Yamakatsuのロコドリズム Vol.34 – Yuly

あけましておめでとうございます!

今年一発目のコラムは私yulyが担当させていただきます。

2019年。
山活は今年で結成8年目を迎える年になりました。

わたしたちは結成当初から
ずっとメンバーが変わっていません。
そしてスタッフもずっと変わらず
このメンバーで活動を続けてきました。

昨年の周南市文化会館ワンマンライブ「ISHIN」の前の撮影のときに撮ったこの写真。

メンバーからカメラマンさんにお願いして撮ってもらいました。

とっても気にって私は待ち受けにしてます。

せっかくなので、知ってる人もいるかとおもいますが(特に玉P)、現場で会ったときに話しやすいようにスタッフさんをご紹介しときますね!

まずは
言わずと知れた玉P(真中下)
山活の大黒柱です。
山活イズムそのものです。笑
山活の楽曲の作詞を全て描いてくれています。
いつも一番近くで私たちをみてくれているから等身大の姿をありのままメッセージに詰めてくれています。
まっすぐ心に刺さるその歌詞に私自身もなんども救われました。
大阪や東京までの遠征は車移動。
その中で私たちは寝ているだけですが、
遠征の運転も全てしてくれています。
私たちが遠くまでライブをしに行けるのも全て玉乃井さんのお陰です。
とにかく厳しいけど、信念を貫いた先を見せてくれる人です!

りこ先生(左下)は
私たちのダンスの振り付けをずっとしてくださっています。
いつもカッコいいのを考えてくれるので引出しの多さにもビックリします。
それだけではなく、普段の活動を通して悩み事やちょっとしたことでもすぐ気づいてくれてそっと声をかけてくれる、私たちにとってお姉ちゃん的な存在です。
スタッフさんの中に女性がいることは大切だと思います。
なんでも相談できる心の支えです。
あと、よく女性スタッフさん綺麗な方ですね!と言われます。

藤井さん(右下)
ジャケットやポスターグッズなどのデザインからキャッチコピー、写真撮影などをずっとしてくださっています。
IDREAM、イグニッションの頃は衣装まで考えてくれてました。
とにかくシンプルにかっこよくしてくれます。
仕事に対する考え方などのアドバイスをもらい、私たちのことを影でたくさん支えてくださっているお母さん的存在です(笑)
玉乃井さんを山活のプロデューサーとして引っ張って来た人でもあります。
玉乃井さんがアクセル、藤井さんがブレーキです。

メンバーも、スタッフも変わらず8年目を迎えた私たち。
去年は結成当初から目標としていた周南市文化会館でのワンマンライブをしました。
そして、また今年も!
周南市文化会館でのライブが決定しました!

1度目はみんな義理と人情もありきてくれる。
しかし、2回目が本当に勝負だなと感じてます!

地元のアイドルとして、ずっと目標としていた文化会館でのワンマンライブを終えて、
少し自信がつきました。

でもまだまだここからです!

定期的にここでライブが行えるような存在になりたい。
と思うようにもなりました。

2回目の文化会館でのワンマン。

ここをかならずまた成功させたい!

そのために私たちは今年
アルバムリリース
それを引っ提げてのツアー
勝レース参加!

わくわくすることをみなさんとたくさん作っていきたいと思ってます。
2019年もまだまだわたしたちは走り続けていきますので!
みなさんついてきてくださいね!!

ライブを通して
これからもみなさんの背中を押していきます。

Yuly

Yulyアイドル

投稿者の過去記事

山口活性学園のリーダー。元々はアーティストとして活動していたが、2012年9月に山口活性学園へ加入。メンバー随一の歌唱力でメンバーをけん引する。
地元TV局のリポーターを務めたり、番組企画でハーフマラソンを完走するなど、地元メディアへの露出は高い。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP