[Live Report] 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS – 2019年3月29日 「METALLIC MERCEDES TOUR 2019」 @EBISU LIQUIDROOM

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、「METALLIC MERCEDES TOUR 2019」東京公演だ。ここまで6本ツアーをしてきて、残すのは今日の東京と沖縄だけとなった。過去の経験から、ツアー7本目ともなるとライブはすでに完成度が恐ろしい純度に達しているであろう事が容易に想像出来る。
それだけに、今日これからどんなライブを観せてもらえるのかライブ開始前から楽しみで仕方がない。
先日のインタビューでもベンジーはこのスリーピースが2年かけてバンドになった事を語っていたし、きっと演奏されるであろう新旧様々な楽曲が全て”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”というバンドとして演奏されるのだろう。
この「バンドになった」というのは物凄く大きな事だと思っている。ベンジーとそれを支える2人ではなく、この3人だからこそ出せる音があるという事なのだから。

そうこうしていると、客電が落ち真っ暗な空間に「ベンジー!」という観客達の声が響き渡る。
ステージ向かって右から中尾憲太郎・小林瞳・浅井健一が登場。待ってましたとばかりに会場の熱量が上がってゆく。
赤く照らされたステージ上で小林瞳の4カウントから1曲目「Turkey」。途中青い照明と赤い照明が混じり合い妖艶な雰囲気の中ロックンロールが疾走する。最高だ、、。
あっという間に「Turkey」が終わると、ベンジーから「Hello, Let’s Party!!」と一言。2曲目「どっかいっちゃった」も1曲目のテンションを引き継いで疾走してゆく。「ああ、本当にこの3人はバンドになったんだな。」と最初の2曲で思わされる。素晴らしいバンドのバランス感だ。各楽器の音色の相性もリズム感もその上で歌うベンジーの歌も全ての一体感が素晴らしい。
「どっかいっちゃった」を終えると、ベンジーから「今日はみんな来てくれてありがとう、朝まで騒ぐぞ!」とMC。会場大盛り上がり!

3曲目、2月にリリースされたばかりの「HARUKAZE」。歌詞を敢えて宇宙スケールで描く事で、孤独感や悲しさなんてなくなるんだ。というベンジーの優しいメッセージが会場を埋める。個人的にライブで聴けるのを楽しみにしていたので、とても嬉しい選曲。

4曲目、BLANKEY JET CITYから「ガソリンの揺れかた」。会場大合唱!凄まじい盛り上がり方。やはりブランキー時代の楽曲の人気は凄いなと素直に思わされる。しかし、ステージ上の演奏は間違いなく”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”だ。これぞバンドマジックとでも言うべきか。ブランキーとはまた違う、彼ら3人でしか作り出せない「ガソリンの揺れかた」だった。ベンジーがバンドになった今、色々な楽曲を再現したいと言っていたのを思い出す。

ベンジーから「スーパーベーシスト中尾憲太郎、スーパードラマー瞳」とメンバー紹介、中尾憲太郎から「スーパーボーカリスト浅井健一!」と紹介され、会場の熱量もどんどん上がってゆく。
そして、5曲目PONTIACSから「RED BEE」。怪しい雰囲気を纏った特徴的な楽曲。この楽曲も完全に”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”節に変わっている。

6曲目、ソロ名義から「スケルトン」。ミドルテンポのこれぞベンジーとでも言うべきリズム感、歌詞、メロディの楽曲。ギターソロが美しい。今日もベンジーのテネシアンは最高の音を出している。

ベンジー「ちょっと、新曲やるわ。Preciousっていう大人びた曲なので。、、、、憲太郎、東京帰ってきてどう?」と唐突のMCに会場が暖かい雰囲気に。

7曲目、新曲「Precious」。先にベンジーが言った通り、「大人びた曲」というのがよく似合う。ミドルテンポのブルースロックという感じかな。メロディラインと一緒にメロディを奏でる中尾憲太郎のベースラインがとても印象的だ。後半入ってくる小林瞳のコーラスやその上で被さるベンジーのギターソロも渋い。これは音源化が楽しみだ!

8曲目、ソロ名義から「危険すぎる」。いつも思うけど、この曲はタイトルだけでもう勝っている気がする。そして、曲は文句無しの格好良さ。ちょっとここまでいくとズルイ。
“浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”の演奏する「危険すぎる」は本当に危険すぎる!後頭部ぶん殴られたみたいな衝撃がある!

曲終わりと同時にベンジーの「1,2,3,4」という4カウントで9曲目「ハノイの彫刻」。本当にどの名義でリリースされた楽曲も素晴らしい。もう完全にバンドの音が固まってる。ベンジーがまたこういう完璧って思えるスリーピースバンドを組んで続けていてくれている事を心から嬉しく思う。かっこよすぎて痺れる体験なんてなかなか出来る事じゃない。ありがとうと言いたい。

ここで、チューニングしているベンジーに会場から様々な声が飛んでゆく。「ベンジー!」「ベンジー!宮崎から来たよ!」「ベンジー!平成終わるね!」「平成最後のベンジー!」と皆好き放題にベンジーに話し掛ける。この時間、とても暖かくて好きだ。ベンジーがうまく聞き取れなくて会場みんなに向けて「ありがとう」と感謝を述べて、「俺真面目だよ」と言うと会場も盛り上がる。

そして、本当に自然に次の楽曲10曲目、ソロ名義から「紙飛行機」に入ってゆく。このオンオフについて、ベンジーは「歌いたいからね」とシンプルにインタビューでは答えていたが、やっぱりこの切り替えは凄い事だと思う。

続けて11曲目、BLANKEY JET CITYから「デリンジャー」。好みはあると思うけど、僕はブランキーの「デリンジャー」もキルズの「デリンジャー」も全く甲乙付けられない。どちらも本当に本当にカッコ良いのだ。違ったバンドの良さがあって、とにかく圧倒されるのみという感じがする。

12曲目、2月にリリースされた新曲「ぐっさり」。こちらも曲のタイトルが秀逸。レコーディングでは盟友元BLANKEY JET CITYの照井がベースを弾いているが、ライブでの中尾憲太郎のプレイも素晴らしい。現代のインターネットについて書かれた凄くリアルタイムな歌だと思う。

13曲目、「すぐそば」。アルバムSugarの中でも個人的にかなり好きな楽曲。演奏してくれて嬉しい。一緒に歌いたくなる。綺麗なメロディとコーラス。インパクトのあるギターソロ。中尾憲太郎と小林瞳のリズム隊が本当に柔軟だと感じられる1曲でもあって、強靭なリズムもミドルテンポの雰囲気のあるリズムも、バラード調のリズムもどんなリズムでもこの2人は叩き出すな。と感心させられる。

間を空けずに14曲目「Watching TV」。ほぼインストで構成されたこの楽曲。当然途中に入る「Watching TV」という掛け声を待つのだが、それ以上に演奏の純度が高過ぎて持っていかれる。ギター・ベース・ドラム、3人の凄さを少しも隠さず全部魅せてくれている感じがする。

続けて15曲目「Vinegar」。攻める攻める!会場のボルテージは最高潮。凄い迫力と疾走感。リズムがとにかく強靭で身体ごと音に持っていかれる。これぞロックンロール!

16曲目、JUDEから「愛のChupa Chups」。後半戦、めちゃくちゃ攻めてくる。これで盛り上がらない方が無理ってくらいの勢いでくるよ、なんだなんだ、めちゃくちゃにカッコ良いじゃないか。ステージ前方はすでに大騒ぎのお祭り状態。最高に楽しい!

17曲目、BLANKEY JET CITYから「SKUNK」。キルズのライブで何度か聴いてるけれど、この曲も観る度にキルズの演奏として固まってゆく。ブランキーとは全く別のカッコ良さを内包して、凄まじく強靭なリズムと疾走感で駆け抜ける。

18曲目、本編最後「Beautiful Death」。凄いな。「Watching TV」から、突然テンションが上がったと思ったら、本編最後までその勢いで攻めてきた。この楽曲にはキルズのカッコ良さが全部詰まってるような気がする。浅井健一の歌、ギター、中尾憲太郎のベース、小林瞳のドラム、コーラス、そして1曲の中での強弱のつけ方が素晴らしく、それを体現出来ているステージ上の3人に釘付けになる。

「ありがとう」と一言言いステージからは3人が去り、直後からアンコールと「ベンジー!」という叫び声が会場の至る所から聞こえる。

それに応えて3人がステージに戻る。
ここで、MCを挟んだのだか、ベンジーのツアーで面白かった話に会場は笑い声に包まれて本当に良い雰囲気に。

そして、アンコール1曲目「Fried Tomato」。ごく個人的な気持ちだか、この曲の最後のベンジーの「おかえり」にいつも胸が熱くなる。歌詞が本当に最高。

アンコール2曲目、BLANKEY JET CITYから「ロメオ」。何度でも書くけれども、この”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”ってバンドは、浅井健一が今までに作り出してきた楽曲を全てキルズ色に染めて最高の演奏に変えられる辿り着いた理想郷のようなものなんじゃないかと思う。どの時代のどの楽曲を演奏されても、全く違和感がないし、ただただひたすらにカッコ良いのだ。こんなバンドは他には考えつかない。

アンコール3曲目、JUDEから「DEVIL」。最っ高!「I’m Rock’n Roll Man」。会場、めちゃくちゃ盛り上がったよ、本当に。最後の選曲も素晴らしかった。曲終わりにベンジーから「センキュー、東京エンジェルス!」と一言。痺れる。。

と思ったら、まさかのダブルアンコール!!
嬉しい!ベンジー「アンコールありがとう、あと1曲やるね」と言い演奏されたのはBLANKEY JET CITYから「PUNKY BAD HIP」。会場シンガロング!みんな歌う歌う!もう最高の瞬間!めちゃくちゃ盛り上がったまま演奏を終えて、ベンジーは「また会う日まで元気でね」と今日も言ってくれた。この言葉がどれだけ嬉しいか。

勿論、次またライブへ来れる日まで元気にしますとも!と思える。ベンジーの言葉にはそんな強さと優しさがこもっている。

今日も本当に幸せなライブだった。頭から最後まで”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”の音に酔いしれて、痺れて、興奮して、最高の時間を過ごさせてもらった。
こんなライブを観せられて気分が良くならないわけがない。帰り道頭の中では今日のライブが反復されていて、想像だけでまた痺れる。

”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”の進化は全く止まらない。
これから先、もっともっと凄い景色を観せてくれるのだろうな。と早くも次のライブが楽しみになる。そんなライブだった。

今回のツアーは、後沖縄公演を残すのみだが、音源の発表や次のツアーを待ち焦がれながら待とうと思う。

【セットリスト】
01, Turkey
02, どっかいっちゃった
03, HARUKAZE
04, ガソリンの揺れかた
05, RED BEE
06, スケルトン
07, Precious
08, 危険すぎる
09, ハノイの彫刻
10, 紙飛行機
11, デリンジャー
12, ぐっさり
13, すぐそば
14, Watching TV
15, Vinegar
16, 愛のChupa Chups
17, SKUNK
18, Beautiful Death

[EN1]
19, Fried Tomato
20, ロメオ
21, DEVIL

[EN2]
22, PUNKY BAD HIP

————————————
2019年3月29日 EBISU LIQUIDROOM
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS 「METALLIC MERCEDES TOUR 2019」

【リリース情報】

2019年 5月29日(水)リリース
シングル「METALLIC MERCEDES」

《初回生産限定盤(CD+DVD)》BVCL 964~965 価格:2,200円(税抜)/ 2,376円(税込)
<CD収録曲>(初回生産限定盤・通常盤 共通)
01. METALLIC MERCEDES
02. INDY ANN
03. Freedom

<DVD収録曲>
「浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS Sugar Days Tour 2018 Final at Shinkiba STUDIO COAST」
01. Watching TV ~English Lesson~
02. Vinegar
03. どっかいっちゃった
04. OLD PUNX VIDEO
05. パイナップルサンド
06. スケルトン
07. ヘッドライトのわくのとれかたがいかしてる車
08. すぐそば
09. Turkey
10. Beautiful Death
11. SKUNK
12. Fried Tomato
13. DERRINGER

《通常盤(CD)》BVCL 966 価格:1,000円(税抜)/ 1,080円(税込)

CD予約URL

【ライブ情報】

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS
「INDIAN SUMMER QUATTRO GIGS」

6/22(⼟)名古屋CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 START 18:30   info JAILHOUSE 052-936-6041

6/23(⽇)⼤阪CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 START 18:00   info 清水音泉 06-6357-3666

6/29(⼟)渋⾕CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 START 18:30   info SMASH 03-3444-6751

6/30(⽇)渋⾕CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 START 18:00   info SMASH 03-3444-6751

TICKET ¥5,000 (TAX IN、1 DRINK ORDER)

チケット一般発売 → 4/27(土)一斉発売開始(イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット)

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP