「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.58 – 心頭滅却すれば火もまた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

酷暑っぷりが酷くないですか。
こんなもんですか。
まだ酷暑ってませんか。

毎夏文句しか言っていない暑さに弱音ばかりの私です。
今日も朝から冷房つけちゃったよ…

コレしかない!!
‘あついいいいい!!!!!!’

暑苦しいユカタにしました。
何が暑苦しいの?色?
黒×黄色って暑苦しいよねそういうこと?

いや、それもですが

これ、炎。
このユカタの名前は「石川五右衛門」
そう、釜茹で。
‘想像を絶するレベルであつい’
地獄ですね…怖い…
今一度なつのうたのMVを見て和みましょう。

いつか打首獄門同好会のライブに一度行ってみたい。
みんなでスクワットしたい。

ペンギンモチーフを探したけれども皆無。
ペンギンないのか!と逆にびっくりしました。好きなのに持っていないことにも気がついていませんでした。
ほしいものリストに追加。

オビも黒で重たくしようかと思いましたが
少しの涼感を。
’プール入ると気持ちよくてすごい’

‘暑い中で食べるアイスはうまい’
撮っている間にどんどん溶けてきていて、夏め…となりました。

‘キリッとしたし多分大丈夫’
はたして!?

‘あーーつーーーーーいいいいいいいい!!!’

夏にレコード団扇は欠かせません。
オビとオビドメのみ涼感。

‘打ち上げた花火を眺めて’
ピアスとオビドメには空を落ちていく花火のカケラを。

●今回のアイテム価格

ユカタ→3万円代 RumiRock
オビ →4万円代? 何処かのゴフクヤサン
 

●キモノとユカタを楽しむ

以前も何処かで紹介しているかもしれませんが、便利なお道具を紹介。
幅が広い方はずっっっと愛用しているもの、細い方が最近導入したモノ。
ユカタをひと夏に1.2回しか着ないよと言う方もお道具をランクアップして着付けやすいモノにしておくのを小声でオススメしたい!
いや、普通に腰紐で十分いけるんです。
だから腰紐2本あればそれでいいんです。
ただね、、、
すんごい着ていて楽になれる。​
生み出してくださってありがとうゴザイマスと心から思っております。
その名は’すずろ’シリーズ。
細い方がはじめに裾を決めた時に使う腰紐代わりの”すずろ腰紐’
太い方が二本目に使う腰紐の代わりの’すずろベルト’
ゴムなんで、苦しくなりづらいし緩まない。
伸縮性とはなんと体に優しいモノなんだろうか。
アイテムの名前で検索してみてくださいね。

後よく聞かれることですが、私はユカタの時にもエリシンを使っています。

ガッツリまぁるく抜くために。
抜き方は着付けの方法によるので、着付けの手数が増やせると尚楽しくなりますよね。
たまにInstagramのライブ配信でお伝えしたりしていますので、そちらも覗いてください!
Instagram
ID →@choko122

いつもより背筋がシャンと伸びる

心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP