村田悠生「いざイグニッション!」 Vol.33 – ドラマ“ハコヅメ”の緩さは今の世の中に必要な癒しだと思うのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日の訓練目標 泣かない、ケガしない、生きのびる、で行こう

みなさんお久しぶりです元気ですか?
最近はコロナや停滞前線やらで何かと大変な世の中になってますね。
そんな大変な世の中で、みなさんはどんな方法で癒しを感じていますか?
現在は映画に行くのもちょっと気を遣ってしまう状況なので、最近はもっぱらテレビドラマで癒されています。
NetflixやDisney+で海外ドラマも見あさっているんですが、やっぱり日本のドラマが面白いですね。
その中でも最近のお気に入りは、冒頭のセリフのドラマ“ハコヅメ”です。
特にこの作品を待ちわびていたってわけではないんですけどね、たまたまテレビを観ていたらやっていたって感じで見始めたんです。

永野芽郁さん、戸田恵梨香さんと、個人的に大好きな役者さんも出演していたので、こりゃ見るしかないと思って見てみたんですが予想以上に面白かったです。
漫画原作のコメディーってここ最近は某福田組が独占しているイメージで、もうタイトルが違うだけでやってること同じじゃんか・・・と、若干の胃もたれ気味ではあったのですが、この作品はそんな事はなくとてもあっさりとした(とはいえコッテリムロツヨシさんもいますが笑)作品になっていて、ここ最近のストレスを癒してくれるオアシスのような作品になっています。

いや福田組も面白いですよ?あえて間を無視したおふざけの波状攻撃。
たぶん相当こだわりのある監督なんだと思います。自由にやらせているようで、監督の目指す方向は見失わず、その時の一番グッとくるお笑いを引き出す方法に長けている方だと思います。
ただ個人的にはもう少しメリハリのある面白さが好みなので、ちょっとくどいというか脂っぽいというか濃厚豚骨ラーメンにチャーシュー丼つけちゃってスープまで飲み干すみたいな?そんな感じのお腹いっぱい感が否めないうんぬんかんぬん・・・。

閑話休題

この“ハコヅメ”は婦人警官の日常を面白おかしく描きつつ、主人公の1人、藤(戸田恵梨香)が元同僚が関係している事件を探るという、若干のミステリー要素もチラつかせている作品で、おふざけだけじゃなく、ちゃんと次回への引きの強さも持っている良作だなぁと感じました。

今後はアニメ化もされるようなので今とても旬な作品なんだろうなぁと。
漫画は一切読んでいなかったのですが、この機会に集めてみようかなとも思います。

今までは当たり前だった事がとても困難になっていく昨今。
外に出てストレス解消することも難しい世の中ですが、そんな中でも自分なりの癒しを見つけて健やかに過ごしていく。
読者の皆さんもその“癒し”の方法をぜひ見つけてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

村田悠生コラムニスト(タレント)

投稿者の過去記事

劇団東京乾電池を経て現在フリーで活動中
俳優業、声優業、ユーチューバーなど幅広く活動をしています。現在は個人事務所設立を目指して躍進中。
ゆうき13号名義でYouTubeで動画配信中。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP