[Live Report] King Gnu – 2019年11月26日 King Gnu Live Tour 2019 AW @Zepp Tokyo

この日は、2019年秋に全国ツアーを回ってきたKing Gnuの東京でのファイナル公演の日。チケットは全会場一瞬でSold Outした程の競争率で、会場はライブが始まる前にはすでに人、人、人で埋まっていた。まさに、今飛ぶ鳥を落とす勢いで紅白出演も決まった彼らの勢いが、そのまま会場にも飛び火しているような、そんな熱気で溢れる凄まじい光景だ。

これから始まる、King Gnuのロックショーをまだかまだかと待ちわびているのがよく伝わってくるし、僕も開演が待ちきれない1人だ。一体どんなライブになるのか、何が飛び出すのか、King Gnuのワンマンライブはもう何度も観てきているが、見る度に進化して深化する彼らの音やパフォーマンスに今日も期待をせずにはいられない。

そんな気持ちでそわそわしながら会場を見渡しながら開演を待っていると、会場が暗転、ステージの「King Gnu」のロゴが赤く脈打ちながら輝き、ステージに大量のスモークが!そして、オーディエンスの悲鳴にも似た歓声と大きな大きな拍手の音で会場が埋まる。その瞬間に僕はゾクッと鳥肌が立った。会場が暗転して、まだメンバーが出てきていないの段階ですでにカッコいいのだ。

そうこうしていると、スモークに隠されながらステージには常田大希、新井和輝、勢喜遊、井口理の4人が登場。この瞬間を待ってました!

ハッキリと見えないステージから、常田のギターノイズが飛んできて、勢喜遊のカウントから1曲目「飛行艇」。ステージも明るくなる。フロアの観客の熱狂が凄まじく、これはもはや事件だし一時代だと思った。
常田のボーカルパートから井口のパートへ移り、常田から「Say!!」とあると1曲目から凄いシンガロング!重たく強靭なリズム隊が今日も凄まじい迫力を出している。
演奏のみのパートに入ると真っ赤に染まるステージもヤバイ!

2曲目「Sorrows」。勢いのある楽曲にオーディエンスのボルテージが最初からもう上がりっぱなしで、フロアがずっと波打っている。常田が「Sorrow!!」とシャウトすると観客の悲鳴!ギターソロも盛り上がる。常田の新しいギア、シグネイチャーモデルのギターの音が素晴らしく良い!

立て続けに3曲目「あなたは蜃気楼」。ライブの定番曲。サビの「あなたは蜃気楼」という歌詞のシンガロングが凄まじく、会場がオーディエンスの声で埋まる。
妖艶なピンクと紫の照明でステージが染められ、その中で演奏する4人もセクシーだ。

常田の激しいギターカッティングから4曲目「ロウラブ」。初っ端の入りがカッコ良すぎる。ハンドマイクでオーディエンスを煽るように歌う井口が印象的だった。完璧としか言えない演奏に圧倒されているうちに曲が終わった。

ここまでの4曲で、まだシンガロングが起こらない曲がない。それって凄まじい事だと思う。どの曲でもオーディエンスが歌えるっていう奇跡。

5曲目「It’s a small world」。この楽曲でも当然のようにシンガロングが起こる。スロウテンポの聴かせる楽曲なんだけど、彼らの演奏にかかると、ガッチリと胸を掴む演奏に早変わりする。この技術力の高さは相変わらず凄い。

勢喜遊にスポットライトが当たり、ドラムソロからの6曲目「Vinyl」。やはり、まだこの曲のキラーチューンっぷりは衰えない。イントロが始まった瞬間に会場のボルテージが最高潮に。うねりながら踊って歌うオーディエンスに対し、井口がステージ真ん中に出てきて煽るように歌う。
ギターソロでは、緑のライトが多方面から常田を照らし、最強にカッコ良いギターソロを披露。多才過ぎて何を言えば正しいのか分からないが、確実に今の時代のギターヒーローの1人だなと思った。

ここで井口から新曲を演奏する事が告げられ、7曲目新曲「Overflow」。この新曲もめちゃくちゃにカッコ良いロックな楽曲だったのだが、オーディエンスが新曲という事もあり、盛り上がるより真剣に聴き入っているのが印象的だった。早く音源化して欲しい、そんな勢いのある楽曲だった。

8曲目「NIGHT POOL」。個人的に、この深い深い音像と世界観が大好きな曲。幻想的なステージライトの中で演奏する4人も神秘的に見えて、一緒に深く深く潜ってゆくような感覚に陥った。

続けて9曲目「白日」。今や彼らの代表曲の1曲でもある、超大ヒット曲。出だしの井口のボーカルが美しい。この曲は井口と常田のダブルボーカルのバランスが本当に素晴らしく、強いワードは自分が歌うと公言している常田が優しい歌詞を歌うところにグッとくる。
最強クラスのバラードなんだけど、ギターソロはめちゃくちゃ攻めていて、これぞKing Gnuな1曲だと思う。この日の演奏も完璧だった。

「東京まだまだいけるかー!!」と、ギターを下ろし拡声器を持った常田から一言。オーディエンスが全力でそれに応える。
10曲目「Slumberland」。またまたキラーチューン!拡声器でシャウトするかのように、ラップするかのように歌いステージ上を自由に動き回る常田大希があまりにカリスマ過ぎて見惚れてしまった。途中テンションの上がった新井もステージ最前まで出てきてオーディエンスを煽るようにベースをプレイ。最高の時間だった!

そんなキラーチューンから一転、常田がピアノへ。11曲目あまりにも美しい「Vivid Red」。常田のボーカルパートも井口のボーカルパートも美しい。後半の井口のボーカルが神がかり的に美しかった。

常田がそのままピアノを弾き12曲目「Hitman」。めちゃくちゃ綺麗なメロディラインを井口が美しい声で歌い上げる。これだけでテンションがめちゃくちゃ上がる。
全体的に荘厳な雰囲気の中、響き渡る井口のボーカルがとにかくインパクト大で、聴き入ってしまう。

ピアノ曲3曲目、常田のアドリブピアノから始まった13曲目「The hole」。これまた美しい名曲。King Gnuのこの楽曲の振り幅の広さはなんなんだろうか、才能が溢れすぎている。そんなバラエティ豊かな楽曲群をどれも完璧な演奏で表現してくる4人の凄さをまざまざと見せつけられた。
ステージ全体から感情が溢れ出すような、それに影響されて涙腺が緩むような演奏だった。

井口「こんばんは、ここからアコースティックコーナーですよ。」

そして、常田アコギ、新井ウッドベース、勢喜遊カホンという編成でしっとりと暖かく14曲目「Don’t Stop the Clocks」。アコースティックな演奏がピッタリで、井口のボーカルも映えて素晴らしかった。

アコースティックコーナー2曲目「McDonald Romance」。オーディエンスから歓声が上がる。新井のベースがめちゃくちゃカッコ良い。ラストの歌を全てオーディエンスに任せて、常田がコンダクターのようにリズムコントロールするパートがあったのだが、最高だった。自由にテンポを変える常田についていき、しっかり歌ったオーディエンスも凄いと思った!

アコースティックコーナー3曲目「Bedtown」。常田のボーカルから始まり、途中から井口にメインボーカルが移る。アコースティックなので、それぞれの楽器の音がより鮮明に聴こえてきて、贅沢な時間だなと感じた。
彼らのアコースティックの演奏は何度も観ているけれど、アコースティックコーナーの質も回を重ねる毎にどんどん良くなっている。最高の演奏。

ここで井口からMC。
「結構盛り上がってるんじゃない?今日のライブ!」と言うとオーディエンスから大歓声。
そして、ラジオのパーソナリティでより鍛えられた井口の面白い話に会場も盛り上がり笑い声で溢れる。平和な世界。

そして、ここから後半戦。
17曲目「Tokyo Rendez-Vous」。とにかく強靭!これぞKing Gnuだし、トーキョーニューミクスチャースタイル!めちゃくちゃにカッコ良い!終始演奏がヤバイ事になってるんだが、常田のギターが特に凄い事になっていた!
オーディエンスは振られ「君とTokyo Rendez-Vous」と大合唱!
これでノるなっていうのが無理な話!後半、井口がセンターに出てきてコールアンドレスポンス、マイクをオーディエンスに託し、オーディエンスが大合唱する中、ステージ最前でオーディエンスを煽る新井とギターをこれでもかと弾きまくる常田がヤバかった!

井口「みんなでPrayer Xを歌おう!」と言って始まった18曲目。シンガロングからスタートするという粋な演出。これまた彼らの代表曲の1曲だと思う。サビに入る時に常田から「歌うぜっ!」と一言。サビのシンガロングが凄い!この会場の一体感が幸福過ぎる。

シンセノイズが鳴り響き、勢喜遊にスポットライトが当たり、ドラムソロ!ヤバイ!途中から新井と常田が入ってくる。なんでこんなキレキレの演奏が可能なのかと衝撃的。
井口から「あと2曲いくぞー!」と掛け声と同時にステージは凄まじいフラッシュに包まれ、その中で19曲目「Flash!!!」が始まった。後半まだまだオーディエンスを全力でロックしてくるこの4人はもう誰にも止められない気がした。終始ステージは激しい照明でKing Gnuのロゴも色々な色に染まり、とにかくド派手な演出のまま突っ走った感じがした。

勢喜遊の4カウントから20曲目CMタイアップソングにもなっている「Teenager forever」。曲始まりと同時に歓声が上がる。たぶん、今みんなが一番音源化を待っている曲だと思う。
ノリが最高。凄いポップさを内包してる1回聴いたら忘れないような曲。過去のライブでも何度も聴いているけれど、本当に体を持っていかれる楽曲。ラストの激しさがまた良い!

ステージから、常田、井口、新井がお辞儀をして去る。そして、最後勢喜遊がステージ真ん中で、ポケットから何かを探すような素振りをした後、左手をオーディエンスに見せた。結婚したばかりの彼ならではのファンサービスにオーディエンスも盛り上がり、勢喜遊がステージを去るとアンコールを求める拍手が始まり鳴り止まない。
まだみんな彼らの演奏を聴きたくてたまらないのがよく伝わってきた。

しばらくするとステージに照明が付き、4人が戻ってきた。
井口「アンコールありがとうございまーす!」
常田「来年1月15日、アルバム出まーす。それに伴って2月からツアーに出ます。東京は代々木第一体育館2Days、みんな遊びに来てくださーい。アンコール2曲やります、King Gnuでしたー。」

とサプライズで告知があり、オーディエンス歓喜!!
僕もテンションめちゃくちゃ上がった!!

そして、アンコール1曲目配信されたばかりの新曲「傘」。配信されている楽曲はもう何度も聴いていたが、ライブバージョン最高!相変わらず演奏がキレてて、リズムが強靭で素晴らしかった。


井口「いやー、本当に楽しかった。良かった。最後サマー・レインダイバーで終わりましょう。」

会場全体が暖かい照明で照らされ、のっけからシンガロング。彼らのライブのラストを飾る事が多い定番曲だが、何度聴いてもこの曲の生演奏は凄い。
とにかく深く、音の渦に飲まれてどこまでも気持ち良く沈んでゆくような感覚に陥る。
後半、一度オーディエンスに歌を任せ、その後常田のギターをキッカケにバンド全部戻ってきて、ステージが明るく照らされ演奏が終了した。
井口、新井、勢喜遊がまだ演奏する中、常田がギターをオーディエンスへ投げステージを去ったのがカッコ良すぎて印象的だった。

そして、演奏を終えた残りの3人も1人ずつステージを去りライブは終わった。

とにかく印象的だったのは最初から最後まで、何一つ突っ込みどころのない完璧にカッコ良いライブだったという事だ。
終始鳥肌が立ちっぱなしで、ステージから目が離せず、食い入るようにステージを見つめ、音の渦に飲まれて気持ち良くなり、気付いたらあっという間にライブが終わっていた。そんな印象のライブだった。

King Gnuの快進撃はまだまだ始まったばかりだし、2020年は確実に彼らの年になるんだろうなと実感するには十分な内容のライブだった。
今から、今後の彼らの活躍が楽しみで仕方ないし、来年1月15日にリリースされるというアルバムへの期待感が今から凄いし、とにかく一切目を離せないなというのが正直な気持ちだ。

今はまだ今日のライブの余韻に浸り、少し冷静になってきたら、改めてKing Gnuの今後を楽しみにしようと思う。

最後に、本当に心から最高最強のライブだった。

【セットリスト】
01, 飛行艇
02, Sorrows
03, あなたは蜃気楼
04, ロウラブ
05, It’s a small world
06, Vinyl
07, Overflow
08, NIGHT POOL
09, 白日
10, Slumberland
11, Vivid Red
12, Hitman
13, The hole
14, Don’t Stop the Clocks (Acoustic)
15, McDonald Romance (Acoustic)
16, Bedtown (Acoustic)
17, Tokyo Rendez-Vous
18, Prayer X
19, Flash!!!
20, Teenager forever

-Encore-
21, 傘
22, サマーレイン・ダイバー

————————————
2019年11月26日 Zepp Tokyo
King Gnu Live Tour 2019 AW

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP