[Live Report] 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS – 2019年11月19日 「BLOOD SHIFT TOUR 2019 FINAL」 @マイナビBLITZ赤坂

今日は浅井健一のソロアルバム「BLOOD SHIFT」の名前を冠した浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSのツアーファイナル。
2019年も残すところ1ヶ月半となったが、今年も1年間浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、そして浅井健一ソロ名義での活動は活発だった。特にソロ名義でのアルバム発表はみんなワクワクしたに違いないし、その内容も本当に素晴らしいものだった。そんなアルバム「BLOOD SHIFT」を引っ提げキルズでのツアー、これはベンジーだからこそ出来た事なのかもしれないな。なんて思った。

相変わらず、自身の今までの活動全てを飲み込み吐き出す、この浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSというバンドの強力さは際立っている。

今日もまた最高を軽く更新するようなライブを魅せてくれる事だろう。
そんなこれから始まるライブへの期待感が会場のオーディエンスからもすでに伝わってくる、そんなライブ前の空気感だ。

そうこうしているうちに、あっという間に開演時間。会場暗転。Bee Geesの「メロディ・フェア」が流れる中、浅井健一・中尾憲太郎・小林瞳がステージへ登場すると会場からは割れんばかりの拍手と歓声。
3人が楽器を手にし、1曲目オープニングはアルバム「BLOOD SHIFT」より「Colorful Elephant」から。ミドルテンポでスタートしたライブは1曲の中でどんどん熱を帯びてゆく。シンプルな照明が逆に彼らのカッコ良さを最大限に引き上げ、間奏の赤い照明に持っていかれる。
小林瞳のコーラスも中尾憲太郎の激しいベースプレイも今日も素晴らしい。そして、言わずもがなベンジーは今日もその立ち姿から神がかったカッコ良さを放っている。
曲終わりと同時にベンジーから「ハロー東京エンジェルス!Let’s Party!」と一言。

2曲目「Vinegar」。1曲目ですでに身体の温まったオーディエンスにハイテンポなロックンロールが投げ込まれ、2曲目にしてすでに会場が熱狂の渦に飲まれる。この雰囲気最高だ!
勢いと確かな技術で「Vinegar」を終え「Let’s Dance!」と一言。

3曲目、アルバム「BLOOD SHIFT」より「目覚める時」。妖艶な紫のライトが印象的だった。そして、小林瞳と中尾憲太郎のコーラスもあり、分厚い演奏だった。もうここまでの3曲で胸をガッチリ掴まれてしまって、ただただステージに釘付けの自分に気付いた。

ベンジー「今日は観に来てくれてありがとね。朝まで騒ぐぞ!」とオーディエンスに感謝の一言。そして、4曲目「Watching TV」。もはやライブの定番となったこの曲も演奏を重ねる度によりタイトに激しく、素晴らしい演奏になってゆく。途中途中入る、みんなの「Watching TV」の掛け声が大好きだ!
強靭な演奏がとにかく体に響いて持っていかれる。

5曲目、浅井健一ソロ名義「PIL」より「OLD PUNX VIDEO」。良い選曲!最高!
純度の高いタイトな演奏に酔いしれる。めちゃくちゃにカッコいい。どんな曲でもこうやってこの3人で演奏してくれると胸を鷲掴みにされる。
キルズってバンドは、本当にベンジーが今一番表現したい事を表現出来るバンドなんだろうな。と思わされる。それ程に3人の相性が良いし、迫力や繊細さも兼ね揃えた演奏は回を増す毎に良くなってゆく。

ベンジー「OK!全員で踊ろう!」から始まった、ブランキー時代の楽曲「DERRINGER」。中尾憲太郎のベースが最高。何度でも言うけれど、どの時代の楽曲もこのキルズにかかると今の音になるし、それは楽曲がいつまで経っても色褪せてないって事だし、キルズってバンドがそれだけ最高って事でもあって、浅井健一・中尾憲太郎・小林瞳の3人の相性が完璧って事なんだと思う。

7曲目「HARUKAZE」。個人的にめちゃくちゃ好きな楽曲。歌詞の優しさが音にも滲み出ていて、会場がベンジーの優しさで包まれる。
勢いと優しさを併せ持ったこの曲は最近の楽曲の中でもちょっと異質で、でもどこをどう切り取ってもベンジーで、何回でも聴きたいと思わせる。

8曲目、アルバム「BLOOD SHIFT」より「Very War」。中尾憲太郎のベースから始まる楽曲。小林瞳のドラムが入り、ベンジーのギターが入り、どんどん厚みを増して楽曲が進んでゆく。
ベンジーはいつだって、その時その時を生きていて、その時その瞬間を切り取った事を歌っていて、だからこそ心に響いてくるものがあると思うし飽きってものと無縁な世界にいるんだと思う。

ここでMC。
アルバム「BLOOD SHIFT」を聴いてくれたか、どうだったか、初回盤に付いてくるDVDが面白かったか、色々質問を投げかけた後に、そのDVDの中でやっているまだ完成してないジャムってる楽曲をちょっとやってみるね。と言うと、会場からは大きな歓声。

本当に完成してないのかな?と思うような完成度のジャムりに魅せられ気持ち良く体を揺らしてしまった。ベンジーの歌うメロディも小林瞳のコーラスも、楽曲を引っ張る中尾憲太郎のベースも最高だった。
そのまま、流れで「Sunny Precious」。思えばこの曲も以前のライブで未完成の状態からよく披露されていた曲だ。アルバム「BLOOD SHIFT」に収録された時は嬉しかったのを覚えている。
ベンジーは「大人な曲」と以前より言っていたが、本当にそんな渋さを内包した楽曲だと思う。ギターソロに漂う哀愁と、その上に重なる小林瞳のコーラスが素晴らしい。

10曲目、アルバム「BLOOD SHIFT」の中でもとても印象的なバラード「目を閉じる映画」。優しいギター・ベース・ドラムの音、そして何より語りかけるように歌うベンジーの歌がインパクト大で聴き入ってしまう。会場の雰囲気もロックモードから聴くモードに変わったような気がした。

11曲目、続けて「BLOOD SHIFT」より「DEAD FISH」。アルバムの中でも個人的にインパクト大でハマった1曲。海の中から空を見上げるような、現代風刺のような、2019年だからこそ生まれた気がする楽曲。会場はミラーボールで照らされ、薄暗いステージの3人を見つめる構図となった。
実はライブで聴くのをとても楽しみにしていたので、単純に嬉しかった。

12曲目「だからってさ」。「BLOOD SHIFT」の最後を飾る楽曲。シンプルなスリーピースの攻めてくる演奏が逆にインパクトを生んで飛んでくる。ベンジーのギターカッティングが気持ち良くてキレが良くて、ギターソロの音も最強に良かった。毎度思う事だが、ベンジーのギターの音の良さは異常だと思う。

13曲目「ペピン」!!
聴けると思わなかった。嬉しい。センターに出てきてギターを掻き鳴らすベンジーがたまらなくセクシーだった。もはや性別は関係なく、ベンジーっていう存在があまりに魅力を放っていて魅入ってしまう。
キルズで鳴らされるペピンは、やっぱりしっかりとキルズの演奏になっていて、素晴らしくロックだった。

14曲目、アルバム「PIL」より「見た事もない鳥」。
この曲も、めちゃくちゃロックンロールしてて最高。途中に入る小林瞳のドラムソロにやられた。浅井健一名義のソロ曲は、キルズで演奏するととにかく引き立つなと感じた。ストロボのようなイントロの照明から曲終わりまで一瞬も気を抜けないカッコ良さがあった。

15曲目、「BLOOD SHIFT」より「暗いブルーは暗いブルーさ」。アルバム中でもテンポが早くノリの良い1曲。コード感も明るくてオーディエンスも楽しそうだ。途中ベンジーから「OK、スーパーベーシストの憲太郎のソロを聴いてみようぜっ!」とあると、中尾憲太郎の激しいソロプレイが始まり、オーディエンスからは手拍子が起こる。そこへドラムが入ってきて、最後ベンジーのギターが戻ってきて曲に戻る完璧な展開。

16曲目「METALLIC MERCEDES」。完成まで苦労したという楽曲だ。最近の楽曲の中では一番のキラーソングな気がしている。3人の素晴らしいところが全部詰め込まれていて、文句の付けようがない楽曲だと思う。
ベンジーの歌とギター、中尾憲太郎のグルービーなベース、小林瞳の強靭なドラムとインパクト大なコーラス。これ以上何が必要か?と思う。とにかくカッコいい。

ベンジー「OK、じゃあ懐かしいやつやるわ」。
17曲目「赤いタンバリン」。ブランキーの楽曲の中でも特にファンが多いんじゃないかなと思う。
ライブでの「赤いタンバリン」は勢いが凄くて、レコーディング音源よりもかなりロックンロールしてるといつも思う。あとは、キルズでのこの曲はリズム隊の強靭さが特に際立っていてゴリゴリとした演奏に体ごと持っていかれて、後頭部ぶん殴られたみたいな衝撃がある。
途中入るギターソロも最強にカッコ良い!

18曲目、最後の曲。浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSの代表曲と言っても良いと思う楽曲「Beautiful Death」。最近のライブではもはや定番曲。めちゃくちゃにカッコ良い。もうステージもオーディエンスもボルテージは最高潮で、そんな中鳴らされるこの曲は素晴らしすぎる。
気付いたら声を上げ、手を上げずにはいられない自分がいる。そんな勢いで音が飛んでくる。気持ち良すぎる!

ベンジーが「センキュー、東京エンジェルス!センキュー!」と言い残し3人がステージを去ると同時に、会場からはアンコールを求める拍手と「ベンジー!」という叫び声が止まらない。

しばらくすると会場に明かりが付き3人が戻って来る。
ベンジー「アンコールありがとう!」「今日はツアーファイナルだからなんか喋ろうか」と伝え、オーディエンスとコミュニケーションを取る。
そして、ここで改めてメンバー紹介。

アンコール1曲目、「BLOOD SHIFT」の1曲目を飾る「Old Love Bullet Gun」。今回のツアーを総括するような勢いで攻めてくる。そして、シンガロングが起こる。
ステージと観客席の一体感が最高の空気を作る。

アンコール2曲目「MOTOR CITY」。ここで最新曲を持ってくるあたりニクイ!そして、完全に会場が仕上がっている中放たれるこの楽曲で、オーディエンスはノックアウト寸前だと思った。それくらいの勢いで音の塊が飛んで来た。

そう思っていたら、アンコール3曲目「PUNKY BAD HIP」!オーディエンスの叫び声にも似たシンガロングが鳴り響く!要所要所の重要な歌詞はステージよりオーディエンスの声の方が大きいくらいだ。盛り上がり方が凄まじい。ライブ後半、アンコールでこれでもかと盛り上げてくる!ヤバイ!ヤバイ!

アンコール4曲目、JUDEから「DEVIL」。
もうこれ以上ないってくらいの盛り上がり。ステージの熱と会場の一体感と熱狂に鳥肌が止まらない。

ここで、3人がステージから去って、会場には明かりが付いてライブが終わったと思ったけれど、オーディエンスはまだまだ聴きたいとアンコールが止まらない。そんな中、音楽が止まり再度会場暗転からの3人再登場!

ベンジー「夕方まで騒ぐぞ!」

ダブルアンコール、ブランキーから「SKUNK」。恐らく予定に無かったであろうダブルアンコールにオーディエンスが歓喜する。
そして、ここでも曲を通してシンガロングが起こる。ライブ後半本当に本当に凄まじかった。これでもかと言うくらい彼らのカッコ良さを全部魅せてもらった気がする。

演奏が終わり、ベンジーは深々とオーディエンスに向かってお辞儀をしてからステージを去った。こういうところに浅井健一という人の人間としての素晴らしさや魅力が溢れ出てるんだよな。とふと思った瞬間だった。

本当に素晴らしいツアーファイナルだったと思う。今日のライブで満足出来なかったオーディエンスはきっと1人もいない事だろう。

そして、最初に思っていた通り浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSはしっかりと過去最高を更新してくれたと思う。それ程凄まじくカッコ良いライブだった。

またこれで当分他の音楽を聴けなくなるな。なんて思いながら帰路に着いた。

【セットリスト】
01, Colorful Elephant
02, Vinegar
03, 目覚める時
04, Watching TV
05, OLD PUNX VIDEO
06, DERRINGER
07, HARUKAZE
08, Very War
09, 未発表曲~Sunny Precious
10, 目を閉じる映画
11, DEAD FISH
12, だからってさ
13, ペピン
14, 見た事もない鳥
15, 暗いブルーは暗いブルーさ
16, METALLIC MERCEDES
17, 赤いタンバリン
18, Beautiful Death

[EN1]
19, Old Love Bullet Gun
20, MOTOR CITY
21, PUNKY BAD HIP
22, DEVIL

[EN2]
23, SKUNK

text by Kohei Murata

photo by 岩佐篤樹

————————————
2019年11月19日 マイナビBLITZ赤坂
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS 「BLOOD SHIFT TOUR 2019 FINAL」




【ライブ情報】
浅井健一& THE INTERCHANGE KILLS
SEXY STONES RECORDS 20th ANNIVERSARY『KILLS CORE』

2月08日(土) 渋谷WWW X

OPEN 17:30 / START 18:30 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:SMASH tel:03-3444-6751

オフィシャルHPチケット先行:2019年11月19日(火)21:00 ~ 2019年12月1日(日)23:59

https://eplus.jp/atiksingle20core-hp/

チケット一般発売日12/21(土)

SEXY STONES RECORDS 20th ANNIVERSARY『KILLS MORE』

3月14日(土) 高崎club FLEEZ

OPEN 18:00 / START 18:30 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:club FLEEZ tel:027-345-7571

3月15日(日) 甲府KAZOO HALL

OPEN 17:30 / START 18:00 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:KAZOO HALL tel:055-243-7069

3月20日(金祝) 小倉FUSE

OPEN 17:30 / START 18:00 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:LAND tel:092-710-6167

3月21日(土) 長崎DRUM Be-7

OPEN 17:30 / START 18:00 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:LAND tel:092-710-6167

3月28日(土) 岡山IMAGE

OPEN 18:00 / START 18:30 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:夢番地(岡山) tel:086-231-3531

3月29日(日) 京都MUSE

OPEN 17:30 / START 18:00 TICKET ¥5,000(税込・ドリンク代別)info:清水音泉 tel:06-6357-3666

オフィシャルHPチケット先行:2019年11月19日(火)21:00 ~ 2019年12月1日(日)23:59

https://eplus.jp/atiksingle20more-hp/

チケット一般発売日1月25日(土)

【リリース情報】
2019年11月13日(水)リリース
シングル「MOTOR CITY」
購入URL:https://aoj.lnk.to/yI3NzWN
配信URL:https://aoj.lnk.to/g-OO3WN

《初回生産限定盤(CD+DVD)》BVCL 1010~1011 価格:1,800円+税

<CD収録曲>(初回生産限定盤・通常盤 共通)
01. MOTOR CITY
02. Addiction
03. ぐっさり

<DVD収録曲>
『Five Music Videos』
01. MOTOR CITY
02. Colorful Elephant
03. METALLIC MERCEDES
04. ぐっさり
05. HARUKAZE

《通常盤(CD)》BVCL 1012 価格:1,000円+税

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP