Yamakatsuのロコドリズム Vol.64 – むぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はわたし、むぎが担当します!

今回のコラムは、
大好きで大好きでたまらない
猫のことについて書こうと思います。

我が家には2匹の可愛い可愛い猫がいます。

まず、
11歳のオス、あさひくん!

長いしましま尻尾とくりくりのお目目と
7キロのもちもちボディーが愛おしポイントです。

性格はTHE・猫!という感じで
マイペースでツンデレです。
ぴったりくっついて甘えてくるときもあれば
ぷいーっと知らん顔で寝てるときもあります。
なので甘えてきたときの可愛さは破壊力凄まじいです。

普段あまり鳴かない子ですが、
たまに可愛い声で鳴くんです。にゃ〜んと。

そして、
先日一歳になったばかりのメス、キャベツ!

茶トラ柄は遺伝子の関係でオスが多いのですが、キャベツはレアな女の子です!!
小さくて短い鍵しっぽが愛おしいポイントです。

性格は甘えん坊で
朝起きたらわたしの横にくっついているか、
わたしの上に乗っかってます。笑

キッチンに行くときも
洗面所に行くときもついてきたりするくらいべったりで、名前呼んだら走って来たりと、
まるで犬みたい。

呼んだら返事したり、
よく鳴くからか、
たまに声がかすれてます。笑

そんな2匹と一緒に毎日過ごしています。

おんなじ猫でも
性格もサイズも毛の質感も全然違って面白いです。

我が家の子達が可愛いのはもちろん、
外で見かけた見知らぬ猫でも
足を止めて写真をとってしまうし、
勝手に名前つけて呼んでみたり、
大の猫好きな私。

一生猫と暮らしてゆきたいと思っています。

綺麗な瞳に、ぷくっとした口元、可愛い鳴き声、ぷりっとした肉球、可愛いお手手、もふもふの毛並み、しなやかな身体、愛らしい仕草、気まぐれな性格、撫でたくなる後頭部、、、

あげたらキリがないくらい
猫の魅力は本当に沢山で
一緒に暮らすと癒されます。

なんといっても表情が豊か。
いろんな顔をしてくれるので永遠に見てられます。

あさひくんが初めて犬を見た時の反応なんて
絵に描いたようなびっくり顔で、
今見ても笑ってしまいます。

Twitterでもすごい反響でした。笑

猫って可愛いのはもちろん、
面白い形でくつろいでいたり、
変な行動をしたり、
猫を飼い始めてから笑うことが増えました。

家族にも笑顔が増えた気がします。

おすすめの猫ライフの楽しみ方は、

まず眺めること。

寝てたり、ご飯食べたり、お水飲んだり、
毛繕いしたり、じゃれてたり、面白い行動したり、ずっと見てても飽きないです。

気づいたら時間が経っています。

次になでなで。

顎の下は
だいたいの猫ちゃんが喜びます。
ゴロゴロ喉を鳴らして気持ちよさそうで
永遠になでなでしたいところですが、

気まぐれな猫は
ゴロゴロ言ってたのにも関わらず
いきなり噛んできたり、キックしてきたりします。
そんな自由さも愛おしいです。

二つ目は、
寝転んでる猫のお腹のもふもふに
顔をうずめて、思いっきり吸う!です。

猫吸いと呼ばれていますが、
猫って本当にいい香りがするんです。

ほとんどニオイのない生き物ですが、
干したてのお布団のような
おひさまの香りというか、
なんとも言えない温かくていい香り。

そのまま顔をすりすり〜として猫吸い完了!
癒しパワーが充電されます。

猫好き度がだんだんと増すと、
想像だけで可愛いという域に達しますので
可愛さ無限大です。

もともと動物が大好きでペットが飼いたくて飼いたくて、仕方なかったんです。

それまで猫が特別好きというわけでも
なかったのですが、
あさひくんをお迎えしてから、
すっかりと猫沼にハマってしまいました。

2匹とも保護猫で、
赤ちゃんの頃に我が家にお迎えしました。

里親になったからには幸せにしてあげたい。

動物は喋らないし
何を考えているのか分からないけど
うちの子になって幸せだといいな。

外の世界で生きるのは大変そうで、
家の周りで子猫が生まれると
経済的にも時間にも余裕があれば
全部うちの子にしてあげたいくらい。

世界中の猫ちゃんが
幸せに暮らせるといいなと願っています。

そして
あさひくんとキャベツが元気に長生き出来るように、大切な人家族の一員として責任持って愛情たっぷり育てます!

最後まで呼んでいただき
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

むぎアイドル

投稿者の過去記事

山口活性学園のLINEスタンプやグッズのデザイン、衣装のデザインなどアートワークも手掛ける。
ファッションセンスも抜群で、青文字系のファッションショーなどへ出演。
地元情報番組のレポーターとしても活躍中。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP