「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.35 – 忘れるまで踊ろう

思えば今年の夏は短かった…と書こうとしたらめちゃ暑かったり、まぁ、毎年そんなもんですよね。

これを書いている今日も
蝉が元気に向日葵を見下ろしながら鳴いておりました。

季節商品コーナーはハロウィングッズが並び、
お洋服屋さんはもう冬物も並び始めましたね。
試着までの道のりがとおい…
肌寒い季節に思いを馳せ、まずは目を慣らすだけ…

秋、大好きです。
春と秋が大好き。ワクワクします。
だんだんと陽が落ちるのが早くなり、夜が長くなる。

夜、何して遊びましょうか。

The mammy rowsで踊りましょうかね。

先日発売されたばかりの「日常柄」
レコ発ライブ、最高に楽しかったです。

キュートなヴォーカルのまことさんの魅力大爆発。

ね!非常に楽しい!
ウズウズ!

「Dance Garden」というタイトルのキモノ、
これで’忘れるまで踊ろう 忘れるまで唄おう’
タンバリンも叩いちゃう。

足元はしっかりホールドしてくれるサンダルで。
踊れます。めちゃ。

猫がマタタビの咲くお庭に忍び込んで、酔っ払ってフラフラダンスをしちゃう というストーリーのキモノに、道端の猫ちゃん。

The Birthdayの手ぬぐいにご協力いただいております。
オビ結びに挟み込んだだけ。

音楽的なモチーフを入れたかったのですが
一目瞭然なアイテムがなかったので、帯締めをト音記号に飾り結びしました。

‘道端の猫が話しかけてくる
「今日は何すんの?」’

猫ちゃんの表情もより楽しげに見えるから面白い。

ツブツブがギューギューなピアスを帯揚げに刺しています。
‘人間肉詰めボックス ドア前確保’

無理がありすぎ??(笑)
これ満員電車のギューギューなんです!(言い切る)

ライトでキラキラしたライブハウスのステージイメージで
星柄のスパンコールエリ。

‘カレンダーが全部黒字に見える’
それは悲しいから、ちょいちょいと赤を挿してます。
お休みいっぱい!

●今回のアイテム価格
キモノ→C.H.O.K.O×Rui 夏キモノで6万円くらい

オビ →agris kimono で4万円くらい

●キモノを楽しむ

衣紋をたっぷり抜く方法を。

肩周りの骨格がかなり影響するので、一概に全ての人がこれで解決するわけではないのですが、
チャレンジしてみてください。

腰紐で下半身を固定してから、衿を整える時に
大袈裟なくらいに背中側にガバッと落としてください。
前のおはしょりがなくなる勢いで。

それから鏡に対して横向きになり目で確認しつつ、抜きたい位置まで戻しながら衿合わせをする。

この作業の時に、絶対前かがみにならないでくださいね。重要!
着付け道具は上半身を動かさなくてもよい高さの位置に並べておいてください。
椅子の背にかけたり、テーブルや棚を利用したり。
キチンと固定されてないのに前かがみになったら、そりゃー抜いたはずの衣紋も襟足に寄り添ってきちゃいます。

2本目の腰紐(画像は愛用しているすずろベルト)で固定した後に
「あれ!!衣紋抜けてない!!」となった場合は
背中心だけをひくのではなく
まずは左右全体をまんべんなく引いてください。
背中心だけだと生地は無理にテンションがかかった状態になるので戻ろうとします。
全体をゆるく引いた後、V字に抜きたい場合は更にクイッと背中心を引いてください。

これで衣紋が抜ける人が続出しますように!

撫で肩鳩胸衿乗せ台外開き肩のCHOKOより♪

いつもより背筋がシャンと伸びる
心地よいうっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

CHOKO

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP