[Live Report] LUNA SEA – 2019年12月21日 LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019 SAITAMA SUPER ARENA 2days [Day1]

LUNA SEA毎年恒例のLUNATIC X’MASが今年も開催された。
そして、30周年記念ライブでもあった。30周年、そしてクリスマス、そのどちらも完璧に満たすような素晴らしいライブだった事を最初に記しておこうと思う。

では、ここから詳細なライブレポートに入るのだが、まず30年経ってもこれだけの人数に愛されているという事実を会場で実感して、それだけでもすでに凄い事だなと思った。
各々LUNA SEAへの愛が溢れるような自由な服装でライブの開始を待ち望んでいるのがよく分かった。

そして、開演時間をしばらく過ぎたところで会場が暗転しメンバーの登場。
1曲目、何が来るかドキドキして待っていると「FALLOUT」からスタート。後ろにある横長のスクリーンにこのFALLOUTの為だけに作られた映像が流れ、一気にLUNA SEAの世界観に持っていかれる。
いきなり感じたのは、30年の重みというか、メンバー5人が30年間で培ってきたものの大きさだった。演奏がとにかく素晴らしすぎた。あの安定感をどう表せばいいのだろうか。
そんな事を考えていたら、あっという間に1曲目が終わり、続けて「G.」。良いセットリスト!まさかこういう展開のライブになるとは思っていなかったので、この先演奏される楽曲も楽しみで仕方ない。
ずっしりと重たく強靭な真矢とJのリズム隊に安定感抜群のINORANのカッティング、SUGIZOのインパクト大の彼にしか弾けないようなオブリやギター・ソロ、そしてそんな4人の上で伸びやかに歌うRYUICHIの歌。
それだけで最強なんじゃなかろうか。

3曲目、ここでまさかの「ROSIER」。
会場のボルテージを上げにかかるの早くないか!?まだライブ始まったばかりなのに、凄い勢いでステージからパワーが放たれる。最高か。
3曲目にして、すでにシンガロング。オーディエンスの盛り上がりが凄い。思わず僕も歌ってしまう。
すでに完全に彼ら5人にロックされている。

4曲目、全く手を抜かずに「DESIRE」。何、この最高のセットリスト。盛り上がるに決まってる。
会場の一体感もこの時点ですでに凄い完成されていて、30年のキャリアってこういう事なのか、、、と考えさせられた。
凄まじいポテンシャル。

間髪入れずに、5曲目「IN MY DREAM (WITH SHIVER)」。INORANの綺羅びやかなギターサウンドが気持ち良くイントロを彩る。
ミドルテンポの彼らならではのロックチューン。ここまでで、もう今日のライブが大成功だと分かるような内容だ。
後半オーディエンスへ歌を任せ、会場大合唱でシンガロング。後半に向かうにつれどんどん盛り上がってゆく演奏がたまらない。

RYUICHI「みんな、本当にどうもありがとう!たぶん俺たちがラッキーだったのは、あの当時音楽しか無かった事かなと思うんですけど、音楽を通して5人でずっとやってきて、本当に家族みたいなバンドなんで。まあ、一度は家出しましたけど(笑)5人揃って家出しましたけど(笑)でも、しっかりLUNA SEAという実家に帰って参りました。世の中には、まだまだカッコイイバンド、先輩も後輩も仲間たちもいっぱいいます。でも、LUNA SEAももっともっとやれると思ってるんで。たぶん、他のバンドよりもみんな(オーディエンス)のスキルが高いからね。これはお世辞じゃないから。本当に君たち凄いと思うから、たぶん俺たちは君たちに負けないようにやって、君たちもまた俺たちにパワーを返してくれて、そのキャッチボールしてる間に、たぶんこれからもっと凄くなんじゃない?」「ニューアルバム聴きましたかー!!スティーブという素晴らしいプロデューサーと共に共同でね作った俺たちの今のベストな作品なんで、またねそのアルバムを引っさげたツアーもあるし、これからもみんな楽しみだねー!一番最初に届いた曲は、この曲だったんではないでしょうか。」

6曲目「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」
真矢の後ろに天井まで届く細長い超巨大スクリーンが現れ、宇宙の映像や美しいグラフィックの映像が流され壮観だった。
そして、LUNA SEAの今のベストと語るアルバムからの1曲でもある。バンドサウンドが全体的にタイトで、それぞれの役割分担のようなものがハッキリとしていて、めちゃくちゃにバランスが良かったし、やっぱりライブで聴く方が何十倍も迫力があるな。と思った。
TVシリーズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第1弾オープニングテーマでもある。

7曲目、まさかのカバー!?と思ったら、ガンダム繋がり!
TM NETWORKのカバーで「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を超えて~」こちらは、TVシリーズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第3弾オープニングテーマだ。
僕の中で、あまりLUNA SEAがカバーを披露するイメージがないので(過去何度かは目撃しているが、本当に数える程だ。)、最初少し驚いたが、とても楽曲もLUNA SEAに合っていて良かった。
同期音と生音のバランスが素晴らしくて、一瞬LUNA SEAの未発表曲かな?と思ってしまう程ハマっていた。

8曲目「悲壮美」。なるほど、ここはガンダムブロックなのか。こちらもニューアルバム「CROSS」からの楽曲でもあり、TVシリーズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第2弾オープニングテーマでもある。
LUNA SEA節全開のバラード。美しくて聴き入ってしまう。こういう曲は本当に他のバンドにはない個性だよな。と思った。一聴してすぐにLUNA SEAと分かるし、メロディが素晴らしい。演奏もムダを削ぎ落としたようなシンプルな演奏ながら、とてもエモーショナルで心に訴えかけて来る。素晴らしいバランス。

9曲目「absorb」。
真矢の後ろにそびえ立つ超巨大スクリーンとその左右の上下に移動するスクリーンに自然や夜空などの映像が流され、LUNA SEAと自然は何故か凄く調和していて美しいなと思った。
風景画みたいなものとLUNA SEAの音楽は何故か親和性があって、宇宙とかも含め自然との相性が良い。たぶん、彼らの音楽がそういう壮大な楽曲が多いからなのかもしれないと感じた。
ステージの5人とスクリーンの映像が美しくて、見とれてしまった。
曲が終わると、会場が暗転。しばらく時間が空く。

明かりがついたと思ったら、ここから10曲目「Dr Solo & Bass Solo」。
着物を着た和太鼓や和笛の人たちに合わせ、着物のようなものを羽織った真矢が、和風な映像をバックにとても雰囲気のあるドラムソロ。独特の和の雰囲気から、途中で羽織ものを脱ぎ、激しいドラムソロへ。
途中マイクを持ち「さいたま、もっと来いやーーー!!!」「もっと来いやーーー!!!まだまだいけんだろー!俺たちの30年間の愛の結晶を…ちょっとクサイな笑、俺たちの30年間の…結晶をこの場で爆発させようぜー!!!まだまだいけんだろーーー!!!」「もっと来いよー!!!x3」とオーディエンスを煽った後、ドラムに戻り花火のような爆発と共にフィニッシュ。
「さいたまー、お前ら最高にカッコいいぜー!」と一言言ってから、続いてJのベースソロを始める為、Jをステージへ呼ぶ為にドラムを再開。そして、打ち込みのリズムやシンセサイザーに合わせJのベースソロのスタート。
Jはオーディエンスに大きな歓声を求める。それに応えるオーディエンスの叫びにも近い力の限りの声が大迫力だった。
J「今日と明日と30周年派手に盛り上げていこうぜー!!!」「いけるかーーー!!!x4」と会場を盛り上げ、満足したような笑顔で、Jと真矢をきっかけに11曲目「Déjàvu」がスタート、ステージにはRYUICHI・INORAN・SUGIZOが戻ってくる。
後半戦、まだまだ飛ばしてくる!30周年最高!ここまでのセットリストも文句全くないし、とにかく素晴らしい演奏をずっと聴かせてもらっている。
メンバー全員の調子も良さそうで、演奏も歌も一体感があって、本当に素晴らしい演奏だと思った。
こうやって、新旧入り交じった楽曲を演奏出来るのはキャリアが長い彼らの特権みたいでもあるけれど、ファンからしたらたまらないの一言だと思う。
後半歌をオーディエンスに託しシンガロングが起こる瞬間もあった。

RYUICHI「今日は真ちゃんの後ろに照明の輪があって、雷様のようでカッコイイ」「なんとなくなんですけど、まだ体力的にもいろんな精神的にも、まだ満ちていく途中のLUNA SEAです。たぶん結成当時30年前からしたら、どんどんどんどん容積といか体積というか、重さというか、光がどんどん眩しくなっているようなそんな気がしてます。で、アルバム『CROSS』は、僕らにとっては30周年のアルバムでもあり、そして10枚目のアルバムでもあるわけだけど、スティーブという巨匠の魔法がかかって、世界基準のLUNA SEAサウンドを届けられたんじゃないかな、とそう思います。」「今回ガンダムの音楽監督をSUGIZOがやりまして、とても素敵な曲を沢山書いて参りました。次に歌う歌、40周年のガンダムに宛てた歌でもあります。THE BEYOND、聴いてください。」

そして始まった12曲目「THE BEYOND」。美しいINORANのギターアルペジオからSUGIZOのロングトーンのイントロフレーズがインパクト大な名曲。
歴史の長いガンダムの記念テーマソングとあって、壮大な楽曲に仕上がっていて、ライブでもその壮大さんは健在で、シンプルながら大きな会場が似合う楽曲だと思った。空高くまで飛んでゆくようなSUGIZOのギターが本当に美しい。伸びやかに歌うRYUICHIの安定した歌唱や歌詞も胸に響いてくる。

RYUICHI「もっともっと驚きたいよね、もっともっとはみ出したいよね。一番大事なのは、全員がめちゃめちゃ楽しむ事。さいたまいこうかーー!!!」

13曲目「Hold you Down」。
まるで十字架のように後ろのスクリーンが輝き、美しいグラフィックが投影され、ステージには青い炎が上がる。ド派手な演出と、それに全く負けないバンドの演奏。
この楽曲はとにかくRYUICHIのボーカルが素晴らしい。元々歌唱力のあるボーカリストだが、ここ最近の彼の歌は説得力も増して、そこへ元の歌唱力が加わり、本当に凄い歌を歌うボーカリストになったと思う。聴いていて、ただただ気持ちよく、自然と体が歌に乗れる。

前の曲の音が消える前に、アルペジオから14曲目「STORM」。イントロで痺れる。オリジナル音源には入っていないコーラスをイントロでRYUICHIが足すのがエモい。
強靭なリズム隊が特に特徴的だと思う楽曲。タイトで迫力があって、それでいてメロディはポップで、一度聴いたら忘れられなくなる曲だと思う。リリース当時の事をまだ覚えているくらい。
今聴いても全く古さなんてないし、最高のLUNA SEAサウンドだと思う。ギターソロ前の真矢のハットが印象的で待ってしまう。

ラスト凄い勢いでやってくるステージの5人に負けないようにオーディエンスも盛り上がる。15曲目「SHINE」。間髪入れずに演奏される彼らの代表曲の数々に会場のボルテージはすでに最高潮だ。
しかも、歌いたくなるようなナンバーが続くのでずっと会場のシンガロングが続く。最高!
しかし、今のLUNA SEAの安定感がここへ来ても全くブレずに関心してしまう。結成30周年は伊達じゃないと体に叩き込まれている気分になる。静と動を自由に行き来して、魅せたい聴かせたい表現を的確に演奏出来るスキル。本当に凄まじい事だと感じる。

ここで本編ラスト16曲目「TONIGHT」!INORANの最高のカッティングイントロにJのシャウト、SUGIZOのフェイザーのかかったオクターブ奏法、力強い真矢のドラミング、声を張って歌い上げるRYUICHI。めちゃくちゃ盛り上がるに決まってる!!サビはもちろん大合唱!ずっと聴いていたい、そんな気分にさせられる。最強のロックバンド、ここへ!というオーラを纏っている。ステージの5人が神々しい。
一度終わったと見せかけて、INORANの一言からラストもう一度演奏に戻り、最高に飛ばして盛り上がり続け本編終幕。最高すぎた!

本編が終わり、メンバーがステージから去ってゆき、最後SUGIZOが何度も何度も観客席におじぎをしてステージから最後に去った。
その後、どこからともなくきよしこの夜の大合唱が始まり、みんなスマホのライトを付け、会場で大きな大きなウェーブが起こり、それに対して大歓声が上がる。
ファンもみんなこの日を楽しみにしていて、目一杯楽しんでいるのが伝わってきたし、LUNA SEAがどれだけファンに愛されているかがよく伝わる一幕だったと思う。

そうこうしていると、ステージには5人が戻ってきた。
アンコールがある事が最高に嬉しい。まだ彼らの演奏を聴ける、観れる喜びが溢れてくる。

RYUICHI「どうもありがとう!いつも思うんだけど、これ誰が歌い始めてるの?誰か凄いミュージシャンでも潜んでるのかな?誰がカウント出してるの?」と笑いを取った。

そして、アンコール1曲目「HOLY KNIGHT」。
2016年に発表されたLUNA SEA初のクリスマスソングでアンコールの幕を上げた。今日というライブに相応しい1曲。
オーディエンスがスマホのライトをみんなつけて空にかざし満点の夜空の中のような景色の中、美しいサウンドスケープの楽曲が展開する。
あまりの美しさに胸がギュっとなって涙腺が思わず緩む。SUGIZOのギターソロが秀逸過ぎてどこまでも飛んでいける気がした。

アンコール2曲目「White X’mas」。
もの凄く荘厳でしっとりとした演奏に合わせRYUICHIが歌い上げ、会場が素敵な雰囲気で包まれた。そして、その流れで「I for you」へ。最高の流れ。
LUNA SEAの名ロックバラード。会場も大合唱に変わる。どっしりとした演奏が印象的で楽曲の雰囲気にとても合っていると思った。

ここでメンバー紹介が入り、リハーサルをしていないというメンバー紹介はカッコ良さと笑いと、オーディエンスとの絆が見えるような素敵なメンバー紹介だった。

そして、アンコール3曲目「BELIEVE」。本編もそうだったが、アンコールも引き続き代表曲の連続で、これで満足しないファンはいないんじゃないかと思わせる。
デビュー当時からのファンも最近ファンになった人たちも、みんなが楽しめて感動出来る、そんなセットリストだと思った。この曲では何度もRYUICHIがオーディエンスに歌を任せる場面があり、ステージとオーディエンスのコミュニケーションがとても素敵だった。ファンの目一杯歌う姿も美しく、完璧な空間だった。

RYUICHI「もういっちょいこうぜーー!!!x4」「かかってこーい!!!x3」
アンコール4曲目「WISH」。もう、ここまで立て続けに名曲を演奏されると、感動以外何もない。本当に素晴らしすぎて、ただただ今日この場所にいられて良かったと思う。
しかし、いくら30周年とは言え、LUNA SEAには名曲が多すぎる。全く中だるみなんてないし、ずっと最高の曲を聴かせてもらっている。こんなに気分が高揚するライブ、滅多に出会えない。
この曲でも、途中演奏が控えめになり、歌をオーディエンスに託すシーンがあり、LUNA SEAとファンの絆の強さを見せつけられた。

「WISH」の後、ステージのスクリーンの外周が青く光り、ブルーの十字架が現れた。そんな中真矢のカウントからアンコールも最後の楽曲「MOTHER」へ。
最後、LUNA SEAを代表するとにかく壮大で美しいバラードへ。途中からSUGIZOがバイオリンに変わるのだが、このバイオリンの音色やプレイも素晴らしかった。
ファン全員ステージの5人があまりに美しく見惚れて聴き入っているように感じた。

そして、この日のライブは終わった。演奏終了後ファンをバックにスマホで自撮りするSUGIZOの姿がチャーミングだった。

今日のライブを観て聴いて思ったのは、彼らの演奏のレベルの高さと、各楽器隊の音の良さだった。SUGIZO,INORANのギター、Jのベースはとにかくライブでこんなに良い音が鳴るんだと驚かされる程に良かったし、真矢はこの日、今後発売予定のPearlの電子ドラム「e/MERGE」を世界で初めて使用するという試みがあり、そのドラムの音も最高に素晴らしいものだった。

楽曲はもちろん、ライブの一体感はもちろん、音の良さ・演奏の素晴らしさはもちろん、全てに於いて高次元過ぎて、彼らのライブはまた絶対に観たいと思った。
そんな事を考えながら僕は帰路についた。

【セットリスト】
01, FALLOUT
02, G.
03, ROSIER
04, DESIRE
05, IN MY DREAM (WITH SHIVER)
06, 宇宙の詩~Higher and Higher~
07, BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ ※TM NETWORKカバー
08, 悲壮美
09, absorb
10, Dr.Solo & Bass Solo
11, Déjàvu
12, THE BEYOND
13, Hold you Down
14, STORM
15, SHINE
16, TONIGHT

-ENCORE-
17, HOLY KNIGHT
18, White X’mas ~ I for you
19, BELIEVE
20, WISH
21, MOTHER

————————————
2019年12月21日 SAITAMA SUPER ARENA
LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019

photo by 田辺佳子、橋本塁

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事








Staff Recommend

PAGE TOP