絢香10周年記念日にまるで「ベスト盤」のようなLIVEを開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

OK_55
OK_21

2016年2月1日、この日デビューから丸10年を迎えた絢香の一夜限りの特別なLIVE「絢香 レインボーロードTOUR 2015-2016 “一夜限りのMemorial Stage”秘密の裏メニュー発動!!~道は続くよ~」が国立代々木第一体育館で開催された。

スポットライトに照らされてステージに登場した絢香が1曲目に披露したのは「三日月」。アカペラであの誰しもが耳にしたことがあるだろうサビのフレーズを披露するや否や、会場に集まった約12,000人からは会場中に響き渡るほどの大歓声が沸きあがった。

デビューから今日までの10年間を支えてくれたすべての人に感謝の想いをステージ上で何度も語る絢香。10年前のデビュー日にはラジオやCDショップを回り、多くの人が自分の音楽を聴いてくれているということを実感していたエピソードなど語った。

LIVEが進むにつれますますボルテージが上がる場内。虹色に彩られたステージで披露した「にじいろ」では会場中で大合唱が巻き起こる。そして本編のラストには、“わたしと皆を繋いでくれた曲”だと語る代表曲「みんな空の下」を声高らかに歌い上げた。

鳴り止まない歓声に包まれ再び登場した絢香。アンコールでは「夢を味方に」やコブクロとのコラボで大ヒットを記録した「WINDING ROAD」を披露。

そして絢香が最後に選んだ曲は10年前の今日発売したデビュー曲「I believe」。

その場にいる誰しもがその歌声に聴き入り、曲が終わると同時に溢れんばかりの歓声と拍手が鳴り響く。その歓声に包まれながら、深々とお辞儀をするその姿は、これまで支えてくれたすべての人への感謝の想いが込められていたのであろう。鳴り止まない拍手は会場中にその想いが届いたことを物語っていたように思えた。

この日、ファンへのサプライズとして今年9月から開催される自身最大規模となる10周年記念アリーナツアー(全9カ所13公演)を開催することを発表。

この日からスタートとなった絢香の10周年記念イヤー。この1年の彼女の活動から目が離せない。

セットリスト
M1 : 三日月
M2 : おかえり
M3 : melody
M4 : ありがとうの輪
M5 : beautiful
M6 : はじまりのとき
M7 : Ambition
M8 : THIS IS THE TIME
M9 : ツヨク想う
M10 : 手をつなごう
M11 : If I Ain’t Got You(cover)
M12 : Lose control
M13 : No end
M14 : Have fun!!
M15 : にじいろ
M16 : みんな空の下

アンコール:
EN1:夢を味方に
EN2:WINDING ROAD
EN3:I believe

デビュー10周年Anniversary Tour(タイトル未確定) 全9カ所13公演 ※2月1日当日発表
自身最大規模の全国アリーナツアー(自身最多となる約12万人を動員予定)
9月3日(土)、4日(日) 日本ガイシホール(愛知)
9月19日(月・祝) 大阪城ホール(大阪)
9月24日(土)、25日(日) ゼビオアリーナ仙台(宮城)
10月8日(土) マリンメッセ福岡(福岡)
10月22日(土)、23(日) さいたまスーパーアリーナ(埼玉)
11月3日(木・祝) 北海道立総合体育センター 北海きたーえる(北海道)
11月12日(土) 愛媛県武道館(愛媛)
11月23日(水・祝) 広島グリーンアリーナ(広島)
12月17日(土)、18日(日) 大阪城ホール(大阪)

10周年特設サイトオープン
2月1日当日のLIVE終了後からデビュー10周年イヤー特設サイトがスタート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

「どんなジャンルの音楽でも、良いと思った音楽は有名だろうと無名だろうと関係なく、たくさんの人に勧めたくなる。」という特性から、文章執筆素人ながら2015年に突如音楽メディアを立ち上げ、現在はOPTIMANOTESの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

現在は自身のことをライターと、少しは言えるようになっている天の邪鬼気質。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP