安藤京香「ほほえむシャボン玉」Vol.02 – 食欲の秋こそ食べる為に動け秋!

やっぴー!

今日から10月!
過ごしやすい季節!
そして・・・・食欲の秋!!

夏が嫌いな私は、ここからが私の季節。
特に食べることが大好きやから、おいしいもんが増えるこの季節はたまらん。
都内を歩いてるだけでもおいしそうなスイーツに目が止まって手が伸びる〜。笑

ついこないだも、スタバの狙ってた、新作の「スイート ポテト ゴールド フラペチーノ」を発売開始日に早速買って飲んじゃった!

栗・芋・魚・おいしいものしかない、食べるしかない!
でも、それだけじゃ太っていく一方・・・

ということで、食欲の秋こそ食べる為に動け秋!

そんなこんなで今回は、趣味でもあり食べることが好きな私が、食べる為にやっている筋トレについて書いていくよ。

元々水泳に空手、陸上、ダンスと学生の時は色んなスポーツをやっていました。
でも、学生じゃなくなって当分は「動かんくて良くなったー」と思ってたけど、何もせず歳を重ねていくにつれ、色んなところがぷにぷに・・・
それでジムに通うようになったものの、マシーンの使い方も見よう見まね。
自宅トレーニングも三日坊主。。
最終的にはジムも通わなくなりやめました。。。

そこから、好きな食べる事もやめて、食べないという最悪なダイエットに走りました。
もちろん健康的な痩せ方はしませんでした。

痩せては戻り、痩せては戻り、元から変動がそんなにない分、世間一般の平均より下回っているからいいや。って投げやりになり、諦めてました。
そんな時、母親から「あんた、ジーパンの映えへんお尻やな。ダイエットする前にお尻鍛えたら?」と言われました。
元から、お尻のない体型にコンプレックスを持っていたんやけど、どうしようもないもんだと思っていた。

ちょうど、それを言われた月に舞台の出演が決まり、
その衣装がボディラインが分かるものであるという事
そして、セクシーキャラであるという事
が伝えられました。

舞台まで約二ヶ月、頭の中はどんな衣装になるのか、どこまでボディラインがハッキリ分かるものなのか、どっちみちこんな体では出たくない。そんな焦りしかなかった。
ちょうどその時、Instagramでパーソナルジムのモニター募集を見つけて、期間が2ヶ月と書いてあって、舞台のその週に終了すると分かって、最後の望みで迷いもなく飛び込んだ。

そこから、1回50分を週2で2ヶ月間行うトレーニングがスタート。
内容は、足とお尻がメインで、それはそれはきついもの。
でも、トレーナーと一対一やし、逃げれん。。
「最後の望みやし頑張らなあかん。」そんな気持ちで鬼のトレーナーについていきました。

モニターという事で、食事管理もあって、嫌いな鶏むね肉を中心とするタンパク質メインの食事。
この2ヶ月間はジムでしごかれ、そのまま稽古でしごかれ、毎日筋肉痛。
至福の食事も、むね肉・卵・サラダ・プロテイン。正直地獄やった・・・

やけど、1ヶ月経ったある日、周りの人から「良いお尻やね。」「なんか痩せた?」と言われるようになり、楽しくなってきて、やる気にもなった。
そこからの1ヶ月はトレーニングも稽古も内容がハードになってきて、気合で過ごしていました。

後半あたりから、自分でも見て変化に気付き始めて、舞台の衣装も決まり、自信を持って着れると思って本番に臨む事が出来た。
舞台のメンバーや観に来てくれたお客様、自分の身内からも褒められて、人って1ヶ月2ヶ月もあれば変われるんや!つらい分、筋肉は裏切らへんや!って思った。

そこから、パーソナルジムを更に5ヶ月延長して、ここからは勉強も兼ねて通った。
しんどいけど、その分変化してゆく日々が癖になってドハマリ。
パーソナルを卒業した今でも、1人でジムに通ってパーソナルで学んだ事と、本や動画で学んだ事を試しながら楽しんでトレーニングしてるよ。

よく色んな人に
「何を目指してるの?」
「大会にでも出るの?」

って聞かれるけど、トレーニングにゴールはないし、大会に出る予定もないけど、
しいて言えば、体はトレーニングで変えれるという事と、好きな食べる事を続けれる為に、そしてなにより好きやからやってるだけ、といったところ。
ただ歳を取りながら衰えていくより、健康的で若々しくいつまでもキレイでいたいという気持ちで継続していこうと思っているよ。

最初は全身ウェイトトレーニングで日替わりで部位ごとに鍛えてたけど、男性と違って腕の筋肉も胸筋もある程度を超えるとそんなにいらないから、少しやり過ぎて筋肉が大きくなってしまった今、メニューの改善中。
トレーニングも毎日試行錯誤しながらやってるよ。

最近のトレーニングは、ウェイトも足とお尻だけで重さもそんなに増やさないようにしてる。
大体は、同じメニューをするけど、薬と一緒で、筋トレも体が慣れてしまうと筋肉痛がこなくなるから、新しいメニューを組み込んだり、外から得た情報を自分に合うか試したり、極力基本ベースのトレーニングに新しいのをプラスアルファすることを心がけてる。

今回は、基本ベースで必ずやる足トレを見せるよ。

動画の内容は、足トレの1番初めにやるスクワット。
内容にもあるけど、まずはしっかりアップから。

ウェイトをするにあたって、どこの部位であってもある程度筋肉があって、得意な部位でも必ずやることをオススメします。
重量を持つ事で怪我のリスクがある為、めんどくさくてもやりましょう!

そこから、自分の持てる重りにいく人もいるけど、私は段階を踏んでからその日の体の調子をみて、必ず正しいフォーム、一定の数をこなせる重さを決めてやってます。
動画ではフリーのバーベルでスクワットしてるけど、初心者はまず何も使わずスクワットそのもののフォームを体で覚える事。
私のスクワットは、もも裏のハムストリングという筋肉と、お尻全体に効かせる為のものなので、まず肩幅に開いてつま先を外向きの八の字の向きに立ち、膝をつま先より前に出ないようにお尻を後ろに突き出すイメージ、真下におりる。

それが出来るようになったら、スミスマシンといって、バーベルが固定されているものもあるので、そこから始めるのがオススメ。
出来るようになれば、私のやっているフリーのマシンに移る事が出来ます。
フリーのメリットは、体幹も同時に鍛えられるという事。
ただし、固定されていない分、注意する事がたくさん。

【フリーのマシンを使うにあたっての注意点】
・バーベルだけで20Kgあるので、アップで重りを付けてない時でも油断禁物。
・持ち上げる際、バーベルの下で肩幅に足を開いて、しっかり固定してから持ち上げる。
・重りが付いていない時でも付いてる時でも、同様に腹式呼吸でしっかりお腹に吸い込んでお腹に力を入れたまま固定する事が重要。

バーベルを持ち上げる時


バーベルを置く時

・トレーニング中は、フォームや数も意識するけど、無理をしないようにする事と呼吸を止めない事。
・終わってからも気を抜かず、しっかり平行にバーベルを保ちつつ、片一方ずつ置くのではなく、両方とも同時に置くこと。

おまけで、バーベルでやる私の好きな背中トレーニング、その名も「Tバーロウ」。これは、後背筋を鍛えるトレーニング。
他にもたくさん効くところはありますが、上腕二頭筋などにも効果が期待出来ます。

ちなみに、こんな感じ。

こういった背中のトレーニングは、引く動作が多いので、握力補助の為にリストストラップというものを付けてます。
とてもお気に入りのストラップがコチラ。


ジムでも映えま〜す!笑

こんな感じでジムでトレーニングをしてるけど、今回はあくまで体を温める為の必ずやるアップのようなもの。
これに合わせて、効かせる部位は同じでも異なったメニューで色んな角度から筋肉をいじめています。
また違う機会に、別のトレーニングも紹介出来たらなと考えているよ。

初めにも書いたように、トレーニングに終わりはないし、変えれない体もないし、自分の為にも動ける範囲で継続予定。
もし少しでも興味があれば、軽くでも体を動かす事をオススメしたい。

突然だけど1つ告知!
最近、17Liveでのライブ配信を始めたよ。
頻繁にやってるから、みんなにも遊びに来て欲しいな。

17Liveのアプリをスマホに入れて「安藤京香」で検索して参加してね。
クリックすると観れるよ!

TwitterやInstagramでもやる時に事前告知してるから、Twitter・Instagramのフォローもよろしくね!
Twitter
Instagram

じゃあ、今回はこの辺で。

どろんっ!

安藤京香

安藤京香タレント・コラムニスト

投稿者の過去記事

これまでにミュージックビデオへの出演や企業広告モデル、アリオ八尾のイメージガール、ミュージカル・舞台女優、様々な形態での音楽ライブ出演など、幅広く芸能活動をしている。
今回文章を書くというコラムニストにも初挑戦。これからも幅広く、様々な活動をしてゆこうと思っている。
一度ハマったら一直線に突き進むタイプ。食べるの大好き、試行錯誤しながら実験のように自炊をしてます。笑

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP