村田悠生「いざイグニッション!」 Vol.32 – 竜とそばかすの姫とSNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「一番いけないのはお腹が空いてることと、ひとりでいることだから」

「サマーウォーズ」での栄おばあちゃんのありがたいお言葉。
こんなに優しいおばあちゃんが他にいるだろうか。いいやいないね。
と、この前テレビで放送していて久々に見ました。
細田守監督の作品は毎回「母親」というイメージを強く感じています。
ぶっちゃけマザコンな村田悠生にはかなりぶっ刺さるんです。
って、全然母親関係ないよーって言われたらそれはそれは恥ずかしい事になりますけどね。

という事で「サマーウォーズ」で予習を済ませたところで見てきました!
「竜とそばかすの姫」
最初予告編を見た時は、まるでディズニー映画のような雰囲気を感じていましたが、実際見てみて、これは和風ディズニーだわー!と確信しました。
いや、良いとか悪いとかそういうことじゃなくてね?
日本でもディズニー映画を感じられるアニメが作れるんだなぁと感動したんです。
「美女と野獣」のパクリじゃなんか!
って思うかもしれませんが、ここはあえてこう言う作品にしているんだと思うんですよね。
その上で「美女と野獣」から差別化した展開になっているので、そこも「なるほどこういう描き方もできるよね」って楽しめる作品になっているんだと思います。

正直僕はアニメーションクリエイターじゃないし、ちょっと映画に詳しいだけの男なので、「竜とそばかすの姫」に一体どんな思惑や思想が隠されているかはわからないし、ここで喋るほとんどが憶測の域をでない。
それでも、自分が自信を持って楽しめる、そしてこの文章を読んでいる読者がひとりでも「楽しい」「読んでよかった」「ありがとう」と思えるのであれば、僕はこれからもその読者のために頑張りたいと思うし、どんなに批判されても、逆に応援してくれる人もちゃんといることを忘れずに精進したいと思います。

おいおいいったいどうしたの?
今回はやけに真面目に(いつも真面目だわ)しゃべるじゃない?
と思った?
「竜とそばかすの姫」は、つまりこう言うことが言いたい作品だったんだと思います。
そしてこの作品の中で、個人的に一番みんなに感じて欲しいところが、作中でのSNSの在り方。

この作品は主人公のすずが、仮想空間“U”の中でBELLという存在になり、歌姫になるという話なのですが、急に出てきた歌姫に対して既存のプレイヤーたちは「だめ」「かわいくない」「うざい」など叩き始める。
いわゆる“アンチ”という存在が生まれるのです。
そしてその“アンチ”たちは執拗にBELLや、その周りの人たちに突っ掛かります。
さらたBELLの前に突如現れた“竜”は、周りの人々を傷つけ忌み嫌われる存在として、自警団に追われ、いつしかそれはBELLにも飛び火していきます。

こんな感じで話は展開していくんですが、この仮想空間“U”での叩きや自警行為に「ひどい」「やりすぎ」と言う感想を持って欲しい。
なぜならこの問題は決して映画の中だけの話ではないと思うのです。
細田監督からのメッセージをとても強く感じたのです。

今の世の中は、個人個人がクリエイティブな活動をするのとても良い環境になりました。
かくいう村田悠生も、こういうWEBメディアでコラムを書かせて頂けている。
誰もが自分の思い通りの創作物を世に出せる時代になったのです。

その反面、その創作物を貶めるのもとても容易い。
確かにネガティブな意見は大切だけど、悪意あるものは別の話だと思うのです。

僕はよく映画のレビューを書いたりします。
正直に「面白かった」「つまらなかった」と忖度なしに話しているつもりです。
ただ、一つの作品を「つまらない」と切り捨てるのは誰にでもできる。
それはレビューじゃない。
そこに「なぜつまらなかったのか」「こうすれば面白く感じたのに」と言うものが必ずあるはずなんです。だってつまらないってことはつまらなく感じた原因があるんだから。
その原因を伝えることができず、ただ「つまらない」と言うのは「意味がわからなかった」受け手側の責任なのではないか?と僕は感じてしまう。
だから僕は作品に「つまらない」と言うのが怖い。
「なにがつまらないか」ちゃんとわかっている時しか言わないようにしている。

つまりなんだと言う話ですが、細田監督はこう言うネガティブな発言に屈しない心を持て!と若い世代のクリエイターに向けてのエールなのだと思うのです。

そしてこれを読んでくれているまだ「竜とそばかすの姫」を観ていない読者さんにも、細田監督の思いが僕を通して伝わってくれると嬉しいと思うのです。

BELLの歌う曲がとてもエモーショナルで気持ちのいい作品です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

村田悠生コラムニスト(タレント)

投稿者の過去記事

劇団東京乾電池を経て現在フリーで活動中
俳優業、声優業、ユーチューバーなど幅広く活動をしています。現在は個人事務所設立を目指して躍進中。
ゆうき13号名義でYouTubeで動画配信中。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP