「TRAPPED IN THE DUTY」Vol.11

Optimanotes読者の皆さん、お久しぶりです。
2ヶ月ほど休載させて頂いておりました(汗)2ヶ月間、個人的に切羽詰まる状態にある中、9月には自身のバンドのニューアルバムリリース等重なり
コラムも、ましてやゲームCALL OF DUTYも電源すら入れる暇もない状態でした(TT)

あ、新しいアルバムこちらです!今回の作品は本当これまでの中で最高傑作と思ってます。

1年半という長い時間をかけてやっと出来上がり、色々と苦労しましたが、アルバムの曲全部マジで好きです。
制作は主に村石孝太という作曲家と2018年の始まりからずっと一緒に作り続け、今回のアルバムに外れた曲も多数…。
それらも本当良い曲なので、別の形で発表したいと思ってます。

今回のDUTYですが、INPUTとOUTPUTについてです。
音楽の入力・出力ではありませんw

「OUTPUTし続けるには、INPUTをとにかく増やさないといけない」と言う事と、これを繰り返す事によって自分の本質に気づけると思います。
自分はよく行動力・アイディア量においては感心される事が多いのですが、それはとことんINPUTを絶やさないようにしてるからです。
芸術においては、特に「なんでこうなった」「どうしたらこうなる」と常に自問しながら考えます。
新しい音楽・アートのソフトとかも、わからなくてもとりあえず、いじる。失敗しようがなんだろうが、と構わずボタン押しまくります。
わからないから「放置」して今まで通りの事をやる、という行動自体がむしろ時間の無駄だと考えます。

有名な引用「一番の狂気は同じ事を繰り返して違う結果を望むことだ」ですね。
知ってましたか?これ、アインシュタインが言った事で有名ですが、実は彼の言葉であると言う証拠が何処にもないとも言われてます。

現在、僕は上記のアルバムに心血注ぎ込み、音楽のアウトプットは出し切った状態です。
いや、「バンド」という形で音楽を広めようという論法自体も正直出し切ったと感じています。
合計11枚これまでにアルバムを発売、国内も世界中もツアーで周り、メディアも出演、フェスも出演し、デジタル配信について勉強しまくり、
メジャーレーベルから発売し、自分の範囲でできる事は全てやった気がしてます。
しかし、正直に今は音楽業界自体に疑問を感じ始めました。
冷静にこれまでの活動を考え、また周囲の活動内容などを見ればみるほど、音楽を続ける方法を改めるべきだと今は確信に変わりました。
空いた2ヶ月ではかなりこれについては頭使いました、まぁその前からずっと考えてはいますが。
音楽とはどのように現代で求められていて、どの立場にいあるのか、
続けたいからこそ、新たな戦法を見出すため、INPUT, INPUT, INPUT。

最近はINPUTした情報を

kihiro.net でOUTPUTもしてます。

最近得た知識や、過去の波乱万丈経験談など少しでもこれからのミュージシャンの役に立てばと思うようになりブログを書いてます。
良かったらこちらもお読みください^^

戦法を考えた結果、音楽だけではない別の発信力をつけるべきと言う考えに至りました。
実は音楽よりも長く続けていたアート。昔はよく気が向いた時にキャンバスにスプレーとペイントで描いたり、鉛筆だけで細密画を描いたりとか
完全趣味思考でしかなかったものを、本格的にやろうと決意し最近はデザイン関係の仕事に集中しています。
元々3歳くらいの頃から絵を描くのが好きで、暇があれば絵を描いてました。ほったらかすと何も食わないまま永遠に描き続けるタイプです。
自分のバンドのジャケットはここ2〜3年くらいから始めてました。それまではイラストレーター・フォトショップは何となくしか使い方知らず、
どうも「マウスで描く」というのが性に合わず「放置」してましたね〜今思えば無駄な時間を作ってました。
一気にこの無駄だった時間を埋めるかのように解決してくれたのが、ペンタブ!w たったこのアイテム一つで万事解決しまくりですw
んが、まだ使い始めて2か月なので慣れませんね、ただ毎日毎日描いてるのでスキルアップしまくりです。
WACOMというペンタブを使っています。手書きと違って、色塗りや表現方法が多種多様にできるのでかなり楽しいですが、細密画をまだ上手に描けませんね…。
ペンの種類や太さの調整が難しく、思い通りな線が引けなかったり、どうも勝手が違い手こずってますが、少しず〜つ使い方を理解してきました。
ちょっと前まで描いたものをInstagram @kihiro_cyberpunks でアップしてましたが、仕事の案件が今大量で今はそれをこなすの精一杯(汗)
ありがたいです。感謝!

さらに、Blenderという3D・CGアートツールも始めました。んが、こいつは難易度MAX☆☆☆
ちょっと吐き気がするくらい覚えることが多くて耳から煙吹きます…。なんとか物体が物体を掴んで・離すっていうところまで行きましたがそれでもソフトの1/10000くらい…。
AFTER EFFECTSというイラレやフォトショと同じAdobeツールの方が性に合ってるのですが、名前の通りこれは作品がある程度完成した後に効果があるツールなので
これもまた技術進捗はゆっくり。
とまぁ、INPUTとOUTPUTを繰り返しているのですが
絵描きを再開したことによって世の中をより細かく見るようになりました。
わからない事はまだまだ沢山ありますが、アニメや3Dアートがどう制作されどこでどんなツールが使われているかなどが理解できるようになってきました。
また歩いてて人のかかる影の具合から、反射具合、光の角度、行き交う人の服のデザイン、持ってるカバンの種類、看板、キョロキョロするのと凝視する時間が増えました…変人w

音楽・アート・映像、この3つを組み合わせた形で2020は何か個人として発表したいなと思います。でも先ずは技術向上。
またINPUT内容を急激に変えた分、「自分の本質」が見えてくるようなりました。
僕の場合は幼少の頃に好きだったものの方が性に合ってるですね。
音楽も父の影響でアコースティックギターから始めたのですが、作品として出しているのはLOUD HEAVY ROCKのみw
この辺も少し思考を変えて、アコースティック系を真剣に追求してみようかと。
皆さんも自分の「好き」なもののINPUT/OUTPUTを増やしてみてください、それに1万時間くらい費やしましょうw
そこから自分が本当にやりたい・やるべきが見えてくる事もあると思います。

と言うわけで今月のオススメ曲はこちら。
Dan + Shay, Justin Bieber – 10,000 Hours

TRAP音楽じゃないですけど、う〜〜んいいですねーこういうの大好きです。年齢か?いやヘビーも好きですぞ。

先日そう言えばCALL OF DUTYを数ヶ月ぶりに起動させましたが…1KILLしかできず、ボロボロ(ToT)
ま、ゲームだから良いんですけど、そりゃ何かを得るなら何かを失いますねw 絵画技術UP、COD戦闘能力DOWNですwww

ではまた〜

kihiro

kihiroVocalist, Lyricist, Actor

投稿者の過去記事

ex.Supe, UNDIVIDEのボーカルでもあり、アメリカナイズされた独特な声とパフォーマンスが特徴。
2006年アメリカ、カリフォルニア州よりデビュー後、SXSW Fes ’07, WARPED TOUR ’08, SUMMER SONIC ’10 Mountain ステージ等に出演し2010年までの間で約500本のツアーを実施。
2012年にKEN’ICHIと共にLOKA始動。これまでに、台湾、インドネシアのフェスや、JAPAN EXPOを含むヨーロッパ10カ国単独ツアーを行い、2016/6/09にはTSUTAYA O-WESTにてワンマン公演を敢行。また、2017年には既に撮影を終えているアメリカのプロダクションが制作した映画 “She’s just a Shadow”にて初の主演俳優として公開予定。サッカーをこよなく愛し、ゲームCall of Dutyが大好き。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP