「心が揺れて跳ねるモノ」Vol.42 – 刻一刻と 燃える僕ら

春がどんどん進んでいっています。
このまま行くとマスクなんてつけるのが苦しくなるポッカポカな気温になっていきますね。

いろんな事に制限がかかっていて
通常の当たり前は不意に消え去るんだなーと
またもや痛切に感じています。

‘転んだなら 寝転んで空を見上げよ
限られた小節
持て余す事 なかれ’

気持ちを緩める時間を少しでも多く持ちたいですね。

今月はやはり桜を抑えておきたいなと思い

チリヌルヲワカの’シダレザクラ’

チリヌルヲワカの存在に気づいたのは
1年弱前…
何していたんだ私…

ある日ずっとGO!GO!7188が頭をぐるぐるしていたんでYouTubeで見ていたんです。
懐かしい〜カッコいい〜と。

出てきたんですねぇ。
‘チリヌルヲワカ’
バンド名は見たことはあるけどノーチェック何も知らずで、ん??これは??と見てみたら

あぁ… なんでしらんかったん… めちゃ活動してはるやん!!! とダメージ大。

GO!GO!7188もどーぞ

あぁめちゃカッコいい素晴らしいブラボー

チリヌルヲワカ、絶対ライブ行く!と鼻息荒くタイミングを図っております。

全然桜な春な色じゃないのには理由がありまして。

キモノは’壺垂れ文様’という柄(+矢羽根)で
「釉薬が垂れる感じを柄にした」 って、それを柄にってっ と今更ながら目の付け所にグッとくる訳ですが
‘ドロドロ溶けるキャンドルみたいに’の歌詞にリンクするなとこの着物に。

絶対これを使いたかったオビ
‘鱗文様’です
この文様は厄除けや悪いものを跳ね除けるという意味合いがあり、今纏いたい模様!

文様に意味合いを持たせ願いを込める、それを纏わせるってなんて素敵なコトなのか と改めて思いました。

戻りますが、キモノに入っているもう一つの柄の’矢羽根文様’
こちらも矢を放ったら行ったきりで戻ってこないという所から
‘魔を払う’ などの意味づけがあったりで。

‘名前にこもった 祈りが込められた’

なので、このキモノとオビなのでした。

ハンエリは桜柄。
かろうじて季節感を。
あ、髪の毛をピンクにしました。春!

アンティークのキモノ、サイズが足りないので
おはしょりを作れず ’対丈’という着方で着ています。
おはしょりがない分間延びするので
オビをずらして巻いて幅広に。

情報量が多い…
幾何学の中に生き物を混ぜて躍動感を出したくなるのでそれを小物でプラス。

‘ぐるぐる回る走馬灯の中で’
‘ぐるぐる回る輪廻の狭間で’
は螺旋のピアスで。

‘こちらはフォルテシモ
そちらはピアニシモ
ドレミファソラシド 五線譜は続きます’
音符のピアスで。

●今回のアイテム価格
キモノ4万円台 天ふの国(アンティーク)
オビ →6万円台 モダンアンテナ

●キモノを楽しむ
今回、鱗文様をどうしても使いたかったのですが、厄除けを意識しなかった場合の別コーディネートをご紹介。

春はピンク使用率が増えるのですが(春のロマンティック祭開催中の私の場合)

サイケデリックな春。

キモノの中にないピンク。
それをバランスよく見せるためには

仲間を散らせる事。
これはハンエリとアクセサリーにピンクを追加しました。
マニキュアもピンクにしたり。

また肝心なポイントになっているのは
オビジメの白黒。
ここでキモノの色に戻してオビをサンドしてしまうんです。

それで全身コーディネートがうまくいくと思います。

もう一つ、同色でのコーディネート。

水仙なのでこの季節がずれますが、
キモノと同じ地色のオビでクールにしたい時。

色数は増やさずに、柄でメリハリを効かせる小物使い。
クールに決めすぎないてんとう虫で遊びを。

ワンピース的にメリハリをつけず という方法もあります。

いく通りもコーディネートパターンはありますし無限なんで 皆様のお好みで色々トライしてみてください!

いつもより背筋がシャンと伸びる心地よい
うっすらとした緊張感

心が揺れて跳ねるモノ

CHOKO

CHOKOキモノブロガー&ディレクター

投稿者の過去記事

2004年より「CHOKOとチョコと」という着物ブログを綴り、普段に楽しむ着物スタイルを軸に好きなモノに塗れた日々、オリジナル商品を紹介。
アンティークから現代着物,ロマンティックからROCKまで縦横無尽にファッションとして存在するキモノを着こなす。
2016年1月、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」にて初のキモノと洋服のポップアップショップ「ファッションとキモノとイキモノ展」を行い大きな反響を得た。
コラムタイトルはブランドC.H.O.K.Oとしての世界観「欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ」から。
細胞がBlankey Jet Cityでできている。ライブに行かないと枯れ果てるタイプ。猫のしもべ。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP