「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.61 – いなせなまっしぐら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

結構暖かな日が続いて心地よく、時には日中半袖の方が居たりしますがもう11月なんですよ。
気の早いことに2021年を振り返り出したりしています。

そしてコロナ太りを精算すべく真面目に運動をしております。
運動の秋!
生まれて初めて食欲の秋に勝てそう。
それもこれも
クロマニヨンズ様のおかげ…(?)

「ナンバーワン野郎」
最近毎日のように聞いています。
体を動かしている時に聴くと1番モチベーション上がるんですよ。
聞いていたら楽しくなりすぎて、疲れて辛いのに終われないという時もあり。
(SOBUTとOperation Ivyもいい)

‘ナンバーワン野郎’
イチ!ってしてるだけなんですがね
ナンバーワン野郎聞くとというか、クロマニヨンズを聞くとほんとに元気になるし
すくい上げてくれるんですよね。
あぁ、大丈夫だ、大丈夫
まだやれる!って強くなれるんです。
いつだって。

今回は物凄くシンプルです。
キモノの勢いに集中させました。
巴柄が人生の渦のようで
激しくて強くてエイトビートとかナンバーワン野郎のイメージが繋がりまして。

‘ただ生きる 生きてやる’
エイトビートを混ぜつつ

‘やることはわかってる
立ち上がる
立ち上がる’

このチーター(不明)の佇まいが非常にソレで
生きる力を感じてとても好きです。

ヨシオを挟み込んで葡萄を持たせました。
ヨシオで一気にふざけた仕様になり、葡萄で季節感も取り入れているというコーディネートに。
オビアゲが蔦系の柄なので葡萄との繋がりも出来ます。

わかりにくいんですが、ハンエリには菊も潜ませています。
そして耳には
ザ・クロマニヨンズ

●今回のアイテム価格

キモノ→2万円代 
オビ →2万円
共にアンティーク
 

●グッズを楽しむ

このヨシオはマグネット
普段の住処は冷蔵庫の扉

裏にブローチピンか何かをつけてアクセサリーにするつもりだったんですが、マグネットとしてそのまま大活躍中。
このコーディネートを決めた時にやっぱり金具を裏につけようかなと再度思いましたが、オビジメで挟んでしまえばいいやと気づきました。
ヨシオはまた冷蔵庫に戻ります。

これはブローチピンです。
2ケ所ピンがついていましたが、一つはへし折りヤスリでトゲトゲを削りました。
ピンをピアス穴に刺して痛くない?と聞かれたことがありますがおそらく個人差、私は大丈夫。
痛い人はこちらもへし折って金具を付け替えたらいいです。
これを読んでる方にこのグッズを持っている方がいらっしゃるのかどうか…まずそこですが…

まぁ、言えることは大好きなアーティストのグッズはなにかと幸せになれるので買っておくと良いです。
一気に楽しくなるんですよ!
元気をもらえる。
素敵ですよね。
好きなモノに囲まれて埋もれて生きていきたい。

いつもより背筋がシャンと伸びる

心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP