偶然とスリル、予想もできない、ちょっとした反逆 実験・電子音楽レーベルの最高峰の一つ、ドイツ<raster-noton>よりリリースする日本人アーティストKYOKAとUENO MASAAKIの共同企画によるツアーシリーズFFFが始動。

FLYER_4

実験・電子音楽レーベルの最高峰の一つ、ドイツraster-notonよりリリースする日本人アーティストKYOKAUENO MASAAKIの共同企画によるツアーシリーズ【FIRST FLOOR FESTIVAL】が始動。「偶然とスリル、予想もできない、ちょっとした反逆」をテーマに、最も日本に紹介したい外国人アーティストと最も共演したい日本人アーティストをキュレーションし、画一化されつつある世の中へ可能性の種を蒔き続けるイベント。第一回目は、同じくraster-notonのアーティストであるベルリン在住のGRISCHA LICHTENBERGERを迎えて、2月上旬より韓国・ソウルを皮切りに日本国内5カ所を廻るツアーを開催します。
FLYER_4
【FIRST FLOOR FESTIVAL WEB SITE】
http://firstfloorfestival.info

【TOUR SCHEDULE】
-2/4(木) 韓国・ソウル UNOFFICIAL PREVIEW GALLERY

-2/5(金) 韓国・ソウル CONSTANT VALUE

-2/6(土) 大分・日田 CMVC
OPEN/START 22:00 / TICKET : ADV ¥2000(with 1D) / DOOR ¥3000(with 1D)

-2/10 (水) 東京 UNIT
OPEN/START:TBA / TICKET:RA
新たにOPEN REEL ENSEMBLE -DUO SET-、YOSI HORIKAWAの参加が決定!

-2/12(金)大阪 CIRCUS
OPEN/START 23:00 / TICKET:ADV ¥2000 / DOOR ¥2500(共にドリンク代別途)
チケットのご購入はPeatixにて

-2/13(土)高松 SOUND SPACE RIZIN’
OPEN/START 18:00 / TICKET:ADV ¥2500円 / DOOR ¥3000(共にドリンク代別途)

-2/14(日)東京 SOUP
OPEN/START 18:30 / 19:00 / TICKET:RA

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

愛媛県出身、東京在住。電子音楽家。コラージュ音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年待望の世界デビュー盤『Tough and Tender』(邂逅)をリリースし話題をさらった。
2015年に2nd アルバム『Masquerade』(邂逅)をリリース。
また、鈴木光司原作・福田陽平監督のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』、ヤマシタマサ監督『東京ノワール』など多岐にわたる映画の劇伴や、広告音楽、サウンドロゴなどの作編曲も手掛けている。
2018年は、5月より3ヶ月間デジタル配信での連続リリースを行い、ラップトップの他、モジュラー、コンパクトエフェクターなどのアナログ機材を使用したライブパフォーマンスが話題。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP