[Live Report] King Gnu – 2019年4月12日 King Gnu One-Man Live 2019 “Sympa”@新木場STUDIO COAST

その日は新木場Studio Coastの会場が人人人で埋め尽くされた。当たり前のようにチケットはSOLDOUT。その空間は薄ぼんやりとした照明の下、隅から隅まで、階段に至るまで彼らの登場を今か今かと待ちわびている。ライブ前のこの熱が募っていく空気感がたまらない。そうして完全に人が入りきった頃、「sympaⅠ」が流れだす。ゆっくりと照明が上に上がっていく。手を振りながらメンバーが舞台上に並び、ついに最高にカッコいいKing Gunのツアーファイナルsympaはようやく開幕である。

1曲目はアルバムそのままの流れで「Slumberland」常田大希(Gt.Vo.)はマイクではなく、拡声器をひっさげて広いステージを闊歩する。彼らの音楽が走りだした。目の前の観客に向かって、目線を合わせるように膝を曲げ、拡声器を通して歌う様子は、もはや怪しい露天商とか、教祖にすら見えてくる。これがKing Gun。無茶苦茶で、理解できなくて、それでも圧倒的にかっこいい。身体を揺らしながら、舞台中を動きながら、聴くもの・見るものの意識全てを、のっけから彼らの音楽の渦の中に落とし込んでいく。


曲が終わりギターを受け取った常田は手をつきあげ、ピースサイン。すぐに2曲目「Sorrows」が流れ出す。彼は先ほどとは打って変わってその場にとどまって、今度は井口理(Vo.Key.)が自分の番だとでも言うように暴れ出す。静かに自然と沸き起こった拍手が一瞬会場を包み込む。なんとも荒っぽい、気が急いてしまうような歌いあげ方だ。それはどこか観客に問いかけているようでもある。「ライブははじまった。乗り遅れるな。ついてくることができるか」それが歌声になって、演奏になって、こちらに叩きつけられる。まさに彼らの音に「酔いどれ踊れ 全てを忘れるまで」。

「今日はお越しいただいてどうもありがとうございます!新木場コースト盛り上がろうぜ」と井口の一声。


そのあとの3曲目は「Vinyl」井口がハンドマイクで怪しく歌い上げる。揺らめくようなライトの下、のらりくらりステージ上を歩き回る。二番歌い出しの「騙し騙し」のアレンジがずるい。誘うように、波紋がひろがって、頭が痺れてくような、グルーヴ感。間奏時井口が「大希、ギター」と告げた瞬間、彼が一歩前に進み、爆発するようにかき鳴らす。音が膨れて、心により一層近いところで響いてくる。この楽曲は歌の終わりまでで、上がったり下がったり、ジェットコースターのようにめまぐるしい。息つく暇もないくらい。だからこそ新井和輝(Ba.)がこの揺れを支えてくれることに安心する。心置きなくブレられる。

「Thank you!たくさんの人が集まっていますね。次の曲はみんなで大合唱しましょう」そういってはじまる4曲目「McDonald Romance」。キィンと音がする。会場全体に緑の光が行き渡る。先ほどの2曲と比べると、心なしか少し弱いような、とても優しい音が鳴らされる。みんなで歌うことを考えての演出が小憎い。かと思えば2番ではお手本を示すかのように、常田がわかりやすく、丁寧に、強まった音で歌い上げる。加えて後半の「焼き付けて」の繰り返し。勢喜遊(Drs.Sampler)の音があまりにも気持ちよく耳に響く。毒牙を抜かれていくような感覚。音に操られる。


「イエーーーーーイ!」手を挙げ楽しそうに井口が笑う。ドラムの音が強まる。5曲目「ロウラヴ」。先ほどが合唱なら、今度は圧倒的ワンマンショー。先ほどまで会場全体が見渡せた照明は暗くなり、ステージ上は真っ白な光に覆われ、4人のシルエットだけがぼんやりそこに浮かぶ。君臨するように、サビでは「歌えー!」と叫ぶ。歌わされる。真っ暗から明るくなっていく。サビへ向かう期待感。みんなで声を合わせる楽しさをこれでもかと言うほど味わうことのできる1曲。

入りのうねる音。歌い出しがどこか間延びしていて、いつもの、イヤホンから聴いているより何倍も、メロウで、暑くて、苦しい。そんな6曲目「Bedtown」。暗くなったり、光が走り回ったりしない。狭いライブハウスの「ライブっぽい」音楽。そんな派手な演出がない分、音楽として不要な部分を削り取った鋭さが、まっすぐで眩しい。空恐ろしくも思えるような先導者の歌だと強く感じた。

続く7曲目「NIGHT POOL」。スモークが焚かれ、淀む空気。まるで夢をみているかのような、私たちが各々思い浮かべている幻想の世界に連れてこられたような、不思議な感覚に陥ってしまう。声と光の渦。荒々しいとは違う、この破壊力は一体どこから、どんな風に生まれてきているのだろうか。ふとこの曲の中で、歌声で聴く人を魅了するセイレーンを思い出した。彼らがそういった存在なら、迷わずみんな海の中に飛び込んでしまうだろうな、と勝手に思う。それくらいやばい。手の施しようがない。


「ここでKing Gnu史上もっともご機嫌でファンキーな曲、やりたいと思いまーす!」わあと期待の歓声がおこる。「白日」…えっ白日?なんとも茶目っ気たっぷり。遊び心がすぎる。そんなこんなで8曲目は「白日」。ドラマのタイアップ曲にもなり、大きな話題を呼んだこの曲を叙情的に高らかに、井口が歌う。決して優しく語りかけるようではないのに、こんなにも心揺さぶられるのは一体何故なのだろう。泣いてしまう。淡々としたリズムで進行していくのに、こんなにもぐちゃぐちゃにされてしまう。白い光がくるくると観客の上を回りながら照らしていた。次第に音が膨らんでいくようになり、Cメロ、井口1人の独白にだんだんとメンバーの声や音が重なって厚さを増していく演奏。最高。

ここで舞台中央、常田のピアノで9曲目「Sympa」が朗々と奏でられた後、10曲目「Hitman」。名前に似合わず(といっていいのかわからないが)しんみりとした、落ち着いた1曲。白日からこの歌の流れがあまりに優しすぎる。次第に熱を帯びていくような過程が感じられて、その上で終わりには叫びだすような、音、音、音。世界が歪んだような気がした。

地鳴りみたいなドラムの音がしたかと思ったら、マイクから漏れ出す息遣い。11曲目はアルバム未収録曲の「Vivid Red」。会場の人たちも身体を止め、しっとりとしたその音楽に聴きいっている。一定のリズムで芯を揺らすドラム。最後のサビに用意された、全て準備だったみたいな、それくらいの完成度の終わり。声の広がりも、柔らかさも、光も、色も。でも肉体のある、現実感を伴った感覚がきちんとあって、これらがメンバーの技術とか、能力に裏打ちされたものだと感じられてよかった。その一方で声も含めて楽器みたいだと思ったりもする。ある意味で無機質感がライブなのにある、というか。それを曲の中に落とし込めるから、リズムと、声と、音と、いろんなもののマッチが混ざり合って気持ち良いのかもしれないと思った。

少しの間の後、おかしくなったゲーム機みたいに、異常発光と音声を繰り返し続ける。勢喜のドラムソロが響き渡る。そのうちなんとなく聞いたことのあるワードが音声に混ざり始める。そして気づく。ああついに12曲目にして「Flash!!!」のおでましだ。ちかちかと激しく焚かれるフラッシュよろしく、点滅を続ける光。常田と井口の2人が掛け合うみたい、高め合うみたいに呼応しながらのぼりつめていく(井口はタンバリンぶん回しながら)。光の中でコマ送りのアニメみたいに動く彼らを見ながら、確実にやばいものだと言うことを感じていた。これ見続けていたら確実に興奮で脳、バグっちゃうんじゃないか。

「改めましてこんばんは。King Gunです。いろんな地をぐるぐる、ぐるぐる回りこの地に帰ってきたぞー!さて今回実は収録入っています。みなさん、しっかり盛り上げてください。と言うわけで中盤なので、アコースティックいきます」



13曲目は「Don’t Stop the Clocks」。「愛しい人よ」なんて歌詞がここで待ち構えているの、本当にどうにかしている。もちろん良い意味で。全ての音が際立って聴こえてくる。まるでその1つ1つが私たちの元へ飛び込んでくるみたい。

アルバムの曲順そのままに14曲目は「It’s a small world」。音はエロティックで艶っぽく、歌う彼が会場に首を揺らす様子が、かっこよい。静かに手拍子がそこここから捲きあがる。「Shining Shining Shining Shining」と4つ並んだところ、井口の「say」で皆声を揃えて、歌う。彼はそれに「ありがとう」と返す。そして終わったかと思わせるような、無音の後でもう一度ラストの繰り返し。痺れちゃうね。

15曲目「破裂」。親が眠る前に読んで聞かせてくれたおとぎ話みたい、そんな風に諭すような歌い方からはじまる。ゆるりと引き伸ばされた音が、今の会場のためにカスタマイズされたみたいで、とてもちょうど良いな、と思った。とろとろと現実と夢の境がわからなくなってしまいそうな頃、「いっそ幻の中へと逃げ込めばいい」がダメ押し。

「ツアー回ってきて、最初と最後俺たちも変わってきていると思う。でもあなたたちも仕上がってきてますね」嬉しそうに井口が言う。それに応えるように歓声をあげる会場。「さて終盤になりますが、知っている方もいると思うけれど、次の曲は撮影オッケーです!でも歌える曲だからね、もう今日は声を振り絞って帰るよ!」それに返されたのは、どことなくゆるい「はーーい」の声。「ちょっと温度差があるね…?」「そうだね」と新井がゆるやかに返事をしたところで「今日がファイナル、お願いします」はじまる16曲目、「Tokyo Rendez-Vous」。歌っているかを確かめるよう、サーチライトみたいに会場を回る紫の光。みんなが携帯を掲げ、舞台に向かって手を振る様子はどうにも見慣れなくて不思議な感覚になる。背中に楽器を担ぎ上げ、拡声器で叫ぶ新井の登場。楽しくて仕方ない。井口が「singing!」と言ったから、獣が仲間を呼ぶ遠吠えのごとく、声が集まってくる。最後に井口が手を振り上げて「Thank you!」と叫んだのが印象的であった。


次に続くはここにきて「player X」。17曲目。何度も聴いた奇妙な音楽。おなじみの歩いていくように一定のリズム。でもライブで聴くこの歌は、いつも聴くそれとは違っていろんなものが入り込んでいるようだと思った。普段が純度の高い芸術だとしたら、こっちは泥臭くて、綺麗なだけではない、切実な祈りだ。自分たちのために歌う賛美歌にも思えた。だからこそたまらなく美しいと感じる。

18曲目「あなたは蜃気楼」蜃気楼を思わせる青赤黄色緑のカラフルな照明。盲信のような、会場の一体感。「prayer X」に続くのがこの曲なのだから、なんとも皮肉っぽくて、思わず笑ってしまう。最高だ。繰り返しの「あなたは蜃気楼」の繰り返しが脳内で何度も反響する。彼らの手のひらの上で踊らされているようである。

その勢いのまま、19曲目の「Teenager forever」(アルバム未収録曲)。キャッチーでポップな、ある意味で彼ららしくないとも言える音楽だ。高低差のある、音楽の波に揺らされることが気持ち良い。先ほどとは違った日常感みたいなものが愛おしい。カラオケとかで聴きたい感じ。ライブで聴いているのに、すごく近いところに感じられるのはどうしてなのだろう。一方その頃井口は舞台の上で、ぶっ倒れて暴れまわって、騒ぎまくっている。マイクのコードが心配になるくらいの動き方が見ていて爽快。痛快。

井口が歌い終わって「あーありがとう」と言った後、言葉なく無言の時間が続く。「頑張ってー」の応援の声が上がり、再び彼は続ける。「思えばでかい会場に来ました。僕らも望んでここに来たのですが、やはり壮観です。本当にありがとう。ツアーファイナルで、友達もお母さんも来ているのだけれど、今は通過点で。King Gnuが立つ今を見せられたことが嬉しいです。もっとでかくもっとすごい景色を見せたいので、これからもついてきてください」「次が最後の曲です」

20曲目「The hole」。香り立つみたいなピアノの音。身震いするくらい重厚なドラム。こんなにも力強く穴に落とし込むようなのに、それでも一貫して儚さを感じる演奏に引き込まれる。あなたの存在を確かめて、形をなぞって、「あなたを守らなくちゃ」と歌う。アルバムでも最後を飾ったこの曲が、このツアーでも最後に添えられている。「ありがとうございました」最後にピースサインを出してこれにて終わり。

な、訳もなく、アンコール。「サマーレイン・ダイバー」ゆるやかに解けていくように、井口の上にあげた手が左右に揺らされる。マイクを会場に向け、歌うように促す。なんだか起き抜けのコーヒーみたいだと思った。目覚めたら突然そこにあって、なんとなく嬉しい感じ。こんなにライブで大きな音がそこで流れているのに、癒されて落ち着いてしまう感じ。そして次第に、会場中が見渡せるくらいの明るさになる。そこにいる人間が歌って、身体を揺らして、音楽が満ち満ちて、全体が1つの大きな生き物みたいだと思った。舞台の上を脳みそとした、不思議で、素敵な大きな、化け物。これにて本当の終わり。手を振って、ピックぶん投げて、こっちをみてニコニコしたかと思えば一目散に走り出して、最後は普通かと思いきやルート間違えて、それでもって誰もいなくなった。最高の時間だった。

【セットリスト】
SympaⅠ
1. Slumberland
2. Sorrows
3. Vinyl
4. McDonald Romance
5. ロウラヴ
6. Bedtown
7. NIGHT POOL
8. 白日
9. Sympa
10. Hitman
11. Vivid Red
12. Flash!!!
13. Don’t Stop the Clocks
14. It’s a small world
15. 破裂
16. Tokyo Rendez-Vous
17. Prayer X
18. あなたは蜃気楼
19. Teenager forever
20. The hole

アンコール. サマーレイン・ダイバー

————————————
2019年4月12日 新木場STUDIO COAST
King Gnu One-Man Live Tour 2019 “Sympa”

text by 尾方里菜

photo by 伊藤洸祐/小杉歩

尾方里菜

尾方里菜デザイナー・ライター

投稿者の過去記事

表現することが好きな、どこにでもいる普通の人。思い立ったらなんでもやりたい。我慢できない性質(たち)。
現在はデザイナーとして修行しつつ、このメディアでライターも経験させていただいております。
趣味は写真を撮ることと絵を描くこと。好きな言葉は「鳩だって死ぬところを見るまで不死身だ」よろしくどうぞ。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP