spitz

スピッツ、20年前の『ハチミツ』が今なお愛される理由とは?話題のトリビュートいよいよ今週23日発売!!

jkt

スピッツの名盤『ハチミツ』発売20年を記念した、話題のトリビュート・アルバム『JUST LIKE HONEY -『ハチミツ』20th Anniversary Tribute-』のCDが、今週水曜日に発売となるが、この商品にはスペシャルな対談が封入されていることがわかった。

“1995年の『ハチミツ』と20年後の『ハチミツ』”と題されたこの対談、
音楽専門誌の編集スタッフとして、そしてインタビュアーとしてスピッツの魅力を発信し続けてきた「MUSICA」鹿野 淳と、デビューから現在に至るまでスピッツの制作を担当しているディレクター竹内 修という二人が、当時の日本の音楽シーンやカルチャー事情といった時代背景を交えながら、オリジナル・アルバム『ハチミツ』の制作秘話と作品の魅力を語り、今なお愛され続けている理由を検証している。
「当時を知らない」スピッツ・ファンの方々はもちろん、『ハチミツ』初心者の方々も是非読んで欲しい。

『JUST LIKE HONEY ~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』ダイジェスト試聴映像




『JUST LIKE HONEY ~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』特設サイト

アルバム詳細:
20年前に発売され、ファンのみならず、多くのミュージシャンにも影響を与えた名盤『ハチミツ』
オリジナル・アルバム『ハチミツ』は、「ロビンソン」や「涙がキラリ☆」といった大ヒットシングル曲も収録し、6枚目のオリジナル・アルバムにしてスピッツ史上初のオリコンチャート首位を獲得した、リスナーはもちろんのこと、多くのアーティストたちにも影響を与えている、名盤と称される作品です。
今作は、そんな『ハチミツ』がその後の日本の音楽シーンに与えたささやかな影響を、20年後の今、証明しようという企画で、まさに“1995年のスピッツ”へのトリビュート・アルバムといえます。
さらに、オリジナル・アルバム『ハチミツ』の収録曲11曲に加えて、シングル「ロビンソン」のカップリングで、ライヴでも人気の曲である「俺のすべて」も“ボーナス・トラック”として収録されています。
今作は、CDとアナログLPの2形態で発売します。
CDは2015年12月23日に発売、そしてアナログLPは2016年1月27日の発売です。

アルバムタイトル:『JUST LIKE HONEY ~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』
CD
発売日:2015年12月23日(水・祝)
価格:¥3,000+税  品番:UPCH-2065

アナログLP
発売日:2016年1月27日(水)
価格:¥3,900+税  品番:UPJH-9016 

収録曲
01,「ハチミツ」 赤い公園 
02,「涙がキラリ☆」 10-FEET
03,「歩き出せ、クローバー」 NICO Touches the Walls
04,「ルナルナ」 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
05,「愛のことば」 indigo la End 
06,「トンガリ’95」 LAMP IN TERREN
07,「あじさい通り」 クリープハイプ
08,「ロビンソン」 9mm Parabellum Bullet
09,「Y」 GOOD ON THE REEL
10,「グラスホッパー」 ASIAN KUNG-FU GENERATION
11,「君と暮らせたら」 初恋の嵐 feat. 曽我部恵一
Bonus Track, 「俺のすべて」 SCOTT MURPHY

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP