安藤京香「ほほえむシャボン玉」Vol.03 – 自分の身体との対話

やっぴー!

前回は秋に触れましたけど、今年もあってなかったような秋でした。

そんな10月も沢山の台風がありました。
みなさんは大丈夫でしたか?

私は昨年は大阪にいたので、あの大きな地震も台風ももろに受けました。
その時は家が崩壊したり2日間も停電したりと、初めての経験ばかりで何の備えもしていなかった私は家に身を潜めるしかありませんでした。
その時の経験を生かして、あらかじめ水や非常食などをリュックに準備したりして備えました。

当日はすごい風で窓が割れるんじゃないかと思うほど、、、窓をダンボールやガムテープで補強したりとか余裕を持って行動出来ました。
1時間おきに鳴る避難勧告や区内放送にビビりながらも家でゆっくりしていました。
川もギリギリ氾濫せずに済んで、家も何事もなく、台風が過ぎ去ってくれました。
備えてたものは一切使わなかったとは言え、ギリギリになって焦るより余裕を持って備えている方が心にも余裕が出来るので、
何があるか分からない日常でも常に備えておこうと思いました。

みなさんもいつ何があっても良いように、必要最低限は備えて何かあった時は対応出来るようにちょっとした知識はつけておきましょうね!

そんなこんなで、今回の本題は自分の身体との対話です!

自分の身体との対話とオシャレに言ってますが、崩れた身体をクリアにリセットする方法を書いてゆくよ。

まず私はここ半年以上、
病気とかではなくなんとなく身体の調子が優れない
あとは女の子によくあるホルモンバランスの乱れ
それに伴う全身のむくみ
また、必要以上の脂肪の溜め込みにすごく悩まされました。

それで私は勧められたホルモン剤を4ヶ月飲みました。
そのせいで女性ホルモンが増え、無駄な水分と脂肪を更に溜め込み、1,2ヶ月ずーっとパンパンマンでした。。。

そんな八方塞がりだった私にある情報が舞い降りた!

それがファスティングという方法。
ファスティングと聞くと無理な断食をオシャレに言ったように思う人がいると思うし、修行などに使われていたり、宗教じみた感じに捉える人もいると思うけど、ちゃんと知れば割と奥深でした。
というのも、様々な治療で使われたりする程、やり方次第でちゃんと身体に良いものでもあります。
その正しい方法を実体験を添えてお伝えしていきまーす!

まず私が今回行った方法は、
・2日の準備食
・5日間のファスティング(断食)
・5日間の回復食

です。

この12日間はお肉や魚などの動物性タンパク質はほとんど摂りません。

と言うのも、ファスティングをするにあたってのルールのような決り文句があります。それが、

・ま☆豆類(発酵食品が望ましい)
・ご☆ごま(ナッツ類も可)
・わ☆わかめ(海藻類全般)
・や☆やさい(野菜全般)
・さ☆さかな(青魚がオススメ)
・し☆しいたけ(きのこ類全般)
・い☆いも類(こんにゃくも含まれる)

これさえ頭に入れておけばオッケー!

細かく説明すると、準備食の2日間はこの言葉通りにお粥やスープなどの消化に良いもので過ごす。
そして、5日間は固形物を一切取らず、スムージーや具なしの味噌汁、酵素液などで過ごします。
最後の5日間は魚やお肉などの動物性タンパク質を一切摂れないので、上に書かれた言葉の「さ」を抜いた「まごわやしい」で生活します。

準備食

これが2日間準備食として食べたお粥です。玄米とサバとひじき、細かくした大豆。食物繊維を意識しました。

揃えたもの

見てわかるように、本番のファスティングは水だけではなく、色んなものがあります。
後ろから順番に説明すると、まずは主となる水、空腹を紛らわす為の炭酸水、食事が出来ない分栄養を摂る為に水の次に重要となる酵素液。
私が今回使った酵素液は、エステプロ・ラボのエステの会社が作っているハーブザイムという種類の酵素液です。ここのはいっぱい種類があって余計なもんが混ざっていないので、自分に合ったものが選べてとても良いと思いました。
次にドイツ産のビタミンB群が摂れる栄養機能食品、これはファスティング関係なく毎日摂っていまーす。
それから、マツキヨブランドの無添加原末100%の大麦若葉の青汁。
写真にはないけど、プラス無調整の豆乳を中心に使って過ごしました。

朝食


昼食


夕食

動画は見てくれたかな?
すごい水分量でしょ?
やから、特別お腹は空かなくて、常にタポタポって感じ。甘味料は一切摂れないけど、基本的に酵素もビタミンサプリもスムージーも甘みがあるので、塩っけが欲しくなる。という事で、具無しの味噌汁を作りました。減塩の無添加の味噌を使用して作りました。薄味とは言え、食事が出来ているような気分になるので、それだけで満足度が上がりました。

さっきの動画が主な過ごし方なのですが、スムージーの内容を変えたり、水で割るものを炭酸で割ってみたりと限られた範囲内でも変化を付ける事で楽しく過ごす事が出来ました。

そもそも、ファスティングというのはいつもフル活動させている胃と腸を一時的に休ませてキレイにしてあげる事でリセットするという目的のもの。なので、1日2日でも身体が軽くなったり肌がキレイになったりむくみがなくなったり、良い事だらけ。酵素やスムージーなので、しっかり栄養も摂っているので、ふらつきもなく逆に頭も冴えて夜の寝入りも良くなったり質の良い睡眠が取れたり、この期間は極力11時に寝て6時半に起きるという事も心がけたので、最初の想像より打って変わって身体で毒素が抜けている事を感じれました。

、、、と言いつつも、3日目の夜中は寝れず歯を使いたい欲が止まりませんでした。4日目の14時から19時半まで食べたい欲がすごく出て、イライラしました。それを乗り切った策として、「ここまで頑張った」とか、「これの為の準備費」とか、「これまでの悩み」とか、「残りの日数」などを考えて、言い聞かせたりもしたけど、一番効果的だったのがフードファイターではなく、普通の華奢なYouTuberが無理くり大食い企画をして後半食べあぐねをしている姿を一生見る事でした。笑
どんなに食べたいもんでも美味しいもんでも、食べ過ぎたらそう感じなくなるものって思う事で食に対する気持ちを変えたり、苦しんで食べている姿を見て気持ち悪くなったりして抑えました。今考えると訳のわからないやり方で笑えます。笑

5日目の最終日は次の日からの回復食の為にスーパーに買い物に行ったりと待ち遠しい気持ちで苦しむ事なく過ごす事が出来ました。

待ちに待った回復食1日目の朝、これがこの期間の中でほんまは一番重要と言っては過言ではない1食目。
それが、スッキリ大根というもの。休ませた胃と腸を最後の追い込みでクリーンにします。

準備するものは、
・白湯300ml
・梅湯300ml
・スッキリ大根300ml
・あってもなくても良い、キュウリ(付ける為の味噌)orりんご
・潰し梅3つ

これらを準備します。

スッキリ大根というのは大根1/3を2リットルの昆布だしで40分煮込んだもの。

スッキリ大根の食べ方としては、
1, 白湯300mlをゆっくり飲み干す
2, 300mlの白湯に梅1つと1/2を溶き入れて飲み干す
3, 大根とキュウリorりんごを食べる
4, 大根汁に残りの梅を溶き入れて飲む
※3と4を3,4回ほど繰り返す。

これらを40分〜1時間ほどかけて完食します。
そもそも何故、これを1食目に持ってくるかと言うと、スッキリ大根と梅干しで腸内クレンジングが出来るからです。

上記の順番はすごく大事!

特に梅がすごい役割を果たしてくれます。もちろん、この梅も無添加で3つも?って思うかもしれないけど、この量がまた重要になります。
完食後から、早い人で10分〜1時間の間に最後の毒素を全て出してくれます。
元から腸の動きがそんなに良くない人は日頃からももちろんですが、スッキリ大根の後にもお腹のマッサージをしっかりしてみてください。

ここまで読んで、何故こんなにも回復食が長いのか、動物性タンパク質が摂れないのかわかるかな?
準備食から消化に良いものだけを摂り、更に5日間固形物を入れず水分で過ごして胃と腸を休めたところにスッキリ大根で最終的なクレンジングをした胃と腸に刺激物を入れると、正しい働きが出来なくなり全て吸収してしまいます。もっとわかりやすく言えば、普段食事をして4割消化6割吸収としましょう。それが、10全て吸収するという事。もっと例えるなら、寝起きの人に「100メートル全力で走れ!」というような感じ。

考えるだけで恐ろしい。。。

だから、徐々に起こしてあげて、正常な働きが出来るように感覚を取り戻させてあげるという事が大事になってきます。
なので、ファスティングを行った期間と同じ日数かこの倍の日数が必要となってきます。

回復食1日目の昼食&夕食


2日目のお昼


3日目の夕食


回復食最終日の夕食

写真ではわかりにくいかもしれないけど、最初のルールでもある「まごわやしい」を意識して作っています。
「割と量食べてるやん」って思うかもやけど、具だくさんのスープは割と煮込まれてて具がふにゃふにゃだったり、玄米も水分量多めのお粥やったりして、消化に良く且つ健康的なメニューにしてます。
最終日の夕食には変わりなく具だくさんのスープですが、サバが入っていたりします。こうして徐々に動物性タンパク質も摂っていって身体に慣れさせます。

今回わたしは本番日を5日設けましたが、2日や3日の短期間でも正しいやり方であれば十分な効果が得られます。
私は約20数年間フル活動させた胃と腸をリセットさせる為に長い期間を選びました。今後定期的に行うのであれば、半年から1年に一回短い期間でやろうと思います。

ファスティング終了後

結果、この期間でマイナス4kg落ちました!

脂肪が落ちたというよりかは今まで余分に溜め込んだ水分が抜けきっただけなので、普通食に戻ればある程度は戻ると思います。
ですが、身体のバランスが崩れていた私は食べずとしても太っていったりと負の連鎖だったので、リセット出来た今これからと切り替えて頑張っていこうと思います。

これまでを読んで、少しでもやってみようかなとか興味を持ってくれた方に一つだけ言わせてください。
初めにも言ったように、ただ断食するのではなく、色んなやり方と色んな意味合いがあったと思います。やり方を間違えれば、ふらつきや何かしら身体の不具合が生じかねません。また、リバウンドする場合もあります。なので、専門家の指導を得ながらやるとか、しっかりとした知識を付けてからやるなりとする事をオススメします。

負担だらけで崩れてしまった身体と対話して正しい方法でリセットする事で、健康的な身体づくりを行っていきましょう。

どろんっ!

安藤京香

安藤京香タレント・コラムニスト

投稿者の過去記事

これまでにミュージックビデオへの出演や企業広告モデル、アリオ八尾のイメージガール、ミュージカル・舞台女優、様々な形態での音楽ライブ出演など、幅広く芸能活動をしている。
今回文章を書くというコラムニストにも初挑戦。これからも幅広く、様々な活動をしてゆこうと思っている。
一度ハマったら一直線に突き進むタイプ。食べるの大好き、試行錯誤しながら実験のように自炊をしてます。笑

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP