常田大希 (King Gnu / millennium parade)、限定サングラスコレクション『MYKITA for Daiki Tsuneta』を発表

旗艦店を東京にオープンしてから10周年となるベルリン発インディペンデント系アイウェアレーベルMYKITAが、ブランドにとって日本国内2店舗目となるショップを大阪にオープン。
これを記念、また日本との特別な繋がりを祝福すべく、常田大希(King Gnu/ millennium parade)とタッグを組んだカスタムアイウェアの限定コレクション『MYKITA for Daiki Tsuneta』のリリースを発表した。

いくつもの異なるジャンルからインスピレーションを得てデザインとクリエーションの幅広い分野にわたるアプローチを試みた両者。
常田が数年前からベルリンのMYKITA HAUSで生み出されるミニマリスト的世界観のアイウェアを愛用していたこともあり実現した。

今回発表するコラボレーションコレクションは、MYKITAのシグネチャーである極薄ステンレススチールスタイルを常田が独自の絶妙な配色で再解釈した2つのモデルで構成されています。

パーフェクトなバランスのラウンドフレームKAYOは、Shiny GraphiteカラーのLESSRIMコレクションに、Stone Waterカラーのアセテート製パッドとSoft Grey Solidカラーのレンズを合わせたバージョンと、Matte SilverカラーのフレームとStone Waterカラーのアセテート製パッドにCerulean Blue Solidカラーのレンズを合わせたバージョンが揃います。
パントシェイプのLENNARDは、Champagne Goldカラーのフレームに、透明のChampagneカラーのアセテート製パッドと、Soft Green Solidカラーのレンズを合わせています。
Blackカラーのフレームに、Blackカラーのアセテート製パッドとDark Grey Solidカラーのレンズを合わせたバージョンも登場します。

限定『MYKITA for Daiki Tsuneta』コレクションは、MYKITA Shop Tokyo及びMYKITA Shop Osakaにて11月20日に先行発売。
各カラー135本のみの販売。12月1日より、世界の一部MYKITAショップと取り扱い店舗でも販売いたします。

なお購入者特典として、日本限定の購入者特典として『MYKITA for Daiki Tsuneta』オリジナルの“A1サイズ スペシャルリミテッドエディションポスター”と“ブックレット”がプレゼントされる。


【商品情報】
KAYO Shiny Graphite/Soft Grey Solid color lens
KAYO Matte Silver/Cerulean Blue Solid color lens
LENNARD Black/Dark Grey Solid color lens
LENNARD Champagne Gold/Soft Green Solid color lens

[価格] 各種 \54,000(税別)

[店舗購入者特典]※日本限定
1.A1サイズ スペシャルリミテッドエディションポスター
2.ブックレット

[国内販売店舗]
MYKITA Shop Tokyo
MYKITA Shop Osaka
POKER FACE 札幌店
Continuer
EYETHINK HIROB
OBJ osaka
蒲池眼鏡舗 福岡店

ABOUT MYKITA
2003年創業のMYKITAは、アイウェアのデザインと生産工程の独立したアプローチを持ち、それらすべての部署が一つ屋根の下に集まっているモダン・マニュファクトリーです。
商品が考案されて製造され、店頭に陳列されるまで、すべての工程作業をベルリンのMYKITA HAUSスタッフが行なっています。
MYKITAのユニークな世界観は、素材、製造、そして手工業による独自の芸術的手腕に対しての敬意を表現しています。
創業者Moritz Krueger(モーリッツ・クルーガー)が率いるMYKITAは、進歩的かつオーセンティックな路線を突き進みます。
MYKITAのアイウェアコレクションは、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、東京などの直営ショップ15店舗のほか、80を超える国で一部アイウェアショップ及びセレクトショップにて発売されています。
詳しくは、www.mykita.com、および各SNSチャンネル@mykitaofficialをご覧ください。

ABOUT DAIKI TSUNETA
King Gnu, millennium parade, PERIMETRON と様々なプロジェクトの中心人物として活動。
あらゆるカルチャーを呑み込む日本人アーティスト・ミュージシャン。
東京藝術大学にて西洋音楽を学んだのち、SXSW2017、FUJI ROCK Festival、GREEN ROOM Festival、 Mutekなど国内外多数のフェスに出演し頭角を現わす。
プロデューサーとしても映画やドラマ、CMの主題歌や音楽監督、ファッションフィルムやファッションショーへの楽曲提供など活動は多岐に渡る。
King Gnu
millennium parade
PERIMETRON
Instagram
Twitter

optimanotes

optimanotes管理者

投稿者の過去記事

Optimanotesは日本のWEB音楽メディアです。 アーティストへのインタビュー、ライブレポート、レコードレビューなどを行っています。 また、運営メンバーの面白いと感じたものは音楽以外でも、どんどん取り上げてゆきます。ご意見・お問合せ→info@optimanotes.com

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP