[Live Report] CIVILIAN – 2018年10月11日 CIVILIAN One Man Tour 2018 “again & again”@SHIBUYA WWW X

CIVILIANのライブを観るのは、今年行われたバンド名をCIVILIANに改名してから2周年記念のライブ以来だ。
観る度に確実に力強く進化してゆく彼らが今日どんなステージングを魅せてくれるのか、開演前から楽しみで仕方がない。

ステージにはいつものCIVILIANのロゴという、シンプルで飾らないステージ。いつもと一点だけ違うのは、ステージ前に薄い幕が張られている事。彼らのライブでは珍しい光景だ。

開演時間を迎え、会場が暗転する。
ステージ手前に引かれた幕にブルーの照明が蠢き、SEにBoom Boom Satellitesの「Stain」が流れる。

そして、そのまま1曲目。最新シングル「何度でも」のカップリング「セントエルモ」でライブスタート。
ステージのメンバーはハッキリとは見えないが、いきなりエモい。サビと同時に幕には歌詞が流れる。今までこんな演出は彼らのライブで観た事がなかったので、戸惑いながらもCIVILIANの世界観に引き込まれる。言葉と音の強さを感じさせる演出。最高じゃないか。
「ずっと消えない光、消えてくれない光」という最後の歌詞が刺さる。ラストのギターの音にディレイがかかり反復し、続けて2曲目「ぜんぶあんたのせい」。
この曲も幕に投影される歌詞が主張をしてくる。投影の仕方も非常に凝っていて、歌と言葉に感情を揺さぶられる。

ここで、コヤマヒデカズからいつもは最初に言われる定番メッセージ「2018年10月11日のCIVILIANを始めます。渋谷WWW Xへようこそ。最高の一日にしましょう、よろしく!」とあり、3曲目、最新シングル「何度でも」。ステージの幕が上がり、演奏する3人がハッキリと見え会場が沸く。
この曲はライブで聴くと本当にエモい。一曲の中での演奏の強弱、アレンジが秀逸でライブ向きな楽曲だと思う。
最初の2曲歌詞を強調して、3曲目でこの曲を持ってくる事で気分が高揚する。素晴らしい流れ。

MCにて、「2018年の最後のワンマンツアーになりました。」「みんながいたから、俺たちは走ってこれたんです。ありがとう!」「まだ少しだけ気が早いかもしれないけど、今年僕らが培ってきた、経験した、学んだ、全ての事を今日と大阪の2公演で全て君たちにお返しするつもりでここに来ました。最後まで楽しんでいきましょう、よろしく。」と語りかけ、4曲目「残り物の羊」。ごめん、個人的に好き過ぎる曲なので、もう感想とかレポとかじゃない、ただただ最高にカッコ良い!純市と有田清幸のリズム隊はしっかし今日も強靭なリズムを叩き出すな。体持ってかれないのが無理!
途中コヤマヒデカズの「メェ~」からのシャウト最高!

曲終わりから有田のドラムソロ。「TVとか観ながら、ラジオを聴きながら、ネットを検索しながら、どうでもいい歌ばっか歌ってんじゃねーよ。ってずっと思ってました。聴いてください、どうでもいい歌。」というわけで、5曲目彼らにとってはどうでもよくない「どうでもいい歌」。
歌唱にいつもより感情が籠もっている気がした。コヤマの使うAddictoneのストラトは今日も素晴らしい音色だ。上からリズム、ソロ、オブリと全てをこなしながら、何故こんな素晴らしい歌が歌えるのか。その技術が数え切れない程のライブ経験で裏打ちされているのは当然だが、フロントマンとしての資質が凄いんだな。と単純に思う。

会場に雨の音が流れる中、ナノウ名義でボカロとして発表されていた楽曲のCIVILIANバージョン「ハロ / ハワユ」。この楽曲がCIVILIANとしてリリースする事を告知したライブにも行っていたけど、ファンみんなが待っていた名曲と言って良いと思う。
サビで観客が手を振る光景が美しかった。CIVILIANの演奏になり、歌唱がコヤマに変わるだけで本当にこんなに変わるんだな。といつも思わされる。最後のラララのコーラスでシンガロングが起こる。パートも音源より長く取られていて気持ち良い。

「いつか必ずいなくなってしまう、いつか必ず消えていってしまう、あなたの事を書きました。」と一言。7曲目「あなたのこと」。イントロのギターが素晴らしい。
歌詞がこれでもかと詰まっていて、言葉が耳を支配するのが心地良い。僕の中で、これぞCIVILIANという中の一曲でもある。静かにエモーショナルに、言葉で訴えかけてくる。心を鷲掴みにして涙腺を刺激する楽曲。今日の演奏も素晴らしい。

「楽しんでくれてますか皆さん?」と一言。会場から大きなレスポンス。
「ワンマンライブをやってる最中に今の言葉を聞くのが一番楽しみであり、一番僕らの責任感が問われる瞬間でもあります。だから、楽しんでいてくれて本当にありがとう。やっぱワンマンは楽しいな!」と返答。
また、今年ライジングサンロックフェスティバルに初めて参加した事などを通して、最近はライブを楽しめるようになった。と言っていた。

「上手くいった事いかない事、今年2018年本当に沢山あったけど、こうやってまたワンマンライブを五体満足でやれているっていう事は、勿論CIVILIANというバンド自体がそういう上手くいかない事とかマイナスな事に負けずにやってきたから、自分たちも勿論頑張った。それは素直に言わせてもらう。だけど、それを楽しみながら時に苦笑いしながら見守ってくれている皆さんのお陰でもあります。」とファンに感謝を述べた。

8曲目、Lyu:Lyu名義のアルバム「君と僕と世界の心的ジスキネジア」の1曲目を飾る「神経町A10街」。カッケーな、おいっ!!やっぱり今のCIVILIANの楽曲も過去の楽曲も最高だと思う。3人のメンバー個人個人の成長、バンドとしてのライブパフォーマンスの向上が、過去も現在も更に上のステージへと引き上げている気がする。
「あんたの頭の中なんて、誰も知ったこっちゃないから」という歌詞が刺さる。

続いて9曲目、アルバム「GLORIA QUALIA」より「ドッペルゲンガー」。アルバムが2014年発表、もう4年前なのか。全く時間を感じさせないタイムレスなCIVILIANの楽曲の世界観に驚く。いや、今のCIVILIANが演奏するから、楽曲がしっかりとアップデートされてるのか。この楽曲は、ドラムがとにかくタイトながら強靭で体を持っていかれる。
更に間を空けず、同アルバムから10曲目「ランララ」。最っ高!長めのインストからイントロに入ると観客から歓声!シンプルな演奏の上で歌うAメロと観客の拍手が合っていて気持ち良い。後半、深いリヴァーブの中での演奏が、どこまでも落ちてゆく海の中のようで美しい。戻りのコヤマの弾き語りパートも良い。最後はバンド全体でエモーションを会場にぶつける。

更に11曲目「回転」。ここまで4曲Lyu:Lyu祭りか!?
新旧ファン共に楽しめる、ワンマンだからこそのセットリストな気がする。やっぱりワンマンは最高だよ。彼らの全部を魅せてくれる気がする。
間奏のギターの音めちゃくちゃ良いな!ノリの良い楽曲に観客も跳ねる。

ここでコヤマヒデカズが一回ステージからはける。
定番の有田と純市のMCタイム。最初の歌詞投影について、ずっとやりたかった。と言っていた。新しい試みと。
そして、昔の曲難しいな。とも(笑)
今回のワンマンライブタイトル「again & again」は直訳すると「何度でも」というわけで、有田から純市に「何度でもやりたくない事は?」と質問。純市は「今年のムロフェスでの機材トラブルみたいな事はもう嫌だな、一番やりたくないな。」と。有田は「僕忘れ物が多いんで、忘れ物を何度でもやめたい。こないだもミナミホイールで、本番直前転換の直前にパソコンを忘れて、タクシーに乗って急いで帰って、転換2分前に帰ってくる。っていう。タクシーの運転手さんが凄い飛ばしてくれた。」と、エピソードを語った。
ステージにいないコヤマヒデカズについては、「有田への塩対応。お客さんに言われるもん、大丈夫なんですか?って(笑)」と会場を笑わせた。

ここで告知。2019年の全国ワンマンツアーで、大阪・名古屋・東京の会場の発表があった。そして東京は「朝焼ノ午前伍時」というタイトルで、なんとマイナビBLITZでの公演!!観客大騒ぎ!過去最大キャパのライブだ!これは楽しみ!

コヤマ「いよいよ後半戦、まだまだいける元気残ってますか皆さん?そんな皆さんの為に10月というこの月にぴったりの曲を持ってきました。」と一言。
12曲目、シングル「何度でも」のカップリングにして、「初音ミク誕生祭2018」にリリースされた、ナノウ名義で作曲されたボカロ曲「ハッピーホロウと神様倶楽部」。ハロウィンを感じさせるイントロから楽しげなリズムで曲が進んでいく。ハンドマイクでステージを歩きながら歌うコヤマヒデカズが珍しい!
あー、この曲本当好きです!間奏の純市のウォーキングベースのラインが堪らない。
ここまでで思ったのは、Lyu:LyuもナノウもCIVILIANの楽曲も、元はコヤマヒデカズの頭の中から生まれた楽曲達で、それをコヤマヒデカズ・純市・有田清幸という最強の3人で演奏してるんだから、ライブになれば名前に意味はそこまでなくて、今はCIVILIANっていう超強力なバンドでアンサンブルを聴かせてるんだな。と感じた。

13曲目「赫色 -akairo-」。シタールイントロ!良い!
最近のCIVILIANの攻撃的な面が前面に出た楽曲。イントロのギターのオクターブ奏法がやっぱり最高にカッコ良い。
途中のリズムが変わる妖艶な展開がまた素晴らしくて、ライブでも映える。

続けて14曲目、CIVILIANに改名して最初のシングル「bake no kawa」。後半戦攻めてきたな。よりロックで荒々しいCIVILIANだ。この流れも良い。間奏から歌戻りあたり、音作りなどが90年代のグランジとかを彷彿とさせて、彼らのルーツがちょっと見える気がして嬉しい。

15曲目、会場に大きな音でコーラスが流れる。
コヤマ「君達がいたから出来た曲をこれから歌います。聴いてください、生者ノ行進!」間違いなくCIVILIANの代表曲の一曲。ステージと観客席が一体になる曲。一緒にライブを作り出す曲。
そして、ファンも待っていたかのように途中のコーラスをこれでもかと全力で歌う。その上でコヤマヒデカズが歌う。最高の景色、最高の瞬間。この楽曲の持つ高揚感は際立っていると思う。

16曲目、コーラスのかかった綺麗なギターが鳴る。美しい。
「こんな歌、誰にも届くわけがないって思って、そういう思いで作った曲が、いざ歌ってみたら本当に沢山の人に届いて、良いと言ってもらえて、この歌の最後の歌詞のようになったという、そういう歌です。聴いてください。」
おお、ここでくるか!「メシア」。ダメだ、この曲をライブで聴いて泣かなかった事は今までないんだ。胸が締め付けられて涙が出てくるんだ。彼らの楽曲で一番エモーショナルだと思っている。今日もこの楽曲に救われて涙した人が一体どれだけいる事か。まさに救済の一曲。演奏してくれてありがとう。と言いたい。

17曲目、ミュージックビデオの篠原ともえの熱演も記憶に新しい「顔」。自分の顔が嫌い。というテーマのこの曲。とても静かに熱を内包した3人の演奏が素晴らしい。
CIVILIANの曲はどの楽曲もそうなのだが、歌詞がとても印象的で、「メシア」からのこの曲は涙が止まらない。音の力、言葉の力、コヤマヒデカズの歌唱、音楽は人を救える可能性を秘めているんだ。という事を心から信じさせてくれる。CIVILIANはそんな稀有なバンドだと再確認させられる。

ここで、長尺のMC。
「本当に小さい頃から歌う事が大好きだった記憶があります。両親にカラオケ連れて行ってもらったりとか、自分の歌を本当に小さい頃から録音する遊びをやっていました。その時はもう自分の声が嫌いだとか、自分の見た目が嫌いだとか、性格が嫌いだとか、一切考えないでただ自由に声出して他愛も無い人の曲を歌って、それを録音して友達と録音した声聴いてゲラゲラ笑いながら、あー楽しいなって事しか考えてませんでした。どんなに頑張ってもあの人には届かないって思い知ったのはいつだったろうか。自分がどんなに努力をしようと、掴めない物があるって知ったのはいつだったでしょうか。でも、僕はずっと一つの事を胸に曲を作ってきました。他人の歌っている歌は他人の歌でしかありません。だから、自分のこの感情を誰が救ってやれるんだろうかってずっと思ってました。時には誰もかけてくれなかった慰めの言葉だったり、時にはどうしても言えなかった謝罪の言葉だったり、警察に捕まってもいいから、どうしてあいつの事ぶん殴ってやんなかったんだろうって思いだったり、法律が許せば躊躇なく殺してやるのにって思いとか、そうやって出来た僕とCIVILIANの愛しい子供達が今日もみんなの胸に何か残してる事を祈りながら最後の曲を全力で歌いたいと思います。本当にありがとうございました。」
コヤマヒデカズの言葉はとても真っ直ぐで、嘘がない事が分かり、心に直接訴えかけてきた。素晴らしいMCだったと思う。

そして、本編ラスト18曲目、アルバム「eve」のある意味最後を飾る楽曲「明日もし晴れたら」。
深い深いギターの音像の中ドラムがエイトビートを鳴らし、アルペジオと共に歌が始まる。ステージ上の3人も音も言葉も全てが全て美しい。一編の物語を3人で紡いでゆく。間奏で感情が爆発する。3人の演奏が激しくなり、展開が変わり、そのままラストの盛り上がりになだれ込む。ラストのアルペジオの上に歌?の逆回転の音が流れ、シューゲイザーのような滝のような音像の中、3人の演奏が爆発的に盛り上がりを見せた。なんという終わり方。演奏終了後のギターノイズすら美しい。

そして、3人がステージを去ると同時に会場からはアンコールを求める大きな大きな拍手。

会場が再度明るくなり、ステージに有田と純市が現れ太く低い声で「ありがとうっ!」と一言。これも定番だが、コヤマは言わない。いつか武道館に立つ時に言うと約束をしている。その日が待ち遠しい。
そして、これも定番。有田からの笑いを取りにゆくグッズ紹介。会場からは笑い声が溢れ和やかな空間。この、演奏中のヒリヒリした空気と有田主導のMCでの和やかさのギャップも彼らの魅力だな。と思う。

コヤマ「俺たち3人が始まった時に出来たとても大切な曲です。聴いてください、暁。」と始まったアンコール1曲目「暁」。アンコールの定番曲。個人的にこの曲を聴かないとCIVILIANのライブは終われない!
終始タイトでエッジが効いていて、疾走感のあるシンプルにカッコ良い楽曲。サビのメロディが大好きな一曲。間奏が本当によく出来ていて、三位一体感を凄く感じる。

コヤマ「CIVILIAN One Man Live 2018 “again & again”に来てくれて本当にありがとうございました。今まで応援してくれて本当にありがとう。そして、これから先も僕らCIVILIANをよろしくお願いします。ありがとうございました!」と最後にもう一度感謝を述べた。

アンコール2曲目、本当に今日最後の曲。
まさかの再度アルバム「GLORIA QUALIA」から、アルバムの最後を飾る「彗星」。
コヤマヒデカズ、Lyu:Lyu、CIVILIAN、全てを回収する演奏。やはり彼らの音と言葉の力は本物だ。観る度に観る度に大きくなってゆくのを感じる。
間奏、ギターの轟音にドラムがパワフルに強靭に入り、そこから一気にクリーントーンのアルペジオと歌だけになる。そして、3人でラストのサビを熱演。本当に熱演という言葉がよく似合う、熱く深く力強い演奏だった。

演奏後、コヤマヒデカズから一言「とても楽しかった、ありがとう。気を付けて帰ってください、CIVILIANでした。」とあり、3人はステージを去った。

完全燃焼。そんな言葉が本当によく似合うようなワンマンライブだった。もう心残りはない。そんな気分にさせられた。美しく力強く、でも儚さを内包したCIVILIANならではのライブだった。

彼らは2018年数え切れない程のステージを経験してきた。そして、2019年全国ツアーを控えている。今日発表があった東京マイナビBLITZは今までとキャパが違う。
少しずつ少しずつ、でも確実に彼らの言う武道館のステージに近付いていっている。
そして、その日が来た時彼らの演奏の凄さや説得力は一体どれ程大きなものになっているのだろうと、ふと思った。

今現在でも、とんでもない表現力と個性を持ったバンドだ。それこそ、ライブ中に「最強!」と思わせる程。これが、更に更に成長した姿が楽しみで仕方ないし、絶対に目撃したいと思う。

これからもCIVILIANの動向からは絶対に目が離せないな。と確信するに余りある素晴らしいライブだった。この余韻は暫く続きそうだ。

【セットリスト】
01, セントエルモ
02, ぜんぶあんたのせい
03, 何度でも
04, 残り物の羊
05, どうでもいい歌
06, ハロ / ハワユ
07, あなたのこと
08, 神経町A10街
09, ドッペルゲンガー
10, ランララ
11, 回転
12, ハッピーホロウと神様倶楽部
13, 赫色 -akairo-
14, bake no kawa
15, 生者ノ行進
16, メシア
17, 顔
18, 明日もし晴れたら
-Encore-
19, 暁
20, 彗星

————————————
2018年10月11日 SHIBUYA WWW X
CIVILIAN One Man Tour 2018 “again & again”

text by 邑田航平

photo by makiko takada

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP