CIVILIAN – 「何度でも」レビュー

civilian_asha

CIVILIANの2018年、第一弾になるニューシングル『何度でも』を早速聴いた。
表題曲「何度でも」の他、カップリングには「セントエルモ」と「ハッピーホロウと神様倶楽部」の2曲が収録されている。
もう早いもので、CIVILIANがLyu:Lyuから改名してから2年が経ったが、CIVILIANになってからの彼らの快進撃は目を見張るものがある。立て続けの出されるシングルはどれもキラーチューンばかり。しかも、カップリングにも一切手を抜かず、どの楽曲でもリード曲になれるポテンシャルを秘めている。
ライブ活動も活発に行ってきた。今年の夏はRising Sunにも出演する。彼らの楽曲はCDで聴いていてもかなりのエモーションを詰め込めているのだが、ライブになるとさらにそれが爆発し、聴き手の感情を揺さぶり、胸を鷲掴みにする力がある。事実、僕が何度も彼らのライブを体験していて、毎回ライブを観る度に感情が高ぶって涙腺が崩壊しているのが良い例だろう。

CIVILIANは決して前向きでポジティブなバンドではない。
それは、コヤマヒデカズの書く歌詞や、心の底から叫ぶように歌う歌唱からも読み取れる。今作『何度でも』も、そんな決して一筋縄ではいかない楽曲群が収録されている。
さて、御託はいいから早速1曲づつレビューしていきたいと思う。

1曲目、表題曲「何度でも」。
この楽曲は、スクウェア・エニックスの人気タイトル「スターオーシャン:アナムネシス -TWIN ECLIPSE-」のテーマソングにもなっており、その為に書き下ろされた楽曲だ。イントロのドラムのカウントから一気にロックモードへ。CIVILIANになってから一番ロックな楽曲ではないかと思う。1曲の中にヘビーロックやスクリーモの要素も入っていて、イントロのギターリフとキーボードで一気に体を持っていかれる。当然、土台を支えるベースの純市とドラムの有田清幸の強靭なリズムがあってこそ成り立つもので、とにかくゴリゴリと突き進んでゆくのが印象的なイントロだ。
運命論を示唆するかのような歌い出しからコヤマヒデカズ節とでも言うような言葉が羅列されてゆく。印象的なのはサビの歌詞。「何度でも ほら何度でも 闇へ手を伸ばせ 何を掴んでも」というフレーズ。一見「手を伸ばす」という表現を見ると、光を求めるような印象があるが、コヤマヒデカズはそこで「闇へ手を伸ばせ 何を掴んでも」と歌う。
一寸先は闇、1秒後、1分後、1時間後、僕らの運命はどんなものかは分からない。だからこそ、その見えない闇へ手を伸ばして何かを掴まなければならない。それが例え頼りないものでも、僕らはいつも真っ暗な未来に身を投じ続ける。そんな情景が浮かぶ秀逸な表現だと思う。
さらにコヤマヒデカズはこう続ける。「いつか本当の 命の使い道を その手に掴むまで さあ 何度でも 立ち上がれそのまま」と。闇へ何度も何度も手を伸ばし、僕らは自身の命の使い道を掴もうとするのだ。それまでは、どんなに苦しい世界だとしても、何度でも何度でも立ち上がって前へ進まなければいけない。そんな僕らが日常抱えている焦燥感の後押しをそっとしてくれる。これが、CIVILIAN、コヤマヒデカズの示す光であり、救済方法なんだろうと思う。
「品定めされてるぞ あの日の自分に 鼓動の数は 何回残ってる 有限の限界のその先まで 最後の0.001秒のさらに奥へ 核心まで」とあるように、人は他者との関わりで人間生活を送るが、突き詰めるところ、個である事から逃げる事は出来ない。だから、今の自分自身というのは過去の自分から常に品定めされている。いつだって戦う相手は自分自身だ。だからこそ、限界まで潜って潜って核心まで辿り着かなければいけない。それまでは、何があっても自分自身を信じ立ち上がり続けなければならない。
そんな現実を突きつけられて、僕らは初めて真剣に自分自身を見つめて前へ足を踏み出してゆく。
決してストレートではないけれど、この楽曲にはコヤマヒデカズの優しさが詰まっていると思う。そして、大切な事に気づかせてくれる楽曲だと思う。そして、楽曲の疾走感と激しさが上記したような感情を揺さぶってきて、奮い立たせてくれる。
また、CIVILIANのキラーチューンの1曲が増えたな。と純粋に思う。

2曲目「セントエルモ」。
ミドルテンポ、ロックバラードでも言おうか。
イントロのオクターブ奏法の激しい演奏から一転、美しいアルペジオと同時に歌が始まる。今作の3曲の中で個人的に一番エモーショナルだな。と思った楽曲。
静かながら、内に秘めた熱い魂の咆哮が胸を抉るように解き放たれる。一番コヤマヒデカズ節とも思う。人の心のうまくいかなさを彼流の言葉で綴られている。人は平等でない事、過去への後悔、孤独、それでも期待してしまう人間の心、そんなものが全部1曲の中に詰まっている。
「何故~してしまったのか」という後悔の念、何故皆笑っていられるのかというマイノリティの素直な疑問。でも、そんな不平等な世界の中で私は私の宝物を守りたいし、そうやってたった一つでも平伏して跪けるものがあるのなら、それは幸せな事だとコヤマヒデカズは歌う。
どんな暗闇の中にいても、人はいつだって光を見出してしまう。それが無責任なものだとしても、光がないと人は生きてゆけない。いっそそんな光が消えてくれたら、もしかしたら人はもっと楽なのかもしれない。それでも期待してしまう。消えてくれない光が常にどこかにある。そんな心理を歌われて激しく歌詞に共感をする。
コヤマヒデカズの言葉の力は本当に強い。人が目を逸らしたくなるような現実をこれでもかと叩きつけてくる。そして、僕らは心を鷲掴みにされるのだ。
ミドルテンポのこの楽曲では、純市と有田のリズムがとにかく重い。上で鳴らされるギターも重い。とにかく1曲通して重たい空気感が流れている。目を瞑るとCIVILIANの音の中でふわふわと浮かぶ自身の姿が見えるような、そんな包み込まれる音像。
この曲は、純粋に名曲だと思う。

3曲目「ハッピーホロウと神様倶楽部」。
初音ミクの10周年記念にコヤマヒデカズがナノウ名義で発表したボーカロイド楽曲のCIVILIANバージョン。
ここまでの2曲と違い、まず曲調がとてもボーカロイドっぽい。しかも、ボーカロイドが一番全盛期だった頃の雰囲気を孕んでいる。ちょっとハロウィーンっぽさのあるイントロから中毒性のある曲調。楽曲が進んでいくにつれ、ベースが印象的に入ってくる。ピアノが全体的に印象的で、オリジナルのボーカロイドバージョンとの一番の違いはドラムかな。と思う。オリジナルの打ち込み音源が生音に変換され、有田のアレンジになっただけでCIVILIANの個性が出てくる。途中やってくるベースが印象的なパートも含め、純市と有田がとにかく良い仕事をしている。
歌詞はとても抽象的だけど、その風景が目の前に浮かぶかのような一編の小説を読んでいるかのような感覚。そして、当たり前なのだがボーカルがコヤマヒデカズになっただけで、最高にエモーショナル。これだけ詰め込まれた歌詞を表情豊かに歌うコヤマヒデカズの力量に驚かされる。
印象的なのは、「ジャックオーランタン頭に被って おんなじ顔で踊ろうや」「ジャックオーランタン頭に被って おんなじ顔で歌おうや」「真っ白いシーツ頭に被って 同じ身体で踊ろうや」というサビに出てくる歌詞達。
この個性を消してゆくような表現がとてもコヤマヒデカズっぽいな。と思った。でも、「もう誰でもいいからお願いだ 心と身体を突き破って 消えない明かりを灯してよ」とも歌われる。この対比がよく出来ていて、人の心の複雑さを秀逸に表現出来ていると思う。
楽曲は明るめの楽曲なので、ただ流し聴きしていると元気の出る楽曲なのだけれど、聴き込んでいけばいく程深さに驚かされる。初音ミク10周年の楽曲という事もあり、機械で作られた初音ミクというソフトの気持ちも考えてしまう。どれだけ個性を出そうとしても、回帰するのは「初音ミク」というPCソフト音源である事には変わらない。それが、先に書いたサビの無個性を歌う歌詞であり、でもこの10年間で初音ミクが産んできたもの、楽曲達、もはや個として成り立っているのではないかと思える、作り手の初音ミクへの気持ちが散りばめられている気がする。

3曲、全く、本当に全く外しのないシングルだった。
CIVILIANはぶれない。本当に素晴らしい楽曲を次々とリリースしてくるな。と純粋に嬉しくて震えた。先日のバンド名改名2周年ライブで3曲とも生で聴いたが、ライブもとても素晴らしいものだった。これから、何度も演奏を繰り返しこの3曲はどんどん精度を上げて完成してゆくのだろうな。と思う。

先日のライブでも思った事だが、もうCIVILIANに小さい箱は似合わない。どんどん大きな会場へと突き進んでもらいたい。と切に願う。それだけ、バンドとしてのスケール感が増しているという事だと思う。

引き続き、これから先の彼らの動きから目を離せないな。と純粋に思った。
まずは、この最高のシングルを手に取って何度も何度も聴いてもらいたい。そして、ライブへ足を運んでもらいたいと心から思う。

text by 邑田航平


Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP