

僕はやっと、本当にやっと初めて観る事が出来るKing Gnuのライブとあって、会場に入ってからなぜか妙な緊張感で汗をかいていた。
散々聴いてディスクレビューを書いたKing Gnuのアルバム「Tokyo Rendez-Vous」。あのアルバムの楽曲を生で観て聴く事が出来るという高揚感に当てられていたのだと思う。

グッズ売り場では、すでに完売しているグッズもあったが、長い行列が出来ており、ライブ会場のフロアへ入ると、本当にパンパンという言葉がぴったりくる程の人で溢れていた。凄い人気だな。
ステージ真ん中には光るKing Gnuのロゴがあり、その横でermhoi(エルムホイ)によるオープニングサウンドインスタレーションが行われ、通常のLIVEとは違った特別演出で開場中も観客の注目をステージに集めていた。
そして、最後にermhoiがトラックに合わせ歌い、ステージを去る。ここでも、大歓声。

KingGnu_16

そして、いよいよKing Gnuの登場だ。
SEが止まり、明るく照らされたステージにメンバーが次々と現れ、会場が拍手と歓声で包まれる。
そして、静かになったところへ「Lady’s and Gentleman」という音声が流れ、1曲目「FLASH!!!」から。Vo&Gt常田の拡声器でエフェクトのかかったボーカルが印象的だ。サビでVo&Key井口のボーカルが入ってくると、一気にKing Gnuのサウンドになった!
想像を遥かに超えるタイトで迫力ある演奏。これはヤバイ。

KingGnu_03
KingGnu_11

続けざまに2曲目「Tokyo Rendez-Vous」。
新井のベースが唸る唸る。勢喜のドラムが重い。こういうのを強靭なリズムって言うんだな。という感じ。
途中ドラムの勢喜が前に出てきて観客を煽り、シンガロング!まだ2曲目でこのテンション!凄い!

「東京調子どう?今日は楽しんでいってください」と常田から一言。

KingGnu_02

3曲目「McDonald Romance」。
アルバムでも凄い好きな曲。ジャジーなコード感のピアノのミドルテンポバラードなんだけど、アルバムとは別物。気持ち良いリズムに乗っていると、演奏はところどころ「アドリブか!?」という感じのフリージャズのようになっている。カッコ良い!

井口からMCがあり、「追加公演だから、もう本当は観客席にいたいのよ。」と笑いを誘った。

KingGnu_10

4曲目「Catch!!!」。
この人達は、本当に気持ち良い楽曲を作る。そして、どの曲も常田のボーカルは中毒性があり、サビの井口のパートが印象的なメロディで、バランスが完璧。

KingGnu_08

5曲目「あなたは蜃気楼」。
アルバム「Tokyo Rendez-Vous」の中でもキャッチーな楽曲。途中演奏が止まりドラム勢喜から大声で「ありがとう!」と叫ぶと、井口から「ありがとうはまだ早い!」と突っ込みが入って面白かった。

ここでMC。
会場が満員な事を井口が気にかけて、みんなもうちょっと詰めよう。と提案があったり、後ろの方のオーディエンスの声をちゃんと聞こうと、「みんな静かにね」と言ったり、とても暖かい雰囲気だった。

KingGnu_09

常田がギターからキーボードに変わり6曲目「PPL」。
ミドルテンポの楽曲で、途中のドラムソロがめちゃくちゃカッコ良かった!しかし、どの楽曲も本当にリズムが気持ち良い。

7曲目、常田のキーボードソロから「Vivid Red」。
常田と井口のボーカルが楽曲を引っ張る。途中ベースソロが入り、キーボードとドラムが戻ってくると、とてつもなく気持ち良い。インストバンドとしても本当に優秀で、いつまででも演奏を聴いていたくなる。
本当に幅広い音楽性と確かな演奏力、そして圧倒的な個性。他に何がいる?

KingGnu_04

8曲目「Hitman」。
白く照らされたステージで展開されるバラード。井口のボーカルが素晴らしい。とてもソウルフルで、胸に飛び込んでくる。
ここまでで、一番井口の歌唱が輝く楽曲だと思った。ステージに見惚れてしまった。

ここで、今日のスペシャル。
井口から「ベースがウッドベースに変わり、常田がアコースティックギターに変わり、ここからアコースティックコーナーです。」とアナウンス。

MCで、物販の新しい靴下が在庫15個しかなかった事などが明らかになり、オーディエンスからは「えーーー!」と大きなレスポンスがありつつも、笑いが絶えない良いMCだった。

KingGnu_18

そして、アコースティック最初、9曲目「It’s a small world」。
ステージの照明もアコースティックに合わせ暖色の照明に変わり、とても雰囲気が出ていた。アコースティックになる事で、原曲よりも歌が表に綺麗に出て、実はどの楽曲もメロディが秀逸な事を実感する。

10曲目「破裂」。
これは、元からバラードなので、アコースティックアレンジが凄く合っていて、井口のボーカルが最高だった。コードとメロディを同時に鳴らす常田のアコースティックギターも最高!
楽曲の持つ深さが増した感じがした。

アコースティックコーナーが終わり、常田の幻想的なギターで会場が埋まる。そこから、11曲目「Diving to you」。
複雑なパートを弾きながら歌う常田に感心していると、横から井口の綺麗なボーカルが入ってきて、サビで一気にはじける。やっぱりリズム隊の強靭さがどの曲でも凄いフックになっている。新井と勢喜のコンビの完璧さよ。
言葉はない、文句なしにカッコ良いサビ!後半ファンクなリズムになるところを含め、本当に自由だと感じた。

KingGnu_01

井口がメロディを歌い、観客とコールアンドレスポンス。がなり声をや小さい声、口笛を交えて、観客とのコミュニケーションを楽しみ、12曲目「ロウラブ」。
イントロからカッコ良い!!King Gnuの演奏、本当に大好きだ!
サビのコーラスをオーディエンスへ委ね、会場のボルテージは最高潮に!

MCで、井口が「普段の対バンだと、他のバンドのお客さんとかいるから出来ないんだけど、ワンマンだと歌ってくれて嬉しかった」と話し、更に新井からサプライズ発表!7月13日にEbisu LIQUIDROOMでワンマンが決まった事が発表された!その後7月16日には大阪で初ワンマンとの事!嬉しい発表!

13曲目「Teenager forever」。
井口の素晴らしい歌い出しに合わせ、 常田と新井が同時に入ってくると、ゾクっとする程素晴らしい。
ドラムインと同時に乗りが一気に変わり、ロカビリーのようなリズムから常田ボーカルパートのエイトビート、井口ボーカルのサビと、1曲の中でリズムが何度も変わってゆく。でも、不思議と違和感は全くなく、流れるように曲は進んでいく。秀逸な展開!めっちゃくちゃカッコ良い!

KingGnu_12
KingGnu_07

14曲目「Vinyl」。
もはやKing Gnuの代表曲の1曲と言っていいと思う。ドラムがリズムを叩き出した瞬間に大歓声!
イントロからもうぶっ飛ぶ!なんてカッコ良い曲!オーディエンスも今日一番盛り上がっていた。そして、常田のギターソロも最高、その後演奏が止まってからの井口のボーカルとキーボードの静かな展開も素晴らしい。
兎に角文句の付けようがどこにもない程の1曲!

ここで本編終了。
メンバーがステージを去ると同時に大きな拍手で会場が埋まる。

KingGnu_17

そして、アンコールに応えてメンバーが再登場。
アンコールは、King Gnuのお馴染みのラストナンバー「サマーレイン・ダイバー」。
会場が一体となり、手を振りながらシンガロングする。そして、カオスなノイズと共にコーラス部に戻りシンガロング。気持ち良い。最高に盛り上がる。後半にかけ、常田のギターノイズが激しくなり、そのまま全員の演奏で曲が終わる。本当に最高のパフォーマンスだった!

KingGnu_05
KingGnu_14

もうね、本当に語彙力。。カッコ良いしか書いてない気がする。でも、本当にこんなカッコ良いライブ観たの久しぶりなんだもん。と言いたくなる。
一言「なんだ、ただの天才4人の集まりか。」っていう感じのステージだった。

今日の会場はキャパ550人程。小さい。今のKing Gnuにはあまりに小さい箱だと思った。
もっと、何千・何万のキャパでライブをしてもらいたい。そして、きっと近い将来そうなるはずだ。そんな事を思わされた。

4人の個性も際立っているし、演奏は素晴らしいし、楽曲は文句の付けようがない。
こんなバンドは他になかなかいないと思う。これからの彼らの快進撃をずっと見ていたい。

そんな事を考えながら、雨の中アルバム「Tokyo Rendez-Vous」を聴きながら帰路に着いた。

————————————
2018年3月23日 Shibuya WWWX
King Gnu ONE-MAN LIVE 追加公演「Tokyo Rendez-Vous X」

text by KOHEI MURATA

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP