_MG_0605

乃木坂46過去最大スケールでアンダーメンバーが飛躍、2016年は新しいステージへ!

_A1_4078
_MG_0227

2015年12月17日より『乃木坂46 アンダーライブ at 日本武道館』が開催され、13枚目「今、話したい誰かがいる」のシングルによるアンダーライブとなった今回は、計20000人が来場し、日本武道館2日間と過去最大規模になった。

開始早々、”ノンストップコーナー”として「嫉妬の権利」から始まり、「自由の彼方」「13日の金曜日」を歌いあげ、全12曲ヒット曲を立て続けに披露。
途中のDANCEパートでは一人一人のソロパフォーマンスがあり、日頃メンバーが見せないクールな表情、一転してとにかく可愛い表情を見せたりと実に豊かな内容でファンを楽しませたメンバー。

その後堀未央奈がMCで「みなさ〜ん!ついについに!アンダーライブが武道館にやってきましたよ〜!」と大きな声で投げ掛けると、割れんばかりの歓声と会場に光り輝くサイリウムが一体となって応えた。

続いて”全員センターコーナー”では、2日間に分けて全アンダーメンバーがランダムでセンターになり楽曲を披露。
「おいでシャンプー」や「何度目かの青空か?」など往年のヒット曲も交えながら構成されたセットリストはファンも堪らない様子だ。
「立ち直り中」のセンターを務めた寺田蘭世は、「一番先頭にいると、誰も見えないから不安で、振りを間違えたらどうしようかと思ったけれど、センターに立って歌わせてもらってすごく嬉しかったです」と歓喜の気持ちを語った。

ライブ終盤には、ラストスパートとして「ぐるぐるカーテン」「走れ!Bicycle!」「バレッタ」を披露し、中元日芽香「最初の頃は会場を埋める事ができず悔しい想いもしたけれど、少しずつお客さんが増えていって”武道館でアンダーライブをやりたい”という野望を持ちました。
今日こうしてアンダーメンバーだけでこのステージに立ち、こんな素晴らしい舞台に立たせてくれた皆さんに心から感謝します」と言い、「君の名は希望」をメンバー一丸となって歌い上げ本編が終了した。

アンコールでは、歴代の乃木坂46アンダーメンバー伊藤万理華、井上小百合、齋藤飛鳥、衛藤美彩、星野みなみがサプライズで駆け付け、アンダーライブの思い出をファンと共有しながら、「左胸の勇気」を披露。
涙を浮かべながら衛藤美彩は「みんなの力で勝ち取った武道館は本当にすごいと思います!私もこの喜びを同じステージ上で、少しでも分かち合えたことをとても嬉しく思います。」と感激を顕わにした。

最後は、堀未央奈が「武道館ライブを実現させてくれた会場の皆さんと一緒に歌いたい」と言い「乃木坂の詩」をファンと共に歌い上げ、乃木坂46アンダーライブ武道館全公演が終了と思われたが、会場から割れんばかりの”ながさんコール”が起き、初日の武道館に卒業発表した永島聖羅が再登場。
「まだまだ終わりたくたいの?」と声を掛けると、大歓声が起こり「それでは聞いて下さい、ハウス!」の掛け声でステージにメンバーが集合し熱唱した。会場は永島聖羅のサイリウムカラーの”黄色”に包まれ幕を閉じた。

乃木坂46が他のアイドルグループと異なるは、常に謙虚で前向きな所だ。
公演中は何度も頭を下げ、全力で歌い、踊り、躍動する。「感謝の気持ち」と「ひたむきさ」がかけ合わさったライブだった。
次世代のアイドルシーンを担う今後の乃木坂46アンダーメンバーにますます目が離せない。

『乃木坂46 アンダーライブ at 日本武道館』セットリスト
<1日目>
M1:嫉妬の権利
M2:自由の彼方
M3:13日の金曜日
M4:ダンケシェーン
=DANCEパート=
M5:狼に口笛を
M6:生まれたままで
M7:指望遠鏡
M8:他の星から
M9:孤独兄弟
M10:サイコキネシスの可能性
M11:ハウス!
M12:命は美しい
=全員センターコーナー=
M13:太陽ノック(斉藤優里)
M14:君は僕と会わない方がよかったのかな(和田まあや)
M15:あの日、僕は咄嗟に嘘をついた(永島聖羅)
M16:会いたかったかもしれない(新内眞衣)
M17:私のために 誰かのために(堀未央奈)
M18:水玉模様(北野日奈子)
M19:ロマンティックいか焼き(渡辺みり愛)
M20:転がった鐘を鳴らせ!(相楽伊織)
M21:制服のマネキン(能條愛未)
M22:僕がいる場所(伊藤かりん)
M23:涙がまだ悲しみだった頃(伊藤純奈)
M24:ぐるぐるカーテン
M25:走れ!Bicycle
M26:バレッタ
M27:左胸の勇気
=本編終了=
EN1:今、話したい誰かがいる
EN2:シャキイズム
EN3:月の大きさ
EN4:君の名は希望
EN5:悲しみの忘れ方

<2日目>
M1:嫉妬の権利
M2:自由の彼方
M3:13日の金曜日
M4:ダンケシェーン
DANCEパート
M5:狼に口笛を
M6:生まれたままで
M7:指望遠鏡
M8:でこぴん
M9:無表情
M10:サイコキネシスの可能性
M11:ハウス!
M12:命は美しい
=全員センターコーナ−=
M13:おいでシャンプー(斎藤ちはる)
M14:別れ際、もっと好きになる(鈴木絢音)
M15:僕が行かなきゃ誰が行くんだ?(樋口日奈)
M16:ロマンスのスタート(川後陽菜)
M17:立ち直り中(寺田蘭世)
M18:何もできずにそばにいる(山怜奈)
M19:そんなバカな...(川村真洋)
M20:世界で一番 孤独なLover(佐々木琴子)
M21:春のメロディー(中元日芽香)
M22:何度目の青空か?(中田花奈)
M23:ぐるぐるカーテン
M24:走れ!Bicycle
M25:バレッタ
M26:君の名は希望
=本編終了=
〜ENアンダーライブ歴史メドレー〜
EN1:
ここにいる理由
あの日、僕は咄嗟に嘘をついた
扇風機
初恋の人を今でも
ガールズルール
EN2:左胸の勇気
EN3:乃木坂の詩

DEN 1:ハウス!

リリース情報:
「ALL MV COLLECTION〜あの時の彼女たち〜」
<完全生産限定豪華盤>
*Blu-ray
・完全生産限定盤(SRXL-80〜3 税抜 11,111円)
4BD(MV54曲+新MV3曲+Making映像)+豪華ブックレット+シングル表題曲MV画像生写真
(各表題曲2種ずつ、合計26種類のうち1種をランダム封入)+豪華スリーブ仕様

*DVD
・完全生産限定盤(SRBL-1680〜3 税抜 10,185円)
4DVD(MV54曲+新MV3曲+Making映像)+豪華ブックレット+シングル表題曲MV画像生写真
(各表題曲2種ずつ、合計26種類のうち1種をランダム封入)+豪華スリーブ仕様

<通常盤>
*Blu-ray
・初回仕様限定盤(SRXL-84〜7 税抜 9,259円)
4BD(MV54曲+新MV3曲+Making映像)+ 初回仕様のみシングル表題曲MV画像生写真
(各表題曲2種ずつ、合計26種類のうち1種をランダム封入)
※初回仕様プレス分が店頭で売り切れとなった場合、MV画像生写真の封入特典がない4枚組の通常盤へと切り替わります。

*DVD
・初回仕様限定盤(SRBL-1684〜7 税抜 8,333円)
4DVD(MV54曲+新MV3曲+Making映像)+ 初回仕様のみシングル表題曲MV画像生写真
(各表題曲2種ずつ、合計26種類のうち1種をランダム封入)
※初回仕様プレス分が店頭で売り切れとなった場合、MV画像生写真の封入特典がない4枚組の通常盤へと切り替わります。

<表題盤>
*Blu-ray
・表題盤(SRXL-88 税抜 4,630円)
1BD(全シングル表題曲MV13曲入り)
※表題盤には表題曲MV画像生写真の封入はございません。

*DVD
・表題盤(SRBL-1688 税抜 3,704円)
1DVD(全シングル表題曲MV13曲入り)
※表題盤には表題曲MV画像生写真の封入はございません。

関連リンク:
乃木坂46:オフィシャルYouTubeチャンネル
乃木坂46:official website

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP