村田悠生「いざイグニッション!」 Vol.21 – ハリウッド四天王

トム・クルーズ、ジョニー・デップ、キアヌ・リーヴス、ブラッド・ピット
おそらくこの四名の名前を聞いたことはない人はいないだろう。
そしてこの四名の全盛期時代ど真ん中の方々はおそらく村田悠生と同年代でまず間違いないだろう。

僕がツタヤでアルバイトをしている時、彼らはハリウッド四天王だと言われていた。
ってなんか世界がそう呼んでいたみたいな言い方しているけど、そういうわけではなく、言われていたっていうか言っていた。
一体誰が?そりゃもちろん。
僕が。

お前かよ。

と素敵なツッコミが聞こえてくるよありがとう。
でもわかってくれると信じている。絶対そうだもん。
ハリウッドもこの四名に任せておけば大丈夫だろうと思っていたはずなんだよ。
それくらいの安定の四名だった。
どれくらい安定だったかっていうと、ルフィーと黒崎一期と銀さんとトリコチームって感じだろうか?
孫悟空がいないのは、この4作品が始まったころには連載が終了していたからだ。
なのでハリウッド的には孫悟空はロバート・デ・ニーロあたりではないだろうか?
うー。賛否ありそげでブルブル震えがくるよ…。

ちなみに四天王って何が四天王なの?って疑問にお答えするとですね?
もうこの四名をローテーションで毎年映画撮っておけば、取り合えず売れるよね。的な毎年必ずと言っていいほど四天王の作品が上映していた。

ミッションインポッシブル、パイレーツオブカリビアン、マトリックス、オーシャンズ11
毎年かっこよかったよありがとうございました。
こんなことを言っていると、レオナルド・デカプリオ様も入れろ!っていう方がいるでしょう?
そうでしょうね。わかります。
実はレオ様はこの四名のひとつ下の世代なんですね。
この四名はもう50歳の世代。
レオナルド・デカプリオはまだ40代なのです。

ちなみにそんな四天王40代組は次の通り
レオナルド・ディカプリオ、クリスチャン・ベール、ドウェイン・ジョンソン、ユアン・マクレガーあたりだろうか。

時…話を戻そう。

今紹介した四天王は説明した通りもう60歳近い大ベテランたちだ。
いつまでも彼らに頼っていてはいけない。
そこで、いま最も盛り上がっているハリウッド第7世代を、新生四天王として迎え入れようじゃないか。

ちなみにハリウッド第7世代とは現在ハリウッドで活躍している20代~30代のいま最も勢いのある連中だ。
なんだったら村田悠生もこの世代に入る。見とけよマジで入るからな。

それでは第7世代四天王をご紹介!

まず一人目
クリス・ヘムズワース
もうすでに40近いベテラン勢に入りつつあるけど、最近メキメキと頭角を現しています。
ポストブラッド・ピットとしてアクション俳優の道を突き進んでいます。
肉体作りもストイックで軍隊式のトレーニングで絞りぬいています。
今年の4月にNetflixで独占配信された「タイラー・レイク」は必見の価値がある骨太なアクション作品になっています。

二人目
タロン・エガートン
素晴らしい歌声を持っている新星です。
アニメの「SING」のゴリラ役(この前のコラムでも書きましたね)から、
最近では「ロケットマン」では若き日のエルトン・ジョンを熱演していました。
そんな文科系な俳優かと思いきや「キングスマン」でのスタイリッシュアクションも見事に決めてくる、
近代俳優ですね!

三人目
ティモシー・シャラメ
お待ちかねのイケメン天使。ハリウッドの貴公子と呼ばれる彼。
美しい容姿もさることながら、ファッションセンスもずば抜けており、
今もっとも注目されている20代俳優です。
「君の名前で僕を呼んで」での難しい役を見事に演じきった天才俳優です。
もちろんゴシップでも色々とにぎわせてくれる彼。
今年の4月までジョニー・デップの娘さんのリリーローズとも付き合っていました。(別れちゃったけどね)
今年のアカデミー賞にノミネートされていた「ストーリー・オブ・マイライフ」も気になりますね!

最後はこの子!
トム・ホランド
もうね村田はトムホが好きすぎて仕方ないです。
もう世界の人々に愛された少年ですね。
「スパイダーマン」の生みの親、スタンリーに「この子こそがスパイダーマンだ!」と言わしめたスペシャルな少年です。
「スパイダーマン」のオーディションでクリスやダウニーがいる中で、物怖じせずバク中を決める大胆さ。
スタントいらずの身のこなし、演技力も申し分ない最高の俳優だったようですね。
実はそのオーディションにはシャラメも来ていたらしく、永遠のライバルのような関係になっているみたいです。
今後の「スパイダーマン」関連の作品はトムホを中心に展開していくという計画があり、
将来を約束された、まさにアメリカンドリームを体現した少年です!

今回は村田悠生が注目する第7世代俳優を紹介しました。
もちろんまだまだ気になる俳優はたくさんいます。
皆さんもお気に入りの俳優を見つけて、映画ライフを楽しんでみてください!

村田悠生

村田悠生コラムニスト(タレント)

投稿者の過去記事

劇団東京乾電池を経て現在フリーで活動中
俳優業、声優業、ユーチューバーなど幅広く活動をしています。現在は個人事務所設立を目指して躍進中。
ゆうき13号名義でYouTubeで動画配信中。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP