[Live Report] CIVILIAN – 2018年7月18日 CIVILIAN 2nd Anniversary Live “TWO”@SHIBUYA WWW

civilian live_1

今日はLyu:LyuからCIVILIANに改名してから2周年記念のライブだ。もう改名してから2年なのかと驚いた。ここまでの彼らの快進撃は眼を見張るものがあった。矢継ぎ早に放たれる殺傷能力の高いシングル群、数え切れない程のライブ、対バンでの様々なアーティストとの共演。そして、アルバムのリリース。ワンマンツアー。
凄いペースで活動をしながら、彼らは常に進化をしてきた。ライブはそれをダイレクトに感じられる場として、僕は何度も何度も足を運び衝撃と救済を彼らからもらってきた。

ライブ開始までの時間そんな事が沢山頭の中を駆け巡っていた。会場はすでにパンパンの観客。アブストラクトで美しいSEが流れる中、会場内はとても静かで、これから始まるであろうロックな夜を想像出来ない静けさだった。その空気感がまたCIVILIANらしくもあり、どこか物憂げな気持ちになっていた。

ステージには大きくCIVILIANのロゴ。いつもの楽器の配置。とても安心感のある空間。僕はこれから、どれだけ心を揺さぶられるのだろか。兎にも角にも、2周年記念のライブの場にいられるという事がとても幸せだった。

開演時間を迎え、会場暗転。会場が騒めく。
Boom Boom Satellitesの「Fiends」がSEで流れる中、有田清幸・純市、そしてコヤマヒデカズがステージに現れ、コヤマヒデカズからライブでは定番の一言「2018年7月18日のCIVILIANを始めます。俺たちが2年間、様々な人たちに気持ちと恩をもらいました。今日はみんなに、その気持ちを全て返すつもりでこのステージに立ってます。一緒に息をしようぜ、よろしく!」とあり、ライブがスタート。この一言、いつも聞いていて思うのは、その日その時間にしか体験・共有出来ない大事な時間を噛み締めているように感じる。

そして、1曲目は「愛 / 憎」から。いきなり飛ばしてくる。さっきまでの開演前とはガラリと雰囲気が変わり、一気にCIVILIANの激情の世界に飲まれる。
「どうせ皆阿保だ、さあ輪になって踊れ」という歌詞が刺さる。僕は踊る阿保だ。

そのまま繋いで2曲目「残り物の羊」。アルバム「eve」の中でも印象的な1曲。やっぱりライブの迫力は凄い。この時点ですでに会場の一体感がヤバイ。
自分だけ名前を呼ばれない羊の歌。孤独・焦燥感が詰め込まれた歌詞に一度聴いたら虜になるロックな演奏。最高だ。

更に続けて3曲目「デッドマンズメランコリア」。途中の観客との掛け合いが素晴らしかった。
ここまでの3曲で、今のCIVILIANのポテンシャルを魅せられた気がする。有田の今日も力強いドラミング、純市の土台を支えながら暴れ唸るベース、コヤマヒデカズのいつもより迫力のある歌唱とエッジの効いたギター。それらの要素が混ざる事で今日のCIVILIANが素晴らしい事が分かる。何か凄い事が起きそうな夜だ。いや、もう起きている。

4曲目「LOVE / HATE / DRAMA」。コヤマヒデカズのギターカッティングから始まる楽曲。間奏のカオスが素晴らしいし、スリーピースバンドとは思えない音圧にあてられる。メロディも素晴らしい、いつ聴いてもカッコ良い楽曲。

5曲目、きっとファンも多い「爽やかな逃走」。僕の中で、Lyu:LyuとCIVILIANを繋ぐような楽曲。CIVILIANになってからの演奏は、よりエモーショナルになって心を抉ってくる。胸がギュッとなるが、それが心地良い。

civilian0718_2

6曲目「君は君であることを」。紫に照らされたステージで歌うコヤマヒデカズの姿が美しい。サビから明るい照明に変わり楽曲が段々と開けてゆく。美しい1曲。

7曲目、8月8日リリースの「何度でも」のカップリング曲「セントエルモ」初披露。ヤバイ、イントロから涙腺が緩む。エモーショナル過ぎる。クリーントーンのギターのアルペジオの上で歌われる歌詞とメロディが素晴らしい。サビが、演奏・歌唱全てCIVILIANにしか作れないと思わされるもので、心を射抜いてくる。展開の付け方も含め、とにかくエモーショナル。最高。シングルA面でも良いと思う程良い曲。

ここでMC。
コヤマヒデカズから、「ここまでの曲を聴いて気付いている人がいたら、相当です。」と。その後タネ明かし。今日の2周年にかけて何か出来ないか考え、今までにリリースしたCDの2曲目を集め演奏してきた事を明かす。それを話す時に「言うの恥ずかしくなってきたな。」と照れるコヤマヒデカズが素敵だった。
そして、普段聴かない曲が登場すると思います。と言い次の曲へ。

8曲目、まさかライブでまた聴けるとは!「Seeds」。今のCIVILIANで聴くこの楽曲がこんなに別格だとは。3人の成長を観ているような気持ちになる。3人とも、なんてカッコ良くなったんだ。いや、前からカッコ良いんだけど、今日は別格!
この選曲は卑怯でしょう。ファン歓喜。
続けて9曲目「drop out」。さすがの2周年記念ライブ。普段聴けない曲がどんどん飛び出す!これは、Lyu:Lyu時代からのファンもCIVILIANからのファンもみんなたまらない時間だろう。ラスト凄い迫力!

10曲目「invisible」。うわー!うわー!ライブでこの曲聴けるなんて!ヤバイカッコ良い!!
強靭なリズム隊の上で歌うコヤマヒデカズのカッコ良さよ。。ギターが入った時の衝撃よ。。最っ高!

11曲目、こちらも8月8日リリースのシングルのカップリング。ナノウ名義のボカロ曲のCIVILIANバージョン「ハッピーホロウと神様倶楽部」。初披露!
初音ミクの10th Anniversaryアルバムの為に書かれた楽曲。打ち込みと生演奏がうまく合わさっている。CIVILIANというよりは、ナノウのメロディライン、曲調という感じなのに、CIVILIANで演奏するとしっかりとCIVILIANになるから不思議。元のボカロバージョンも大好きなので、これは嬉しい。途中、純市のベースがフィーチャーされるパート最高。ハンドマイクで歌うコヤマヒデカズも最高。誰よりもCIVILIAN節に変換している有田のドラミングも最高!この力強いドラミングも、またCIVILIANの圧倒的個性の一つだと思う。

civilian live_3

ここで、コヤマヒデカズがステージから去り、いつもの有田と純市のMCコーナー。お知らせとして、この後「何度でも」のMVが公開される事、新アーティスト写真の公開、10月に東京と大阪でワンマンツアーがあるとの事!これは嬉しい!

ここで、コヤマヒデカズから「いまの僕らがやりたいこと、そして、今後のCIVILIANに繋がっていくような、俺たちとここに集まったみんなの悪いものが晴れるような力強い曲が作りたくて作りました。」とあり、12曲目「何度でも」。すでに、先行配信が始まっている8月8日にCDリリースの最新シングル曲。そして、スクウェア・エニックスの「スターオーシャン:アナムネシス -TWIN ECLIPSE-」のタイアップにもなっている楽曲。
イントロからヤバイテンション!演奏カッコ良い!CIVILIANのライブを観る度に思う。本当にこの音スリーピースか!?っていうのをまた思わされる程の迫力とエモーション。これは凄い曲だわ。メタルの要素とかまで入ってる。
これからのCIVILIANを想像させるに十分過ぎる程の殺傷能力!

13曲目、CIVILIANの始まりの曲「Bake no kawa」。
今日のCIVILIANは本当に凄い特別感がある。どの曲も熱量が凄まじい。3人とも持てる力全部をぶつけてくるような演奏。完全に今日のカッコ良さにやられている。ステージから目を離せない。

続いて14曲目「赫色 -akairo-」。もうどうにでもしてくれ。気持ち良過ぎる。ステージに当たる照明がカッコ良い。
コヤマヒデカズが「赫色」とシャウトする時にステージが真っ赤に染まる粋な演出。最高の演奏。他に何がいる?何もいらないでしょう。

コヤマヒデカズから「みんながいたから完成した曲です。聴いてください、生者ノ行進。」とあり、15曲目「生者ノ行進」。きっと待っていた人も沢山いたはず!「さあ、腕を振って」というサビからみんな手を振る。コヤマヒデカズ「あの時と同じ、もう一度みんな力を貸してください!」というと、会場中でステージに負けない大音量のコーラス!ゾクゾクする、この一体感!

civilian0718_extra3

コヤマヒデカズがアコギに変わり16曲目「ヒトリ」。ライブでは初めての披露。貴重な時間。名バラード。「誰もがヒトリだろう。それは分かっているんだろう。」という歌詞が胸に刺さる。ドラムインからのバンド演奏がエモい。泣かされる。
素晴らしいメロディに変えの絶対にきかない歌声。ラストの演奏で涙腺崩壊。ステージが滲む。

ここでMC。
コヤマヒデカズ「2年前に俺たちが名前を変えたときに、俺たちの中にはいろんな思いがありました。それまでずっと活動を続けてきて得たものもあれば、得られなかったものもあって。どんなに刃を研いで、どんなにはさみを鋭くしても、どんなにこのステージの上から斬りつけるように歌っても、愛や希望やハッピーを歌うバンドにみんな笑顔になって……。ああやっぱり、自分のやってることはただの自傷行為でしかないんだなって思うこともありました。でも、それでも、俺は自分の中のそういう思いを歌にするしかなかった人間だし、愛や希望や楽しさや美しさ、世の中のみんなが好きそうなものは他人に任せていけばいいやって思ったときもありました。だけど、今まで必死に必死に、一人だけで研いできたこの鋭い刃で、今度は誰かを守れるような歌を作りたいと思いました。」と語った。

そして、17曲目本編ラスト「顔」。ここで2曲、こんなに胸を締め付ける楽曲を持ってくるとは思わなかった。下北沢のライブハウスでコヤマヒデカズがソロでこの曲を初披露した日を思い出す。
直前のコヤマヒデカズの言葉の影響もあり、ずっと鳥肌が止まらなかった。歌声が生々しくて、魂をそのまま届けてくれるようなコヤマヒデカズの歌声は胸を締め付ける。文句の付けようがない名曲。

3人がステージを去っても、会場からは大きな拍手が止まらず、そのままアンコールの拍子に拍手が変わってゆく。その拍手からは、まだ今日のライブを終えたくない、もっと彼らの曲を聴きたい、彼らを観たいという想いが溢れるようだった。

そして、ステージが再度光り、ステージには有田と純市とコヤマヒデカズが登場。有田から新しいグッズの紹介と、再度10月のワンマンツアーの告知があった。

コヤマヒデカズからMC。
今まで、18歳でライブハウスに立ち始めてから、ずっと完璧な演奏をしないと、完璧な歌を披露しないとという強迫観念のような感覚かあり、ライブは怖いものだったが、今日は歌も演奏も沢山間違えた。でも、怖がっているより、ライブを楽しむ事の方が大事だと今は思っている。と語られた。そして、アンコールへ。

アンコール1曲目「暁」。いつもはライブの最後を飾る事の多いこの楽曲。ファンにとっても、CIVILIANにとっても大事な楽曲。いつ聴いてもカッコ良い。
会場の盛り上がりも最高潮に。

civilian live_4

アンコール2曲目、今日本当に最後の曲「メシア」。
楽曲が出来た時に「自分達はこういうメッセージを引き連れて、このバンドはずっと歩んで行くんだなという宿命を背負った。」と思ったという楽曲。
どのライブでも必ず涙腺崩壊してしまう楽曲。そして、いつも救われる楽曲。
僕はこの「メシア」という楽曲に胸を刺されて、胸を掴まれて、痛い想いをしながら涙腺が崩壊して涙して、最後に救済される。
今日の「メシア」も僕を救ってくれた。こんな奇跡のような楽曲が存在する事。それを最高の演奏で届けてくれるバンドがいる事。それだけでこれ以上ない幸せだと思う。
CIVILIAN、今日もありがとう。という気持ちになる。色褪せない名曲というのは、この曲みたいな楽曲の事を言うのだと本気で思う。
演奏のラストにエモーショナルなインストが追加されていて、それもまたラストに素晴らしかった。

ライブが終わり、メンバーがステージを去ってもなかなか観客は動き出さず、その場の空気の中にまだいたいという気持ちが伝わってきた。ライブの余韻で充満した会場は何とも言えない空間だ。次第に観客が動き出し、僕もやっとライブが終わった事を心が認識する。

会場を後にしても頭の中で鳴り響くのはCIVILIANの楽曲達。脳裏に浮かぶのは今日のステージの光景。
2nd Anniversaryという事はあったが、それだけじゃない、確かに今日のステージには圧倒的に成長を遂げたCIVILIANの姿があった。彼らにはもっと大きなステージが似合うと純粋に思った。そんなバンドのスケール感を感じさせてくれた。

本当に素晴らしい夜だった。
今日このステージを観れて僕は心から幸せ者だと思いながら、救われた心で家路に着いた。

【セットリスト】
01, 愛 / 憎
02, 残り物の羊
03, デッドマンズメランコリア
04, LOVE / HATE / DRAMA
05, 爽やかな逃走
06, 君は君であることを
07, セントエルモ
08, Seeds
09, drop out
10, invisible
11, ハッピーホロウと神様倶楽部
12, 何度でも
13, Bake no kawa
14, 赫色 -akairo-
15, 生者ノ行進
16, ヒトリ
17, 顔
-Encore-
18, 暁
19, メシア

————————————
2018年7月18日 SHIBUYA WWW
CIVILIAN 2nd Anniversary Live “TWO”

text by 邑田航平

photo by makiko takada

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP