_DSC3638_01

土屋アンナが聖歌隊と歌う洋楽カヴァ―が話題に!ボン・ジョヴィのカヴァー曲にも驚き!

_DSC3393

昨日放送された、テレビ朝日系列「無人島0円生活」でも見せつけた、バラエティ番組での破天荒な姉貴キャラから、ファッションショーのトップモデル、映画・舞台女優と、肩書き「土屋アンナ」として幅広く活躍する彼女。

歌手としての彼女は、アニメ「NANA」の主題歌「rose」に代表されるような本格ロックを歌い、自身がボン・ジョヴィを敬愛するなど、ロックミュージシャンとしてのイメージが強いが、近年、彼女が力を傾注しているカテゴリーが、幼少時代から親しんでいるゴスペルだ。
ゴスペルの聖地ともいえるキリスト品川教会グローリア・チャペル(東京)で毎年開催しているクリスマスライブでは、100名にも及ぶ聖歌隊を従える、ゴスペルの伝統的スタイルを取り入れ、賛歌を歌い上げ大きな反響を呼んでいる。

先日、12月16日(水)に開催されたキリスト品川教会グローリア・チャペルでのクリスマスライブは、12月9日にリリースされた洋楽カヴァーアルバム「NAKE’d ~Soul Issue~」をCDそのまま完璧に再現するというブロックと洋楽カヴァー曲を中心にゴスペルスタイルでパフォーマンスするという2部構成となった。

Sam Smith「STAY WITH ME」、Amy Winehouse「Rehab」などソウルフルな曲から、maroon5「SUNDAY MORNING」、THE FUGEESのカヴァーで有名な「Killing Me Softly With His Song」、Backstreet Boysの大ヒットソング「 I WANT IT THAT WAY」、ジャクソン5「I Want You Back」、そして「Christina Aguilera, Lil’ Kim, Mya, Pinkのコラボカヴァーでおなじみの「Lady Marmalade」など、誰もが一度は耳にしたことがあり、土屋アンナ自身が愛してやまない洋楽の名曲を聖歌隊と共に披露した。
また、アンコールで披露したボン・ジョヴィの「Livin’ On A Prayer(BonJovi cover)」は、事前に本人だけには知らされておらず、サプライズでの演奏となった。

ぶっつけ本番となった歌唱だが、あたふたするも、とても即興とは思えない程の対応と歌唱力を披露している。

その後のシンディ―・ローパーの「True Colors(CYNDI LAUPER cover)」はアンナからの提案で追加アンコールとなるなど、まさに「ライブ感」あふれるステージとなった。

このライブの中から、
Amy Winehouse「Rehab」、BEATLES「Let It Be」、BON JOVI「Livin’ On A Prayer」
の歌唱映像が公開。




映像を見た人からは、
「このボン・ジョヴィの聖歌隊カヴァーヤバすぎ!」
「土屋アンナてこんなに歌上手かったの?」
「土屋アンナのイメージが変わった」
「カヴァーだけど完全に自分の曲にしてる!」
と、その“魂”で歌うソウルフルな歌唱に多くの驚きと賛辞が寄せられている。

2016年3月11日の自身の誕生日には、ブルーノート東京でのバースデーライブが決定しており、是非、生で彼女の魂の歌に触れて欲しい。

商品情報:
ソウルカヴァーアルバム「NAKE’d ~Soul Issue~」
【CD+DVD】CTCR-14878/B、¥3,300 (TAX OUT)

ライブ情報:
2016年3月11日(金) 土屋アンナ バースデーライブ
ブルーノート東京

関連リンク:
土屋アンナOFFICIAL WEBSITE

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP