[Live Report] ストレイテナー – 2019年12月19日 Drawing A Map TOUR 追加公演@新木場STUDIO COAST

ストレイテナーが新譜『Blank Map』を引っ提げツアーに出て、辿り着いた最後の場所、ファイナルと追加公演はホリエアツシが好きな箱と語る新木場STUDIO COASTで行われた。
僕は追加公演、本当の本当に最後の公演を観る事が出来た。

すでに熱気を孕んだ満員の会場が暗転すると、出囃子をオリジナルにしたかったという理由から作られた「STNR Rock and Roll」が流れ、会場が一気に沸く。これは実際に体感すると鳥肌ものにカッコいい!
そんな出囃子の中ホリエアツシ・日向秀和・大山純・ナカヤマシンペイが登場。ホリエアツシが深々とお辞儀をしたのがとても印象的だった。
そして、楽器を持ち「STNR Rock and Roll」に合わせメンバーが演奏を開始、ホリエアツシから「東京ファイナル!最後までよろしくお願いします!」と一言ありライブスタート。

1曲目「スパイラル」から。新譜のラストを飾る楽曲からスタートというのがなんともニクイ。これぞ今のストレイテナーだとばかりにすでにツアーを回って完成された楽曲を披露され、その完成度に驚いた。

続けて大山純のギターから始まる2曲目「Sunny Suicide」。会場が手拍子を取り早速盛り上がり始める。間奏で手拍子をホリエアツシと日向が求めると会場中から手拍子が聞こえてきて、すでに会場全体の一体感を感じた。

ステージは本当にシンプルな作りで、4人のメンバーで戦っている様が本当にカッコいいと思った。

ブルーの照明の中、ナカヤマシンペイの4カウントから3曲目「クラッシュ」。尖っていてエッジでタイトな演奏が渋い!
日向秀和とナカヤマシンペイのリズム隊の強靭さと、ギターのトレブリーなサウンドが最高。

ホリエアツシ「俺たちストレイテナーって言います、よろしくお願いします!」

4曲目、ホリエアツシがギターからピアノに変わり「Braver」。メッセージ性の強い楽曲がホリエアツシの奇跡とも言える説得力のある歌声で心に刺さってくる。最高の瞬間。涙腺が緩む。

ギターの単音ディレイに日向の深いベースが印象的な、新譜から「青写真」が5曲目。ムダを一切削ぎ落としたような演奏に最高のメロディライン。何年経とうがストレイテナーのホリエアツシの芯は良い意味で変わらないと思わせてくれる、めちゃくちゃにカッコいい楽曲だと思う。

6曲目「タイムリープ」。印象的な電子音にナカヤマシンペイの4カウントからスタート、途中ホリエアツシの歌声が加工されたりと、同期音と生演奏のバランスが最高で、大山純のギターと日向秀和のベースがうねりながら楽曲を進める。個人的に大好きな楽曲。

全体的にタイトな演奏がインパクト大な「VANDALISM」。ギターサウンドが歪み過ぎていないところもまた印象的に響いていて、サビでの爆発力が凄い。
間奏で全員がキメるところが最強!ステージの4人がカッコ良すぎる!
ホリエアツシの曲終わりの「サンキュー!」に痺れる!

ホリエアツシ「もっと暑くなろうぜ新木場!今夜だけの特別なロックチューンをお届けします。」と言って始まった「YES, SIR」。大山純のハーモニカ最高か!ロカビリーとか昔のロックソングのようなアレンジがめちゃくちゃにノリが良くて、途中入る「YES, SIR!」のオーディエンスの大合唱が凄い!

ディスコサウンドのようなアレンジが印象的な8曲目「BLACK DYED」。途中途中でホリエアツシが入れてくるシンセがインパクト大。リズム隊のオーディエンスを踊らせるようなリズムも素晴らしい。間奏の日向秀和のベースとOJのソロ回しが最高!真っ赤な照明で染められた会場が妖しさを纏っていて素敵だった。

10曲目「シンデレラソング」。僕の中でストレイテナーってこういうバンドだよね、と思わされる力強い1曲。バンド4人の演奏が塊になって飛んでくるような勢いのあるロックソング。ずっと聴いていたくなる。ストレイテナーってバンドはホリエアツシも公言している通り、いつだって音で自分達を示してきた、そして今この4人が最強だって事をこうしてオーディエンスに実際に示している。その姿勢がカッコ良すぎて鳥肌が止まらない。

ナカヤマシンペイ「なんかね、昨日の気がしない?昨日からずっとライブが続いてる気がしない?」
ホリエアツシ「まぁ、厳密に言えば昨日から24時間経ってないけどね。笑」
ナカヤマシンペイ「そんな真面目に答えられても。笑」
日向秀和「テナーはリハーサル的な事が嫌いなバンドですからね。その分本番は良いっていうね。」

と昨日今日の話をみんなで話して会場を笑わせる。野球や映画やお酒、色んな方面に話がいって、本当に普段の4人を見れているような気持ちにさせる良いMCだった。

MC明け11曲目、新譜から「吉祥寺」。ホリエアツシの思い出が詰まった吉祥寺を歌った歌。なんというか、凄く身近に感じられるとても素敵な楽曲だと思う。歌詞も演奏も優しくて思わず聴き入ってしまう。

大山純のカッティングから12曲目「Yeti」。
印象的なリズムで進んでいく楽曲。ノリが良くて思わず体の動くような曲だと思う。ストレイテナーの楽曲は本当に幅広くてライブが楽しい。

新譜からピアノの音が印象的なダンスチューン「Jam and Milk」。ホリエアツシのピアノと大山純のエフェクトのかかったギターがとても印象的で、ナカヤマシンペイの16分の小気味良いハイハットと日向秀和のキレの良いベースラインもインパクトがあって、こういう生演奏ダンスチューンを聴くと本当に演奏力の高さを感じる。

ホリエアツシ「まだ旅の途中。自分だけの新しい地図を描く為に。Drawing A Mapツアーへようこそ。」

14曲目「覚星」。ホリエアツシの歌声がとにかく胸に響くようなシンプルながらも壮大な演奏が良い。ミドルテンポのロックバラードが胸に刺さる。
メロディラインが素晴らしくて、サビで開ける感じがまたグッと来る。演奏にムダなものが一切ないと思った。

続けてピアノ曲「灯り」。
ライブ中盤、ホリエアツシの歌声がとにかく艶やかで魅力的な楽曲が続く。歌詞も綺麗に聴き取れて曲の世界に入り込んで言葉を追ってしまう。ストレイテナーの優しい側面の楽曲が続くなと思った。

ホリエアツシ「上がっていきましょうか、新木場。」

ナカヤマシンペイの激しいドラムからテンションを一気に上げて「BIRTHDAY」。優しいストレイテナーも大好きだけど、やっぱりロックチューンを演奏してるストレイテナーも大好きだ!この幅広さを含め本当に良いバンドだと思うし、ライブに全く飽きるタイミングがないよなあ。とふと思う。最初からずっと最高!

打ち込みのインダストリアルな同期リズムからナカヤマシンペイのドラムが被さって始まる「DAY TO DAY」。サビ前に右手を天高く握りしめるホリエアツシに釘付けになった。ロックスターってやつはきっと、こうやって自然体で体現出来る人なんだろうなと思う。
フロントマンに相応し過ぎる、その歌う姿が時に優しい、時にカッコ良く、時に妖艶でセクシーで、人の目を奪うなと思った。
間奏で一気に激しさを増し、赤と青の照明であまり見えないステージ上、微かに見えるメンバーのシルエットがヤバい!

ホリエアツシの弾き語りからスタートする18曲目「シーグラス」。段々とバンドの分厚さが増してゆくアレンジが秀逸。どの曲もそうだが、今の4人編成のストレイテナーは本当に最強だと思う。2人編成の時もカッコ良かったのだが、今の4人編成は本当に素晴らしいバランスだし、ホリエアツシが音で示すと言っている事は有言実行されていると心から思う。それがみんなに伝わっているからファンもいつまで経っても彼らを愛し続けられるんだと思う。

ホリエアツシ「まだ元気ありますか?師走で疲れてる?頼みますよ、最後のブロック、みんなが俺たちを突き動かしてください!」

19曲目「冬の太陽」。今の季節にたまらない選曲。柔らかいシンセの音が同期され静かにスタートするが、ドラムインで一気に激しさを増す。その瞬間が最高で鳥肌!
楽曲後半のコーラスパートをオーディエンスがシンガロング。めちゃくちゃ盛り上がる!

ホリエアツシのダウンピッキングでのギターが印象的に曲をスタートさせる「羊の群れは丘を登る」。ライブ最後のブロック、盛り上がる曲が連続で来る!たまらない!
オーディエンスもここへ来てさらに熱気を増しボルテージが上がってゆく。会場の一体感が気持ち良い!

ホリエアツシ「もっと欲しがっていいですか?一緒に歌おうぜ!Melodic Storm!」
オーディエンスから大きな歓声と共に楽曲が始まった。曲前にホリエアツシが言った通り、サビは大合唱!完全にステージと会場が同化した瞬間だと思う。
新木場STUDIO COASTの中の景色が綺麗過ぎて、ストレイテナーとオーディエンスの一体感が綺麗過ぎて、なんだか涙腺が緩んでしまった。
バンドも素晴らしければファンも素晴らしい。最高しか言葉が出て来ない。

本編ラスト「Last Stargazer」。
これは上がる!最後にこんなの持って来られたら盛り上がるなって言うのが無理な話だ!ステージもフロアも最高潮!こんなに熱く盛り上がるライブを観たのはどれくらい振りだろうか、本当に本当に最強で最高だった!

演奏を終え、メンバー4人最前列へ出てきて並び、ホリエアツシが生声で「ありがとうございました!」と叫び4人で深々とお辞儀をした。随分長いお辞儀だった。その姿から彼らのファンに対する感謝や、今日のライブが素晴らしかった事がよく伝わってきた。
ステージを4人が去ってから、すぐにオーディエンスからはアンコールを求める大きな拍手が始まった。
正直、僕もまだ聴きたいと思っていた。

しばらくするとステージに灯りが点り、着替えた4人が再度現れた。
ここで、長いMC。ナカヤマシンペイと日向秀和とホリエアツシが様々な話で盛り上がる中、途中途中ツッコミを入れる大山純という構図で、常に笑いが絶えず、4人の関係性が素晴らしい事がよく伝わってきて、とても微笑ましい時間だった。

そして、アンコール1曲目「彩雲」。
ホリエアツシのアコギの音が優しくて、大山純のクリーントーンのギターも優しく、リズム隊はタイトに曲を押し進める。名曲だと思う。タイトルからして秀逸だが、本当に美しい楽曲だと思う。
最後まで本当に綺麗だった。

アンコール2曲目、本日本当の最後の曲、ストレイテナーのアンセムと言っても過言ではないと思う「ROCKSTEADY」。この曲の盛り上がりもそうだし、曲の持つ力が本当に凄いと思う。こういう楽曲は狙って作れるものではないと思うし、アンセムになるべくしてなった楽曲だと思う。
オーディエンスも最後の最後待ってましたという感じだと思うし、「ROCKSTEADY!」とシンガロングをしながら何故か凄く感動が押し寄せて来て涙腺が崩壊した。

ストレイテナーは本当に本当に最高のロックバンドだと思えるライブだった。観れて良かった。最後にステージから去る直前、もう一度深々とお辞儀をするホリエアツシが素敵だった。

ストレイテナーは来年もガツガツ活動するという発言がMCであったので、来年のストレイテナーも楽しみにしたいと思うし、またすぐにでもライブが観たいと思った。

本当に良い夜だったと思いながら、今日のライブを思い返しながら帰路に着いた。

【セットリスト】
01, スパイラル
02, Sunny Suicide
03, クラッシュ
04, Braver
05, 青写真
06, タイムリープ
07, VANDALISM
08, YES, SIR
09, BLACK DYED
10, シンデレラソング
11, 吉祥寺
12, Yeti
13, Jam and Milk
14, 覚星
15, 灯り
16, BIRTHDAY
17, DAY TO DAY
18, シーグラス
19, 冬の太陽
20, 羊の群れは丘を登る
21, Melodic Storm
22, Last Stargazer

-ENCORE-
23, 彩雲
24, ROCKSTEADY

————————————
2019年12月19日 新木場STUDIO COAST
Drawing A Map TOUR 追加公演

photo by AZUSA TAKADA

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP