Kihiro2

「TRAPPED IN THE DUTY」Vol.02

OPTIMANOTESご購読の皆さん、こんにちわ!
毎月PS4ゲーム、CALL OF DUTY(COD)と世界的にも流行しているTRAP MUSICをここで紹介しているKIHIROです!

前回からかなり頑張ってCOD練習してるんだけど、

IMG_0756
IMG_0757

出ました!比率1.25%超えで1位!嬉しい!
んが、よく見ると。。。一緒に戦場に行ったパートナーがすげー数字叩きだしてます。。。
倒した数もだけど、デス数が6って。。。
僕は割と接近して行く突っ込み型なので、まぁ良くやられますw
反面パートナーはスナイパーな上に、爆弾も設置型、スペシャリストもH.I.V.E.で打ってる場所の近くに仕掛けるタイプなので、正反対な性格が数字にこうまで表れるのかと思うと面白いw

でも、対戦するとどっこいどっこい。
まぁ比率は圧倒的に向こうの方がいいけど。。。悔

BO3はやはりWW2に比べるとスピード感がとにかく早いんだけど、戦い方に独創性も必要とするね。
スペシャリストのウェポン次第で動きは相当変わるし、相手がどのスペシャリストかっていうのも理解した上で動く必要性が大事。
以前はテンペストがかなり苦手だったんだけど、最近はそうでもなくなった。
電撃を打たれるまでのわずか数秒にしっかり打ち倒せば勝てるし、自分の動きを止めないこと!

そう!で新たに苦手になったのがRUINのOVERDRIVEバージョン!動きが1.3倍速くなるから補足できない上、裏をめっちゃ取られる。。。
あと、FIREBREAKERのHEATWAVE。。。これマジ嫌い。。。しかも大体使ってる人は照準が上手な人ばかり。。。
ってかね、スタン状態にされて動けない状態で殺られるっていうこの二段階が特に腹たつw 他のスペシャリスト見たく1発でやられるのと
ナーーーーンか気分的にイラっとするよねw

IMG_0924
IMG_0927

お次はWW2

BO3やった後だと照準はだいぶ良くなった!ので、上位はキープ。
武器は
SMGのGEASE GUN-ロージーⅡ をメインウェポン
サブにLMGの悪の化身
粘着爆弾にコンカッション

SMGのGREASE GUNはもう手放せない。ほとんどこれしか使わないw
変わらず突っ込み型なのでw 
だからサブにはLMGで長距離キルをカバー。

WW2では独創性より、忍耐力、予測力など基本的な戦術が求められる気がする。。。

でも自分でわかってるのは、本当MAP次第でかなり戦力に差があるなと。。。
BO3でもWW2でも、マジ苦手なのが広い場所。。。突っ込みなだけに走る距離が長いと即座にスナイパーキルされる。。。
殺られてもね、しっかり毎回遠回りして、近づいていけば良いものを、ヤッッ〜〜〜〜パリ、キル数稼ぐ気持ちが焦って荒野を走ってしまうよね。。。で、バーーンw
中規模で建物があるタイプが一番やりやすいわ〜
BO3なら、STRONGHOLD, FRNGE
WW2なら、Gibraltar, Saint due mont
と、走る荒野もあり建物もある。
建物が多すぎると隠れるのが苦手だから影からバキューン、小規模マップだと走ってる間に蜂の巣、大規模マップだと遠目からスパーーン。。。
まだまだ、修行が足りんですな!!

さて、今回紹介するTRAP MUSICは〜〜〜〜〜

RL Grime!!! 知らない方々、彼はKING OF TRAPと言われてる人です。
これを聞く前に! まずこっち

SKRILLEX & DIPLO with Justin Bieber
イケメン代表、ジャスティンくんも出てるこの作品、どこかで聞いた事あるのでは???
みんな、これを日本ではおそらく EDMと判断してるんだよね、だからTRAPっていうのが一般的に気づかれない。

俺も持っているけど、3年前にJACK UってアルバムがSKRILLEX と DIPLOによって発売されてそこからEDMシーンのアーティストが
TRAPミュージックへとだいぶ流れていった。
TRAPにおいて最も特徴的だと俺が思うのは、やっぱ4分、8分、16分、32分から盛り上がっているビートの後に4つ打ちにならないところ。
TRAPでは、その後基本タテノリになるところが特徴。EDM見たく4つ打ちになると、確かに盛り上がるのは上がるんだけどな〜〜〜んか飽きるよね。
正直なところ、作る側の意見だと4つ打ちにしてしまえば「誰でも乗れる」って思ってしまうところがあるから、クリエイティブに感じれないってジレンマ。
もっと言うとEDMにはBPMの制限も入ってくる。どうしても、130-140かそこらのテンポの曲しかない (自分のバンドLOKAの代表的な曲EDENのBPMは138)。
皆んながクラブとかで良く聞いてるのがこのテンポ。
そしてBPM130-140って人間の心臓で言うと、要は走っている時の心臓の拍数くらい。イコール、ずっ〜〜〜〜とこういうの流れている場所にいると単純に疲れちゃう。
座っていようが音楽聞いて疲れるのは、テンポっていう魔法が皆んな知らぬ間にかけられてるからなんだよね〜。
だから上手なDJさんはこのテンポ感の空気を繊細に読めるんだね。普段から気配りが苦手な人は上手なDJに相談しよう!笑

で!TRAPは逆にもっとBPMが幅広い!60〜140まで、多種多様に使いこなせる!
BPMの使いどこが幅広いからHIP HOP, REGGA, R&B, ROCKってジャンルが組み合わせられる!
EDMのように盛り上がる場所であえて4つ打ちではなく、半分のビートでタテノリにする
このオシャレ感!!!
クールに生きてる奴って良い「落ち着き」感があるよね〜ってフレーズが合うw

それを踏まえて、最初に紹介したRL Grimeをお聞きください。
彼は、4年前にすでにそこに気付きTRAPミュージックを先駆けてます。
「盛り上がるにしても、もっとクールにリラックスしてキメようぜ」そんな言葉が似合うサウンドに聞こえないかな?

現在LOKAでは、このTRAP要素とHEAVY ROCKを混ぜると言う未だかつてないジャンルへの挑戦をしています。
そして、着々と仕上がってますぜ。。。ふふふ。リリースはまだ先ですが、めっちゃ格好良いので乞うご期待!
それまで少しずつ、TRAP MUSICにどんどん触れて行ってね!

KIHIRO

kihiro

kihiroVocalist, Lyricist, Actor

投稿者の過去記事

ex.Supe, UNDIVIDEのボーカルでもあり、アメリカナイズされた独特な声とパフォーマンスが特徴。
2006年アメリカ、カリフォルニア州よりデビュー後、SXSW Fes ’07, WARPED TOUR ’08, SUMMER SONIC ’10 Mountain ステージ等に出演し2010年までの間で約500本のツアーを実施。
2012年にKEN’ICHIと共にLOKA始動。これまでに、台湾、インドネシアのフェスや、JAPAN EXPOを含むヨーロッパ10カ国単独ツアーを行い、2016/6/09にはTSUTAYA O-WESTにてワンマン公演を敢行。また、2017年には既に撮影を終えているアメリカのプロダクションが制作した映画 “She’s just a Shadow”にて初の主演俳優として公開予定。サッカーをこよなく愛し、ゲームCall of Dutyが大好き。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP