チケット即日完売!ミオヤマザキと酸欠少女さユりが待望の共演!

8月26日(日)、赤坂マイナビBLITZでミオヤマザキ主催イベント「ミオフェス2018番外編〜酸欠ト貧血〜」が行われた。

10代から20代に圧倒的な指示を誇るミオヤマザキとさユリの共演に、発表当初から大きな注目を集め、チケットは発売と同時に即日完売。

期待感で埋め尽くされた満員の会場に姿を現したさユりは、その歌声で観客と共鳴しながら徐々に熱を帯びるステージの中で、静寂と衝動を自由自在に往復しながらフロアに十分な満足感を残し演奏を終えた。


続いて登場したミオヤマザキ。ソリッドな歌詞を歌い上げる圧倒的な歌唱力と空間を隙間なく埋め尽くすラウドな演奏で、若者の中に潜む心の叫びを解放するような迫力あるステージを披露した。


そして、セットリスト最後の曲として演奏された「山崎美央」の歌詞ある、

【テレビに出てる音楽が正しいのか?私が歌ってる音楽が正しいのか?】

その歌詞の通りとは言わないまでも、対照的で、それでいて近いようで遠かった2人が交わった夜に、今後の音楽業界の未来が確実に垣間見えた夜になった。


さユりは秋からワンマンツアーを予定しており、
ミオヤマザキは、10月から全国15箇所、総動員1万人以上の全国ツアー「diffusion」を開催する。

—さユりセットリスト—

1.ミカヅキ
2.るーららるーらーるららるーらー
3.スーサイドさかな
4.平行線
5.フラレガイガール
6.birthday song
7.ふうせん
8.ちよこれいと
9.ゆうたくん

—ミオヤマザキセットリスト—

1.Dawn of the Felines
2.メンヘラ
3.正義の歌
4.他力自分本位症
5.鋲心全壊ガール
6.ノイズ
7.シブヤノウタ
8.生きる
9.民法第709条
10.女子高生
11.斎藤さん
12.Que sera, sera
13.山崎美央

ーさユりライブスケジュールー
10/19(金)東京Zepp Tokyo
10/26(金)福岡DRUM LOGOS
11/3(土)宮城SENDAI GIGS
11/9(金)愛知Zepp Nagoya
11/11(日)大阪Zepp Namba

■チケット
[先行発売]
プレリク先行(抽選) ※9/3 23:59まで
http://l-tike.com/sayuri/

ーミオヤマザキスケジュールー
10/20(土)横浜BAY HALL
10/21(日)柏PALOOZA
10/27(土)札幌PENNY LANE 24
11/3(土)仙台darwin
11/4(日)高崎club FLEEZ
11/10(土)長野JUNK BOX
11/17(土)金沢EIGHTホール
11/18(日)新潟NEXS
11/23(金)広島CLUB QUATTRO
11/24(土)福岡DRUM LOGOS
11/25(日)高松MONSTER
12/8(土)名古屋ダイヤモンドホール
12/9(日)浜松窓枠
12/15(土)新木場STUDIO COAST
12/29(土)なんばHatch

■チケット
[先行発売]8/25-9/2 23:59迄
ぴあ
ローチケ
イープラス

[一般発売]9/22 12:00から

<ミオヤマザキ Official YouTube Channel>

<「ミオヤマザキ」 プロフィール>
mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)からなる4人組ロックバンド。2013年、東京で結成。Vo.のmioによる、”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。更に、ミオヤマザキの楽曲をテーマに制作されたプロモーション・ゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeのランキングで1位を獲得し、現在までに累計800万ダウンロードを突破。大きな話題と様々な謎に包まれたまま、2014年のクリスマスイブにソニーミュージックのエピックレコードからメジャーデビュー。2016年にはフジテレビ深夜ドラマの主題歌に起用され、11月2日に待望の1stフルアルバム『anti-these』をリリース。オリコンアルバム・デイリーチャートで9位にランクインするなど、10代~20代の女性を中心に熱狂的な支持を集めている。2017年4月1日には日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを成功。同年7月にリリースしたシングル「ノイズ」はiTunesロックチャートで1位を獲得。2017年12月24日にはZepp TOKYOワンマンライブを完売させ、2018年3月にはフランス・マルセイユで初の海外ライブを成功。更に7月にはパシフィコ横浜で初のワンマンライブを開催するなど、現在最も注目を集めているバンド。

【ミオヤマザキアカウント】
LINE公式アカウント 
オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
オフィシャルfacebook
ブログ

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP