「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.53 – 旅への合図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

来ました。

沈丁花の季節です。
鼻が幸せになる香り。
少し前まで蝋梅が素晴らしい香りを漂わせてくれていました。
常に季節の移り変わりは草花が教えてくれる。

LARNARS!
楽しくなる人達!

‘風に乗った香り
鼻をくすぐったら’

先日CHABEさんの弾き語りライブ配信を見ていまして
この曲を弾き語っていらして。

弾き語りってそれまでとは違う感じ方になるから新しい発見がよくあります。
歌詞がよく頭に入る ←これが私的に多い。
春が来るとフラッとどこかに行きたくなるような
足を伸ばしたくなるような
いつもよりたくさん進めそうな気がします。

‘大好きなシャツに袖を通したら
新しい何かを探しに行こうよ’

浮き足立って弾けた春です。
明るい未来しかない。
‘次の一歩が光る未来を作るから’
この前向きさ、大事。
すすめっ!私!ってなるのです。

sample

羽ばたく蝶々柄のオビを更に結び方で羽が生えたように。

アンティークのキモノが私には小さいので帯下にフリンジのようなレースを挟み誤魔化し盛り。

●今回のアイテム価格

キモノ→2万円代 アンティーク
オビ →2万円弱 アンティーク
価格はたまにうろ覚え…

小さいサイズのものは、気合いで着ます。
だって好きだからっ!という気持ちが勝つので。
ある程度の線引きはしますよ。
無理に着て無理が無理すぎて着崩れてしまったら元も子もない。

●キモノを楽しむ

便利アイテムのご紹介。

おはしょりなしの対丈という着方で着る時は、間延びしないようにオビをずらして巻いて幅出しをします。

と、オビ幅が広くなり腰回りの主張が強くなりバランスが良く見えるのです。
その際に通常の幅のオビイタを使うと、幅出しをした高さの分をカバーできなくなります。

カバー出来ないということは、座った時にオビがクシャッとなってしまいやすいのです。
だから、幅出しした分を補ってくれる大きめサイズのオビイタがあると重宝するんです。

対丈でのオビ周り問題をお抱えの方にオススメ!

ミニトランク

唯一の旅感をミニトランクで無理やり醸し出す。

‘Take a Trip!
Let’s go to the new WORLD!’

春を楽しみましょうね。
花粉症にやられながら…
大好きな春の唯一の難点!

いつもより背筋がシャンと伸びる

心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP