[Live Report] UVERworld – 2019年12月20日 KING’S PARADE 2019 男祭り FINAL@TOKYO DOME

圧巻の光景だった。
男性ファンだけを45000人集めたTOKYO DOMEでの男祭り。全員とは言わないが、男祭りの赤いTシャツに身を包んでいるファンが少なくともパッと見7割以上はいて、DOMEの中は真っ赤だった。
そして、開演まで大分まだ時間があるのにすでにオーディエンスのボルテージが上がっていて、そこかしこで今日の祭りを祝うかのように大きな拍手と野太い叫び声が轟く。
異様、そう今日のTOKYO DOMEの様子は明らかに異様だ。これからどんな大事件が起こるのか、もはや想像が付かない。
6vs45000と銘打ったTOKYO DOME2Daysの2日目。今日のオーディエンスは男のみ。UVERworldがずっと続けてきた男祭りの集大成と言ってもいいかもしれない。
もっともっと小さな会場でチケットが売り切れなかった時もある。でも、彼らは諦めなかった。そして、今日ついにTOKYO DOMEをSold Outさせるという日本の音楽の歴史を変える日を迎えてしまった。

これが事件でなくなんなのか。しっかりと今日という日を目に焼き付け、音を体で覚えて帰ろうと思う。

開演時間の18時半を迎える前、大型スクリーンに時間が表示されていて、ファンがカウントダウンを始める。
そして、18:30ジャストになると拍手で会場が埋まる中スクリーンには「男祭り FINAL」と表示され、過去の男祭りの映像が流れる。
そして、ド派手な照明の中ドラムの真太郎にスポットライトが当たりライブスタート!TAKUYA∞・克哉・信人・誠果・彰が一気に登場!会場が揺れる!
そのまま1曲目「Don’t Think Feel」がスタート。最初から凄い勢いで攻めてくる、さすが男祭り!あまりの勢いと会場の雰囲気に飲まれていたら、あっという間に1曲目が終わった。

TAKUYA∞「今日が俺とお前の人生最高の一日だー!ぶちかましましょう!!」

2曲目「WE ARE GO」。会場に入る時に配られたリストバンドが色々な色に光って会場がめちゃくちゃ綺麗。粋な演出。
ステージがエレベーターのように上に上がりTAKUYA∞が高い位置で歌う。カッコいい!

オーディエンスと一緒に「Q.E.D!」とタイトルコールからの演奏スタート、鳥肌。
途中途中、マイクをオーディエンスへ向けると野太い声で迫力あるシンガロング!
男祭り凄い!異次元の体験!


4曲目「stay on」。この曲でもリストバンドがうまく使われていて、とにかく会場がド派手で最高。メッセージ性強い楽曲を次々と矢継ぎ早に出して来るし、オーディエンスは最初から全力だし、45000人の力を見せられているような気がする。

続けて5曲目「境界」。サビの歌詞がインパクト大の楽曲。生きる意味や生まれた意味なんてない、でも「作るしかないじゃん」という救いをくれる素敵な曲。オーディエンスが男性だけという事もあり、とにかくシンガロングの迫力が凄い!

TAKUYA∞のMC。
MCから上手く曲タイトルに繋げるのが気持ち良い。素晴らしいMCからの「在るべき形」。ストレートなロックソングが胸に刺さる。スクリーンにここまでの楽曲全て歌詞が表示されていて、彼らが言葉をどれだけ大事にしているかがよく分かる。
TAKUYA∞「音楽の歴史に、しっかり爪痕を残そうぜー!」とシャウトして曲終わり。

ここで、ドラム真太郎からMC。
思わず下ネタを言ってしまった真太郎にTAKUYA∞がツッコミを入れ、7曲目「ODD FUTURE」。
エフェクトのかかったマイクと通常のマイクを両手に握り使い分けながら歌うTAKUYA∞が印象的だった。

信人のスラップから始まる「CORE PRIDE」。凄いテンションでステージの6人が演奏を繰り広げ、オーディエンス45000人とそれに対抗する。本当に6vs45000というのがピッタリだと思った。こうやって相乗効果でこのTOKYO DOMEっていうバカでかい会場が一体感で埋まる。

懐かしい曲もやるから、誰一人置いていかないからと一言あり「激動」。オーディエンスを煽り一緒にシンガロングして、とにかく一体感が凄まじい。この日のライブ始まった瞬間からそうだが、ステージとオーディエンスの熱量が本当に同様に凄く、この光景を見て体感しているだけで感動すら覚える。


続けて10曲目「KINJITO」。TAKUYA∞はもちろん、他のメンバーの勢いや気合いも凄い。とにかく今日のこの男祭りにかける思いが溢れてたまらない。きっとオーディエンスもそれを感じていて、本当にステージに負けないように声を張り上げている。こんな最高な景色が見れると思わなかった。まだまだライブ半ばなのに感動が押し寄せる。

11曲目「NO.1」。UVERworldの思いが詰まった大切な楽曲。UVERworldが最高のロックバンドだと証明するような演奏の迫力だ。そんな彼らを後押しするかのようにオーディエンスも声を張り上げる。

12曲目「PLOT」。オーディエンスに拍手を求め、その拍手の上で歌い始めるという粋な演出。終始オーディエンスも声を張り上げて一緒に歌う。もう、今日のこの日はステージのメンバーが作ってるわけではない。ステージのメンバーとオーディエンス全員で作り上げている。それを心から実感する。

13曲目「PRAYING RUN」。
凄くメッセージ性の強い曲で、歌詞が胸に刺さる。オーディエンスも感情を込めて全力で歌う。背中を押してくれるような力強いメッセージの楽曲だと思う。
ライブの激しさもあって、とにかくエモーショナル。

14曲目「Making it Drive」。ミドルテンポのロックバラード。リズムが印象的で、エフェクトのかかった歌が曲に合っていて素晴らしい。今の海外のメインストリートの流れを汲むようなリズム感が最高に心地良い。


メンバーが横長のステージの左右端まで移動すると、ステージが左右から回転するように動き出す。移動先はステージ正面離れた場所で、そこへもう一つステージが出来上がった!凄い演出!
ドラム真太郎はメインステージで叩く、TAKUYA∞を除く他の4人はサブステージで演奏する。なんとも奇妙なインストの演奏時間が終わると、TAKUYA∞がバイクの後ろに真太郎を乗せてサブステージへ!?


TAKUYA∞「ラッキーガールの為に全力で歌うぞ!」
メロディの美しいバラードをサブステージで歌い上げ、ファンサービスが凄いと思った。こういうところが、きっとUVERworldの凄いところだし、男女関わらず愛される理由だと思った。

サブステージでの演奏はステージが小さいせいなのか、よりバンド感が増して、メンバー6人が近い事もあり、凄く生々しかった。凄まじい安定感でハードな演奏を繰り広げる演奏隊と、それに全く負けていないTAKUYA∞の力強い歌。これ以外に何が必要だと言うのか。

演奏が終わると、サブステージからまた切り離されたステージが会場を回転して元に戻ってゆき、TAKUYA∞と真太郎はまたバイクでメインステージへと戻ってゆく。


メインステージに戻ってからの1曲目は「UNKNOWN ORCHESTRA」から。照明とリストバンドの光で彩られた会場がとても美しかった。途中信人のベースソロがあり、オーディエンスが盛り上がる。
ここまでライブを観てきて、なんだか慣れてしまっている自分が怖いが、ここまで全曲凄まじいシンガロングが起こるライブには来た事がない。これは奇跡的に凄い事だと我に返った。

20曲目「ナノ・セカンド」。祭りとは良く言ったものだなと思う。この日のライブは本当に祭りだ。UVERworldのメンバーとオーディエンスはもちろん、スタッフやこの日のステージを作り上げている全ての人のお祭りだ。
こんなに盛り上がるライブがかつてあっただろうか。本当にヤバイテンション!

TAKUYA∞が更に煽り会場のボルテージを上げる!
21曲目「Touch off」。僕の中で、これぞUVERworldというようなストレートながら、メロディラインが特徴的でバンドの一体感が素晴らしい楽曲。ステージでは炎が上がり、コーラスパートをオーディエンスが大合唱し、ボルテージは最高潮へ!

TAKUYA∞がエモいMCをしている間、バックで演奏される「零 HERE」がエモい。


23曲目「IMPACT」。盛り上がる為にあるとしか思えない最強のロックチューン!踊らないなんて絶対に無理。途中途中入る美しいメロディがUVERworld節で最高。もうライブ中盤からずっとボルテージが下がらない。ずっと最高潮!こんなライブある!?ってくらいの凄さ!
こういう大きな会場で演奏するべく成長してきたとしか思えないワールドクラスのバンドだと思う。

24曲目「AFTER LIFE」。この曲前のMCがエモ過ぎて、曲の頭から目頭が熱くなる。UVERworldは性別関係なく愛されるはずのバンドだし、それを今夜彼らは現実のものとして具現化したし、彼らが歌っている歌は、性別や年齢関係なく誰にでも刺さる言葉の数々だし、それはこの楽曲にも当然言える事で、心なしかシンガロングするオーディエンスの声にもこれまで以上に魂がこもっていた気がした。

25曲目「Ø choir」。鳥肌!出だしの歌をTAKUYA∞抜きでオーディエンスだけで大合唱した!この一体感は本当に今後味わう事が出来るのか分からない、そんな事を思わされる程特別な時間だと思った。
メロディ・言葉、TAKUYA∞の声、その全てが美しくて胸が締め付けられて、思わず涙が溢れてくる。ありがとうと言いたい。

26曲目「7日目の決意」。名曲!歌い出しからエモ過ぎてヤバイ。一切途切れる事のない手拍子の中で歌われる優しい歌。人生について考えさせられるような深くて優しくて力強いTAKUYA∞の言葉。オーディエンスのつけているリストバンドがピンクに光り、会場中が綺麗に染まる。


ラストソング「MONDO PIECE」。
歌い出し、TAKUYA∞が歌い始めると、すぐにオーディエンスがみんな肩を組んで力の限り大合唱を始め、1度目のサビまでの間TAKUYA∞もそんなオーディエンスに歌を任せた。今日一番感動的な一幕だった。サビでTAKUYA∞も歌い始め、サビ終わりに「この景色を絶対忘れるなよー!!」と叫び、またオーディエンスに歌を任せ、途中で入って来る。
今まで沢山のライブに行ってきた。でも、こんなライブは本当に観た事がない。こんなに一体感のあるライブは生まれて初めての経験だ。
45000人が肩を組んで体を揺らし大合唱する様は圧巻としか言えなかった。
本当に本当に素晴らしい瞬間に立ち会えて、これ以上の幸せはないと思った。

演奏が終わり、会場には「LONE WOLF」が流れ、オーディエンスが大合唱しながら手を大きく振り上げ揺らしていた。そんな中、スクリーンには歌詞が表示され、涙を堪えながらメンバーとハグをするTAKUYA∞がとにかく印象的だった。
ステージを去るのを名残惜しく思うように、メンバー6人みんなステージ上を歩き回りオーディエンスへ感謝を示していた。なんて素敵な光景なんだろうか。

最後、真太郎から感謝の言葉があり、深々とお辞儀をしてメンバーはステージを去りライブは終わった。

【セットリスト】
SE, UNSER
01, Don’t Think Feel
02, WE ARE GO
03, Q.E.D
04, stay on
05, 境界
06, 在るべき形
07, ODD FUTURE
08, CORE PRIDE
09, 激動
10, KINJITO
11, NO.1
12, PLOT
13, PRAYING RUN
14, Making it Drive
15, 和音
16, CORE STREAM
17, First Sight
18, 23 ワード
19, UNKNOWN ORCHESTRA
20, ナノ・セカンド
21, Touch off
22, 零 HERE 〜SE〜
23, IMPACT
24, AFTER LIFE
25, Ø choir
26, 7日目の決意
27, MONDO PIECE

————————————
2019年12月20日 TOKYO DOME
KING’S PARADE 2019 男祭り FINAL

カメラマンクレジット:鳥居 洋介 / 田中 聖太郎 / 渡邊 玲奈
©Sony Music Labels

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP