電子音楽家34423、約6年振りのニューアルバム「Logos UI」を8月20日にリリース! ゲストにermhoi、大比良瑞希参加!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2013年アルバム「Tough and Tender」で世界デビュー。
全国各所でのライブや様々な著名アーティストとのコラボレーションで、常に高い評価を得る。

2015年にはセカンド・アルバムとなる「Masquerade」をリリース。その独自でハードな音の世界観で国内にとどまらず、海外でも高い評価を得た。
その後は、自身の音楽にとどまらず、鈴木光司原作のホラー映画「アイズ」や田中佑和監督「青春群青色の夏」など、様々な映画作品の劇伴も手掛けている。

そして、来る2021年8月20日に待望のサード・アルバム「Logos UI」をアメリカのレーベルForgot Imprintよりリリースが決定!
今作では”次元の違う自分を着る”をテーマに、34423が「過去の自分、今抱えている希望、後悔、感情、そして人生の帰路で選択しなかった自分」を音楽によって表現し、音楽をUser Interfaceとして聞く人と34423の接点を作る事を目指した意欲的な作品となっている。

今作では、デジタルリリースの他、カセットテープでのリリースが発表されており、A面では様々な豪華ゲストを招いた34423’s POPS、B面では34423’s CLASSICSとしてコンセプトが描かれている。

今作には、エレキギターと歌という独自のスタイルのほか、リリックセンスやクールネスとパッショネイトが交錯するスモーキーな歌声で常にアンテナの高い音楽ファンやアーティストから評価を得ている大比良瑞希や、シンガーソングライター、トラックメイカー。エレクトロ・ユニット「Black Boboi」、音楽プロジェクト「millennium parade」のメンバーでもあり、最近では細田守監督の話題作「竜とそばかすの姫」で声優としてもデビューしたermhoiなど、豪華なゲストを迎えて制作された。

また、ermhoiが参加した「GRWM feat.ermhoi」は7月23日にデジタル先行配信リリースされている。田中佑和監督が手掛けたMusic Videoも現在YouTubeにて絶賛公開中だ。
また、今作のアートワークを手掛けたのはKumi Koshioによるコラージュ作品。34423の今作のコンセプトに共鳴し、その類まれで圧倒的な表現力で今作に深みを与えている。

今作は34423のキャリアにとっても転機となるような重要な作品になるに間違いのない、より洗練されたサウンドやアートワークといった、全てを合わせた傑作となっている。


34423 – GRWM feat. ermhoi


34423 – “Logos UI” アルバムトレーラー

Logos UI

Logos UI ジャケット

■アルバム収録内容
A面
1. Nausicaa
2. GRWM feat. ermhoi
3. In 3mins feat. Mizuki Ohira
4. Too Close

B面
1. 34423
2. Translucent
3. Re: Unconscious glamour
4. Have Me

■CDアルバム商品形態
【カセットテープ】
予約/販売サイト

ermhoi

ermhoi

■ermhoi PROFILE
日本とアイルランド双方にルーツを持ち、独自のセンスで様々な世界を表現する、トラック メーカー、シンガー。
2015年1st Album “Junior Refugee”をsalvaged tapes recordsよりリリー ス。 以降イラストレーターやファッションブランド、映像作品やTVCMへの楽曲提供、ボーカルやコーラスとしてのサポートなど、ジャンルやスタイルに縛られない、幅広い活動を続けている。2018年に小林うてなとjulia shortreedと共にblack boboi結成。フジロック19’のレッドマーキー出演を果たす。2019年よりmillennium paradeに参加。2021年3月には”Thunder”をBINDIVIDUAL recordsよりリリース。

大比良瑞希

大比良瑞希

■大比良瑞希 PROFILE
東京出身のシンガーソングライター。
2015年、ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。
FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、GREENROOM FESTIVALなど大型フェスへの出演や、CMへの楽曲提供の他、過去にはLUCKY TAPES、Awesome City Club、Gotch等様々なアーティストのサポートなどでも活躍。
2020年6月には、七尾旅人、tofubeats、蔦谷好位置などが参加し話題を呼んだ2ndアルバム『IN ANY WAY』をリリース。
ゲストボーカルとして、尾崎裕哉やDJ HASEBEなど、様々な作品にも参加。
クールネスとパッショネイトが交錯するスモーキーな歌声と、エレキギターを爪引きながら歌うスタイルは、明るくも物憂げな唯一無二の世界観を醸し出し、ソウルフルかつオルタナティヴにな新時代のシティ・ポップを紡ぐ。

現在ウイスキーブランドジョニーウォーカーによる配信ライブがYouTubeにて公開中

大比良瑞希オフィシャルHP

34423

34423

■34423 PROFILE
東京在住。電子音楽家、トラックメイカー、プロデューサー。幼少より録音機器や楽器にふれ、様々なギミックで独自の音創りをはじめる。硬質なビートを好み、自由な発想で音素材をコラージュしトラックメイキングを行う。
容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年に1st Album『Tough and Tender』をリリース。
現在は、ラップトップの他、モジュラー、コンパクトエフェクターなどのアナログ機材を使用したライブパフォーマンスも話題。
最近ではリズムをテーマとした自身の企画『GNOMONS』や「パフォーマンスをコラージュする」をテーマにした新企画『KOYU PILOT』を開催。
また、鈴木光司原作のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』、ヤマシタマサ監督『東京ノワール』など多岐にわたる映画の劇伴や、広告音楽、サウンドロゴなどの作編曲も手掛けている。

【各種リンク】
<34423オフィシャルサイト>
<34423オフィシャルTwitter>
<34423オフィシャルInstagram>
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

OPTIMANOTES管理者

投稿者の過去記事

Optimanotesは日本のWEB音楽メディアです。 アーティストへのインタビュー、ライブレポート、レコードレビューなどを行っています。 また、運営メンバーの面白いと感じたものは音楽以外でも、どんどん取り上げてゆきます。ご意見・お問合せ→[email protected]

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP