新鋭シンガーソングライター SARM、シングル曲「I still got it」を7/14(日)よりデジタルリリース開始!

唯一無二のスモーキーボイスを持つ新鋭シンガーソングライターSARM(サーム)による
新曲「I still got it」は、ジャズやブルースに重きを置いたこれまでの楽曲とは異なり、
自身で作詞、作曲にも携わるなど、今の彼女らしさを自由に表現した一曲だ。
上京してすぐに書き上げた「I still got it」の歌詞には、その時の感情や状況などが
ビターな恋愛模様として落とし込まれている。UKガラージのパイオニアであるZed biasと、
MINMIなどのプロデュースを手掛けているPart2Styleが新レーベルを立ち上げ、
今回の楽曲制作に携わっていることにも注目だ。

また配信に先駆け、映像監督のIkuo Yamamotoをディレクターに迎え、全編オーストラリア・
メルボルンで撮影したミュージックビデオを公開。

一人の女の子を主人公に、多様なカルチャーが混在するメルボルンの街での日常と非日常を、
朝から晩まで様々なシーンで映し出している。

これからの季節にぴったりな一曲「I still got it」を、朝起きた時や日差しの強いランチタイム、
汗ばんだビールを飲む時、夜深く寝る頃など、様々な日常のシーンで生活の一部としてお楽しみいただきたい。

今後の活動としては、SANABAGUN.のフロントマンでもあるリベラルa.k.a岩間俊樹との楽曲も
リリース予定だ。

◆「I still got it」についてSARMよりコメント

ー楽曲「I still got it」について
「以前まではジャズやブルースなどに重きを置いて楽曲を制作していたのですが、
今までの自分のやってきた音楽性を一旦忘れて自由にやってみようということで、今回のようなトラックに
仕上げました。ビートが送られてきた時にすぐにメロディが思いついて、あっと言う間に腑に落ちて
完成していました。曲終わりの歌詞『あなたなんていなくたって、あなたなんて愛しい人』は、
曲全体の女の子のキャラクター性をうまく表しています。ぜひ注目してみてください。」

ーMV撮影時のエピソードについて
「オーストラリアでのライブが先に決まり、急遽MVの撮影もオーストラリアで行うことになりました。
印象に残っているエピソードとしては、滞在2日目の夜に監督が酔っ払い、ボルテージが上がっていく様子を
見たこと。それによって自分も気分も上がっていき、後半の夜のシーンなどは気分が乗って終始踊っています。」

◆楽曲情報
タイトル:I still got it
配信日:2019年7月14日(日)
アーティスト:SARM
レーベル:SImones
販売方法:Spotify、Apple Music、AWAなどでデジタル配信
販売先LINK

収録曲/Track list:
1. I still got it

◆アーティストプロフィール

SARM(サーム)
独特のヴィンテージボイスとパワフルなライブパフォーマンスで魅了する、シンガーソングライター。
自らの歌のルーツであるジャズ、ブルース、ソウルをベースに、最新の音楽を融合させた新しい音楽スタイルを
確立し注目を集める。活動は国内に留まらず、台湾、香港、タイなどのアジア圏やオーストラリアでのライブも
盛況を収めた。また音楽のみならず、独自のスタイルを表現したファッション性も評価され、雑誌を中心に
多数メディアにも取り上げられるなど、各方面で活動の場を広げている。

Website
Instagram
Twitter

◆SImonesについて

株式会社SImones(シモンズ)は、音楽とデザインを中心としたクリエイティブカンパニー。
新しい才能を育て、その才能から生まれるクリエイティブを世界に発信し、一人でも多くの人々を
幸せにすることを目指している
オフィシャルサイト

optimanotes

optimanotes管理者

投稿者の過去記事

Optimanotesは日本のWEB音楽メディアです。 アーティストへのインタビュー、ライブレポート、レコードレビューなどを行っています。 また、運営メンバーの面白いと感じたものは音楽以外でも、どんどん取り上げてゆきます。ご意見・お問合せ→info@optimanotes.com

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP