「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.60 – 進め 僕らの未来は美しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆様お元気ですか。
私は元気です。
大好きな秋、金木犀の香りに包まれる秋。
でも寂しいことや悲しいことも色々あります。

Optimanotesが来年の3月をもって終了となります。
このコラムは2月8日更新で終わり。
今回を含めて5回。
ごかい!!!
おわってしまう!!!

とても楽しく綴らせていただいているので寂しくて悲しいです。
やはりこんな時もいろんな曲が頭を駆け巡ります。
そう、音楽が好きで幸せです。
悲しくても光をくれる。

これからもドンドン続くと思っていたので、とても焦りました。まだまだたくさんの曲候補が!!

なので、今月はそのうちリンクしようと思っていたバンド

アコースティックトラッド楽団
‘東京ゴッドファーザーズ’

「beautiful world」
ライブでは両手掲げて
お〜お〜お〜お〜お〜お〜〜!!

ライブ、めちゃ楽しいですよ。
行きましょう。みんな。
と言うつつ、私も少しご無沙汰でゴッファ不足!

‘髑髏の旗をたなびかせて
進め海賊船’
風よありがとう
いい仕事してくれました。
たなびく髑髏のストール!

明るい未来からの連想で
明けの明星モチーフの
お単衣キモノをチョイス
光を纏う。

バッグは’荒ぶる波をかき分けて’ いく希望の音楽を。
‘歌おう 僕らの未来は美しい’

今回のメインモチーフのひとつ
‘髑髏’
通常のコラムの趣旨とは少しズレますが少しだけ。
これはRoenの過去アイテム。
先日亡くなられたデザイナー高原啓さんのデザインされたもの。
大好きな方でした。
愛を込めて。沢山の愛を込めて。
これからも愛します。

’手に入れたいもの’はなんですか。
〜beautiful world〜

メインモチーフ ’海賊船’
南蛮船ですがネ

宝物のイメージを金糸入りのハンエリ(よく見えない…)と大きな赤いピアスで。
オビアゲはせずに帯を斜めに交差させように巻きました。

●今回のアイテム価格

キモノ→5万円代 C.H.O.K.O
オビ →1万円代 アンティーク
 

●キモノを楽しむ

このオビは夏物です。
9月の秋から冬に向かう時期には夏物は使わないのですが、このオビは
ん?夏…だよね??
絽だよね?(糸を抜いて織ってある暑い季節用←ラフな説明)
ほんと、よく見ないとわからない程度のモノで、しかもアンティークならではの芯地が分厚い!
逆に夏は締めたくないんですけど!というレベルのホカホカ仕上げになるものです。

いつまで経っても仕立て替えをせずに使うたびにあーだこーだ言っているモノです。

だからね、夏じゃなくてもいいんです。(私感)
近年はあんまり気にしないことにしています。
逆になんでそんなにギッチギチに区分しなきゃいけないんだろと。

着慣れてない頃や、販売員として接客していた頃はとてもキチンと季節ものを着わけていました。
間違いがあってはいけない!みたいな。

間違いってなんでしょうね。

気楽に好きに最高に好きにカッコよく居ます。
日常にキモノを着ていた祖母とかラフでしたもん。
決め事アリの場はちゃんとしてましたがね。

季節モノに関しては、自分が暑いか寒いかが重要だと思います。
のぼせたり風邪ひいたりしたくないから。

私は作る側の人間でもあり、それを楽しませていただいている人間でもあり、とにかく着ることでワクワク楽しくなるならそれを謳歌しない手はない と常に思っています。
気合いの入ったビッシビシにカッコいい人たちに憧れて刺激されて生きています。

研いでいきましょうよ。

そして、私の好きとあなたの好きがリンクしたらなんて素敵なことか。
大好きな音楽を一緒に楽しんでもらえるのは
なんて最高な時間なんだろうか。

2月迄
宜しくお願いします。

‘進め 僕らの 未来は 美しい’

いつもより背筋がシャンと伸びる

心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP