村田悠生「いざイグニッション!」 Vol.18 – 変わらぬ日常

飛行機の音ではなかった。耳の後ろ側を飛んでいた虫の羽音だった。
蠅よりも小さな虫は、目の前をしばらく旋回して暗い部屋の隅へと見えなくなった。

どうもどうも。
唐突で驚きました?往年の読者なら「お!?」っと思うそんなコラム。いざイグニッション。
世間はそれどころの騒ぎじゃない。世界はこんなにも慌ただしいのに、限りなく平常運転に近い村田悠生です。

という訳で・・・。いやどういう訳なのか?と。
もうさ、書き出しとかしゃべり出しとかっていつのも癖がでちゃうわけよ。
よくしゃべり出す前に必ず「あ、」と言っちゃうじゃない?それと一緒。旭○成と一緒なわけよ。
んで、僕はよく「という訳で」とか口走っちゃってさ、自分でもどういう訳??ってセルフツッコミしちゃってる訳なのよ。

これなんの話?

すいませんねすいませんね。ムロツヨシさん口調でなんの話?って再生されましたね?
これがメンタリズです。

いやーしゃべったしゃべった。冒頭からクラウチングスタート大成功だね。
久しぶりの今日の冒頭シリーズ。
今日は村上龍氏の『限りなく透明に近いブルー』でした。憎い演出だよね。
文章なのにとても立体的な表現だと思う。
そもそもさ、物語の一行目が否定文ってどういう事って感じよね。

飛行機の音ではなかった。いやしらねーし。ってなるじゃん。
じゃあなによ?ってなるじゃん。
そのあとに続く耳の後ろ側~のくだりも、誰もが経験したことのある不快感のおかげで、容易にどんな音なのか、どんな状態なのか、
瞬時にイメージできる。そしてこの映像的な描写はこの作品を良くも悪くも心に刻み込むようなトラウマ的な作品に仕立てていました。
お前様何様だよと言われること間違いないが頭おかしいです。(ほめ言葉)

この作品に出合えたのも、家でゆっくりしていたおかげです。
おかげって言ったらこの状況に感謝してるみたいだから一応せいですって言いなおしておこうかな。
こういう表現の受け取り方の問題ってまあまあ面倒くさいよね。
まあいいけど。

そうなんです。
家なんです。ずっと家なんですよ。
そりゃそうです。こんな状態ですもの。
じゃあこんな状態で何ができるんだっていたら、本読むか映画見るか音楽聞くかゲームやるかでしょ?
まあ家の中なら何やってもいいんだからさ。
って何でもできるってなると、人間贅沢なもんでなかなか始めないんだよね。

いつも忙しい時はさ、TSUTAYA行ってレンタルして寝る時間惜しんで映画見てんだけど、1日中家にいるのにアマゾンプライムで見たい映画あっても今度でいいやっつってそのまま見ないで忘れちゃうんだよね。
もう何度『翔んで埼玉』選んで決定ボタン押さずに「戻る」押したことか。
そんな中でもここ最近でアマゾンプライラム、Netflix、ディズニーDXで見た作品で一番記憶に残っているモノと言ったら『リメンバー・ミー』かな。
リアルタイムで見に行けなかったんだよね。なんでだったかさえ覚えてないんだけどね。
でようやく見てとてもよかった。やっぱり歌モノは素直に感動するね。
イルミネーションの『SING』もすごい感動したよね。ゴリラで泣く。3回見てるけど3回泣いた。ゴリラで。

あとはいつもよりTVドラマをよく見るようになった。
日本テレビで絶賛放送中の『美食探偵 明智五郎』が今期のお気に入りだね。倫也で泣く。いや泣かねーけど。
カッコよすぎじゃない?僕が女だとした場合の理想の男性像が中村倫也さんだねマジでカッコイイ。やっぱ倫也で泣くわこれ。

とまあこんな感じで、外に行かずに家で楽しんでいる訳です。

読みたかった本を。
見たかった映画を。
聞きたかった音楽を。
やりたかったゲームを。

せっかく家にいてって言われているんだから沢山楽しみましょう。

正直僕はそんなに頭がいい人間でもないし、口が達者な人間でもないので、
外出している人がどーのこーのとか、騒いでる人があーだこーだとか、読者が感心するような知的で素敵な名言は残せないし、
名言なんて残したら次回から自分の名言に殺されてしまいそうなので、別にいいこと書く気もないんです。
ただ、ここに足しげく通ってくれているであろう少数の読者の方が、また今月も好きな事を垂れ流してんな村田悠生は。と、生存報告然り安心していただけるのであれば僕はそれで満足なのです。

この状況で僕はあと何回このコラムを更新するのかなぁと。
考えたところで意味はなく、この状況だろうがいい状況だろうがもっと悪い状況だろうが、僕はきっとここで好きな事を好きなだけ垂れ流して、
読者に村田悠生だけは、「いざイグニッション」は今までと変わらない日常だと、小指の爪の先ほどの安心感と笑いを提供出来たらと思っております。

村田悠生

村田悠生コラムニスト(タレント)

投稿者の過去記事

劇団東京乾電池を経て現在フリーで活動中
俳優業、声優業、ユーチューバーなど幅広く活動をしています。現在は個人事務所設立を目指して躍進中。
ゆうき13号名義でYouTubeで動画配信中。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP