「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.33 – スリルが笑う

ひんやりした夜が多いですね。
7月頭の不安定さ。
スカッと底抜けに明るい曲を聴きたくなる季節到来のはずですが、まだまだ太陽の強さに辿り着けずに
雨の気だるさに引き寄せられました。

今月はエゴラッピン

私、雨の日は女の人の声が聞きたくなるのです。

雨の切れ間に。

‘三角屋根の先端’

帯の下に三角モチーフ入りのスカーフを
三角に折って挟み込んでいます。

カラスのイメージで黒のコーディネート。
夏の黒は暑く見えてしまうから、より着付け方や小物の足し方などに気を配ります。

‘カッコつけたハット’

ハットとユカタを繋ぐ首回り、少しいつもよりも
ゆったりと肌色の分量多目。

覆う部分、露わにする部分のバランスを調整。

「着付け」って基礎的な事はただの目安で
コーディネートや十人十色の個性で変化するものだから、色々試してみてしっくりくるトコロを探してみてください。

‘赤黒ザクロ カラフルな様子’

満足度高い!!

帯結びもタレ先を斜めにして三角作り。

金魚のオビで夏気分。

カラスが好きそうな光る石をつけて作ったピアス。

垂れ下がるザクロの実。

●今回のアイテム価格
ユカタ→貰い物

オビ →10000円くらい

●キモノを楽しむは今月おやすみで!

告知をっ!

現在このイベント真っ只中なのですが
「iroca times C.H.O.K.O」
ラフォーレ原宿2階

14日迄

東の方は是非!

西の方はこちら!

「ファッションとユカタとナツマツリ展 ‘R’」

阪急うめだ本店 1階 コトコトステージにて

7月17日〜23日迄

どちらも楽しいpop up shop です。
是非ふらりとお立ち寄りくださいませ!

いつもより背筋がシャンと伸びる
心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

CHOKO

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP