[Live Report] 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS – 2019年6月30日 「INDIAN SUMMER QUATTRO GIGS」 @SHIBUYA CLUB QUATTRO

今日は浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSのツアーファイナルだ。僕は光栄な事に、毎ツアーライブレポートを書かせてもらっている。今回で何度目のライブレポートか分からないが、一つ思うのは何度ライブを観ても、一度たりとも同じようなステージはなく、本当にライブは一期一会の生き物だという事、そして浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSのライブは回を追うごとにどんどんバンド感が増してカッコ良くなってゆくという事。
最新の楽曲も以前の様々な名義でリリースしている楽曲も全てキルズ色に染め上げ、過去最高じゃないかと思わされる演奏を魅せてくれる。それが楽しくて仕方ない。

だから、今日この日もきっとまた新しいブラッシュアップされたキルズと楽曲が観て聴けるんだろうな。と考えながら開演時間を待っている。

今回のツアーファイナルは、ここ渋谷CLUB QUATTROでの2 daysなのだが、キャパがあまり大きくないので開演時間直前にはもう会場は人でパンパンになっていた。相変わらずいつになっても人気があって凄い事だと思う。
そんな人でパンパンの会場からはすでに熱気が出ていて、これから始まるロックンロールショーを待ちわびているのがよく分かった。

そして、会場暗転と共にBee GeesのMelody Fairが流れる中、浅井健一・中尾憲太郎・小林瞳がステージに登場!

1曲目「Vinegar」からスタート。
相変わらずスリーピースとは思えない迫力に圧倒される。中尾と小林のリズムが凄まじく強靭で、その上に乗るベンジーの歌やギターが最高にエッジでヤバい!

ベンジー「Hello Let’s Party!」からの2曲目「パイナップルサンド」。会場歓喜!2曲目にしてすでにシンガロング。ギターソロでベンジーがステージ中央に出てくると、歓声が上がる。こんな始まり盛り上がるなっていうのが無理!

3曲目「フルサト」。
印象的なリフから、その後の抑えめの演奏の上で歌う歌が飛び込んでくる。ベンジーの独特の歌詞の世界観に包まれるような感覚に陥る。
全体的にキレの良い演奏が、今の彼らの調子の良さを物語っているよう。

4曲目「FIXER」。
攻めてくるなぁ。手抜き一切無しって感じだ。観客を初っ端からずっと落としにかかっている感じ。しかし3人の楽器の音があまりに良くて痺れる。ギターもベースもドラムもあまりに良い音でずっと聴いていたい。

ベンジー「ハロー、今日は観に来てくれてありがとう。全員で盛り上がろうぜ。」

5曲目「DERRINGER」。
BLANKEY JET CITYのこの曲も勿論大好きなのだが、今の成熟したキルズが鳴らすこの曲はまた格別な勢いとセクシーさがあって最高だ。
バンドというのは本当に生き物だなぁと思う。色褪せないどころか、キルズが鳴らすデリンジャーは、今の楽曲にちゃんとなっている。

6曲目「(新曲)」。
ミドルテンポで、凄くキャッチーというのが第一印象だった。小林瞳と中尾憲太郎のコーラスが凄く印象的で、サビも確かに一度聴けば歌えそうな程キャッチーだ。ベンジーのこういったポップな楽曲の一面は久々に見た気がする。音源化が楽しみだ。

ここで、メンバー紹介。
ベンジー「スーパーベーシスト、中尾憲太郎。スーパードラマー、瞳。」
中尾憲太郎「スーパーギターボーカル、浅井健一。」

7曲目「INDY ANN」。
浅井健一名義での最新シングルからの1曲。ライブで聴くのは初めてなので嬉しい。音源は何度も聴いていたけれど、やっぱりライブは良いな。赤と青に染められたステージでコーラスが印象的に響く中、メインメロディを歌うベンジーに釘付けになる。

8曲目「すぐそば」。
アルバム「Sugar」の中でも印象的な優しい歌。

クリスタルシェリーズラブ ブリリアンシェリーズビーム
すぐそばにある

「世界は変われる」ってワードがとても印象的だなと思う。

9曲目「HARUKAZE」。
浅井健一ソロ名義の幕開けとなった1曲。
この曲もとても優しい歌。明るく照らされたステージが楽曲と合っていて、とても良かった。
安定感のあるベースとドラムに支えられて、自由にはしゃぐベンジーのギターソロが最高!ギターの音良すぎる…。

ベンジー「なんか話そっか?ツアーは短過ぎてあっという間だった。朝は日本食だよ。じゃあ、まぁまぁ新しい新曲」

10曲目「(新曲)」。
前回のツアーでも披露された、大人な雰囲気の新曲。
うねりながら動くベースラインがとても印象的。この曲の主役は中尾憲太郎って感じがする。小林瞳のコーラスも相変わらず綺麗で素晴らしい。

11曲目「何あせってんの」。
キルズ名義の楽曲は本当にどんどん進化してゆく。バンドの強靭さがヤバい。ロックンロールってやっぱり最高だよね。と思わされる。この音圧と勢い、各楽器のタイトな演奏、もう言う事ない。とにかく最高とだけ言っておく!

12曲目「ハノイの彫刻」。
ライブでは結構定番になっていて、よく披露される楽曲。歌い出しまでのイントロの演奏がめちゃくちゃ勢いあって好きだ。歌い出してからのスカのリズムも好き。要するにこの曲が好きって事なんだけど、観る度にカッコ良くなるなぁ。全員の息がぴったり過ぎて、なんというか、有り体に言えば一体感が凄くて圧倒される。

13曲目「ぐっさり」。
凄く特徴的なタイトルの浅井健一ソロ名義の1曲。
現代風刺とでも言うか、インターネットの事を歌った1曲で、とても歌詞が印象的。
今のベンジーの心情がそのまま表現されていて、ミドルテンポの演奏含め、とても説得力がある。

14曲目「Ginger Shaker」
今回のセットリストはキルズの曲が多めだなと思った。
ギターがセクシーで、シンプルながら、どっしりと下を支えるベースとドラムが良い。サビ前にベースが高音に上がってゆくのも印象的だなと思う。
この曲も歌詞が凄く胸に飛び込んでくる楽曲だなと思う。「強くなくちゃ 生きてゆけぬ 強くなくちゃ 生きてゆけない」という歌詞が響く。

15曲目「赤いタンバリン」。
おおっ!まさかの赤いタンバリン!これは上がる!
真っ赤に染まったステージで歌われるこの曲ときたら。ギターソロ前のシャウトも、歌詞も、シンプルなコード弾きも、ポップなメロディも、最後の転調も、観客の歓声も、シンガロングも、全てが完璧な空間だと思った。
最高以外の言葉がない!

16曲目「METALLIC MERCEDES」
浅井健一ソロ名義の最新曲にして、前ツアータイトルにもなっていた楽曲。この曲もめちゃくちゃカッコ良いんだよな。ライブで聴くのは初だけど、小林瞳のめちゃくちゃ印象的なコーラスが音源より力強くてカッコ良い!
サビはさながらダブルボーカルといった感じで、ベンジーと小林瞳の歌をずっと聴いていたかった。

17曲目「Beautiful Death」
赤いタンバリンからの流れが神がかってカッコ良い!
キルズの全開を魅せてもらってる気になる。今の彼らの凄さを見せつけられ脳天ぶっ叩かれてる気分。気持ち良すぎる!
勢いで駆け抜けて、「センキュー!」と言いステージを去ってゆくのがカッコ良過ぎた!

さて、ステージからメンバーは去ったが当然の如く、会場からは「ベンジー!」という叫び声とアンコールを求める大きな拍手。当たり前だ。もっと観ていたい。

そして、ステージには再度3人が登場。
ベンジー「今日来てくれてありがとね。秋にこのメンバーで日本中回るから!秋にアルバムも出るから。アルバムタイトルは『BLOOD SHIFT』。色んな人が参加してる。ヤバいよ。」とMC。

続けて、ブランキーの照井とキャンプに行った話を披露して、大いにファンを喜ばせた。

アンコール1曲目、アルバムCHELSEAから「宇宙の果て」。
静と動が凄く明確に分かれていて、爆発力が凄い楽曲。爆発前の小林瞳のコーラスも素晴らしい。
浅井健一ソロ曲だが、キルズの楽曲と言われたらそう思ってしまう。そのくらい、本当に彼らは完璧なアンサンブルを鳴らすようになっているし、どんな楽曲を演奏しても無敵感が凄い。

アンコール2曲目「SKUNK」。
この曲も、最近のライブでは定番化してきてるけれど、聴く度に良くなる。今日の演奏なんて、もう勢いが凄くて圧倒されてしまった。バンド全体が強靭で、音の塊が飛んで来て、体がぶっ飛ばされるような感覚に陥る。
会場はシンガロングで応える。

アンコール3曲目、JUDEから「DEVIL」。
アンコールまで全く手を抜かずに観客に向けて凄まじい音を放つ彼らの凄さは本当にヤバい。
今日のキルズ、文句無しにめちゃくちゃカッコ良い。終わって欲しくない!
最後凄まじい勢いで楽曲が終わり、ステージから3人が去った。

会場が明るくなって、会場にBGMが流れたので、もう終わりかと思いきや、あまりの会場からのアンコールに応えて出て来てくれた!

ベンジー「ダブルアンコールありがとう。朝まで騒ぐぞ、昼まで騒ぐぞ。」

そして、ダブルアンコール「危険すぎる」。
もう、本当最高!
絶対、予定になかったはずなのに出てきてくれただけで最高なのに、この選曲!こんなの会場歓喜だし、盛り上がる以外の選択肢がない!

「危険すぎる」が終わったと思ったら、そのまま続けてダブルアンコール2曲目「PUNKY BAD HIP」!!
なんていう1日!なんていう最高のライブ!当然、最初から最後までみんなシンガロング。会場全体でのシャウトが気持ち良すぎる!

アンコール3曲、そして、ダブルアンコール2曲、本当に後頭部ぶん殴られたみたいな衝撃があった。彼らの最高を魅せてもらったと思う。これ以上ない程素晴らしい時間だったし、最高のライブだった。

全て終わった後も、会場からは歓声が上がり続ける程。その光景を見て、今日が本当に最高のライブだった事を実感出来た。
きっと、今日来てた人みんな同じ事を思っていたに違いない。

秋にアルバムとツアーの発表があったので、次またライブを観れる日を楽しみに待とうと思う。
アルバムも今から楽しみで仕方ない。

ベンジーは、2019年後半も僕らを思い切りロックオンしてくれる事だろう。

【セットリスト】
01, Vinegar
02, パイナップルサンド
03, フルサト
04, FIXER
05, デリンジャー
06, (新曲)
07, INDY ANN
08, すぐそば
09, HARUKAZE
10, (新曲)
11, 何あせってんの
12, ハノイの彫刻
13, ぐっさり
14, Ginger Shaker
15, 赤いタンバリン
16, METALLIC MERCEDES
17, Beautiful Death

[EN1]
18, 宇宙の果て
19, SKUNK
20, DEVIL

[EN2]
21, 危険すぎる
22, PUNKY BAD HIP

————————————
2019年6月30日 渋谷 CLUB QUATTRO
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS 「INDIAN SUMMER QUATTRO GIGS」

【リリース情報】
2019年9月25日(水)リリース
アルバム「BLOOD SHIFT」
《初回生産限定盤(CD+DVD)》BVCL 996~997 価格:4,200円+税
《通常盤(CD)》BVCL 998 価格:3,000円+税

予約URL:https://aoj.lnk.to/nKeBKWN

【ライブ情報】
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS
「BLOOD SHIFT TOUR 2019」

チケット先行予約
※2019 年 6 月 30 日(日) 20:00 ~ 7 月 21 日(日) 23:59 まで

10/6(日) 宇都宮 HEAVEN’SROCK UTSUNOMIYA VJ-2
OPEN 17:30 START 18:00 info HEAVEN’SROCK UTSUNOMIYA VJ-2 028-639-0111

10/10(木) 神戸 VARIT.
OPEN 18:30 START 19:00 info 清水音泉 06-6357-3666

10/11(金) 京都 磔磔
OPEN 18:30 START 19:00 info 清水音泉 06-6357-3666

10/13(日) 三重 CLUB ROOTS
OPEN 17:30 START 18:00 info JAILHOUSE 052-936-6041

10/14(月祝) 静岡 UMBER
OPEN 17:30 START 18:00 info JAILHOUSE 052-936-6041

10/19(土) 仙台 CLUB JUNK BOX
OPEN 18:00 START 18:30 info GIP 022-222-9999

10/20(日) 山形 ミュージック昭和Session
OPEN 17:30 START 18:00 info GIP 022-222-9999

10/26(土) 札幌 cube garden
OPEN 18:00 START 18:30 info マウントアライブ 011-523-5555

10/27(日) 旭川 CASINO DRIVE
OPEN 17:30 START 18:00 info マウントアライブ 011-523-5555

10/31(木) 高松 DIME
OPEN 18:30 START 19:00 info 夢番地岡山 086-231-3531

11/1(金) 広島 SECOND CRUTCH
OPEN 18:30 START 19:00 info 夢番地広島 082-249-3571

11/3(日) 福岡 DRUM Be-1
OPEN 17:30 START 18:00 info LAND 092-710-6167

11/4(月祝) 宮崎 SR BOX
OPEN 17:30 START 18:00 info LAND 092-710-6167

11/6(水) 大分 DRUM Be-0
OPEN 18:30 START 19:00 info LAND 092-710-6167

11/7日(木) 門司 BRICK HALL
OPEN 18:30 START 19:00 info LAND 092-710-6167

11/9(土) 福井 CHOP
OPEN 18:00 START 18:30 info キョードー北陸vチケットセンター 025-245-5100

11/10日(日) 金沢 vanvanV4
OPEN 17:30 START 18:00 info キョードー北陸vチケットセンター 025-245-5100

11/16(土) 大阪 CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 START 18:30 info 清水音泉 06-6357-3666

11/17(日) 名古屋 CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 START 18:00 info JAILHOUSE 052-936-6041

11/19(火) 東京 マイナビBLITZ赤坂
OPEN 18:30 START 19:30 info SMASH 03-3444-6751

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP