[Interview]大比良瑞希のサウンドプロデューサー伊藤修平“IN ANY WAY”独占インタビュー!! そして、8/21遂にソロワーク第一弾発表!!

大比良瑞希はじめ、様々なアーティストのプロデュースを手がける傍ら、自身もチェリストとしてメジャーシーンからアンダーグランドまで幅広いステージでパフォーマンスを行っている伊藤修平。
今回は、サウンドプロデューサー伊藤修平に大比良瑞希“IN ANY WAY”について独占インタビューをさせていただいた。
プロデューサーという目線を通していつもと違った角度から“IN ANY WAY”完成までの過程や作品についてより興味深い内容を伺うことができました。

そして、遂に待望の伊藤修平の新プロジェクト「SUGAR HILLS」についても明かされる!!ぜひ!!お楽しみください!

34423(Optimanotes)

――大比良瑞希 2nd Album“IN ANY WAY”リリースおめでとうごいざます!!ご無沙汰してます!
1st Album“TRUE ROMANCE”のリリースの際に大比良さんと一緒にインタビューさせていだいてから、実に、4年ぶりのインタビュー! 瑞希さん同様、4年前に今の自分を形成するもの3つは?という質問をさせていただきました。覚えてらっしゃいますか? ちなみに4年前は、「決断力、瞬発力、遊び心」でした!今現在はどうでしょう??

伊藤:ぜっんぜん覚えてないです。そしてこれを聞いて、その頃の自分の姿とマインドがなんだか客観的に見える気がします。
「遊び心」は今もですかねーあとは最近の気分というか風潮みたいなものなんですけど、「物事の良い部分をまずは見るようにする」って事。
あとは「観葉植物」です。

「ネオソウル」決定づける作品「Eternal My Room」

――今回はプロデューサーとして、アレンジや演奏の他にもご自身のプログラミングされたトラックが入っているのも印象的でした。ワンマンライブでも披露されていた曲で、瑞希さんのイベントタイトルであり、アルバムの裏テーマにもなっていると伺った大事な一曲「Eternal My Room」。制作へのアプローチの仕方も今までとは違っていましたか?また、どんなことを想像しながら、制作されましたか?

伊藤:この曲は、それこそ僕がトラックを作ってそれを瑞希さんに投げ、メロが乗って返ってくる、というやりとりで始まった曲です。そのファーストデモの時点でメロはほぼ完成していましたね。
原因は忘れてしまったんですが、あのトラックを作った時はすっごくうんざりした事があって。どん底な気分で鍵盤にさわって出てきたのがあのイントロでした。笑
そんな低体温でソウル感のあるトラックから、お馴染みのバンドメンバーとストリングスを生でレコーディングし、一部残したプログラミングのパートと合わせてあのサウンドが出来あがりました。演奏メンバーの素晴らしいプレイは、曲を何倍にもエモーショナルで色気のあふれるものにしてくれました。
以前から「ネオソウル」とも形容されてきた我々のスタイルをより決定づける作品になったかと思いますし、前作「TRUE ROMANCE」のときに掲げた「ストリートエレガンス」というコンセプトも踏襲しているようにも思います。

――意外に今まで伺ったことがなかったのですが、修平さんが曲作りをされるときは、どういう情報や影響を受けて、どんなところから、どんな楽器で曲作りを始められますか?

伊藤:もちろん何かの曲を聴いて「この感じやってみたい!」と思う事もあれば、自然発生的なこともあります。メロが先のこともあれば、オケが先のこともある。テーマとなるフレーズを思いついたり、ビートが先にできたり。
僕はチェロって楽器がメインなのですが、歌モノのポップスを弾きながら作るにはぜんぜん適していない楽器です。笑
なので最初から打ち込んでいくか、あまり弾けない鍵盤をちんまりとさわりながら作ることが多いです。

「Eternal My Room」が「隠のネオソウル」なら「甘い涙」は「陽のネオソウル」

――プロデューサー目線で、今回のアルバムはどういうイメージでどんなものにしたい、しなくては、のようなアルバム制作の始まりはどのようなものだったのでしょうか?

伊藤:今回はシングルで配信してきた曲や、コラボものの曲も多くあり4年も間が空いてしまいましたが、その期間の作品を統括したベストアルバムのような内容に近いと思います。
「甘い涙」は実はかなり前からあった曲で、レコーディング前に2018のGREEN ROOM FESTIVALで初披露しています。その頃からメロディの素晴らしさから必ず次の代表曲になると思っていたのですが、先ほど話した「Eternal My Room」が今回出来たことで、より「大比良瑞希の音楽」というものを具現化したように思います。
「Eternal My Room」が「隠のネオソウル」なら「甘い涙」は「陽のネオソウル」。この二曲が表裏一体、相乗効果で魅力を引き出し合って いるように感じるんです。

――“TRUE ROMANCE”をプローデュースされてから今回の“IN ANY WAY”をリリースするまでの4年間はどんな4年間でしたか?

伊藤:たぶん自分自身が、色々なアーティストの楽曲を制作に関わることでまた成長できた4年間だったと思います。
それを瑞希さんの楽曲制作にも持ち帰るように、生かすこともできてきたような…
世の中の音楽制作や発信の方法もすごく変化したはずですよね。

――ご自身で1番変わったと思われる点は具体的にどんなところでしょうか?
それに対してメリットやデメリットはどんなことだと思いますか?

伊藤:やはり、サブスクリプションで音楽を聴くことがスタンダードになったことですが、自分もぜんぜんCD買わなくなったし
でも出したばっかりの新曲をライブでもう口ずさんでるお客さんがいたりと新鮮な変化もたくさんですよね。
サブスクで音楽を聴く世界でこれからなにが起きていくか楽しみです。

――この四年間で新たに発見したことなどはありますか?

伊藤:4年もあると、きっと死ぬほどあったはずですよね。笑
「植物の育て方」と「痛風への恐怖」ですかね。

――植物の育て方気になります。植物もそれぞれ育て方が違うと思うのですが、プロデュースと似た境地なのでしょうか?
手こずるなぁーって思う植物とかありますか?

伊藤:ぜんぜん似てません。笑笑

でもそれこそダイソーとかで300円で売ってるちっちゃいやつを植え替えを繰り返しながら大きくしていくんです。これほんとに楽しいんですよ。時の流れを実感しますし。

「シンガー大比良瑞希」としての魅力を伝える

――大比良瑞希1st Album“TRUE ROMANCE”の録音のときに、すでに、録音していたボーカルを瑞希さんの声と相性が最高に良いマイクに出会って再度録り直したエピソードがありましたよね。今回プロデューサーとして、一番拘ったところはどこでしょうか?

伊藤:今回はコラボ曲もあり、全曲をプロデュースしたわけではなかったので、最終的なアルバムとしてのパッケージングですかね。 制作時期も違い、多彩な楽曲たちが違和感なく聴けるように。なのでシングル曲もアルバム用にマスタリングし直す工程は、すごく悩ましかったです。笑

――多彩な曲たちを違和感なく聴くためにマスタリングし直した時に、バランスとるために1番優先されるポイントは何だったのでしょうか。

伊藤:もちろんすべては歌ですよね。

ただシングルカットしていた曲をアルバム用にまたマスタリングしたりしているので、少し質感が変わったものもあると思います。
それに関しては流れで聴きながら作っているので、違和感なく聴こえるように、スタッフもアルバムに参加してくれたエンジニアの方も来てくれたりで、みんなで「うんうん」みたいな感じで聴いてましたよ。

――また、この4年間に瑞希さんの歌声も随分変化を遂げたと思うのですが、歌をもっと聴かせるために、プロデューサーとして助言や、アプローチしたことは何かありますか?

伊藤:これを話すと本人がきっと怒るとおもうんですけど、良い話なのでひとつ笑 「いかれたベイビー」をレコーディングする前に、仮歌のデモを聴いてちょっとした指摘して大げんかになったんです。笑 これはもちろん、彼女のポテンシャルを心底信じていたからこその出来事なんですけど。
初のカバーだったのもあり、僕も気合入ってたしね。あの作品が「シンガー大比良瑞希」としてのシンプルな魅力を伝える好機になると思ったからです。
そんなこんなで迎えたレコーディングの時の彼女の歌はじっさいすごかった!!アンビリーバボー。テイクも少なかった気がします。
曲の知名度としても、かなりすでにカバーされ尽くしてる曲なのもあり、選曲した時点で勝負だと思ったし、緊張しつつもアレンジも攻めたものにしました。。
その甲斐あってSNSではめずらしく、かなりの批判もいただく作品にもなり、笑笑
でもそれって当たり障りないカバーやるより良いことだよな、ってちょっぴりポジティブにも受け止めてみたりしてます。
偉大な原曲へのリスペクトを込めて。。

――今回のアルバムではシングルカットされている曲や、コラボ曲も多く入ったベスト盤のようなアルバムですね。一つのアルバムとしての ストーリーにまとめ上げられていていろんなところで、気づかされたり、感動させられたりしました。個性の強い楽曲を一つのパッケージにする時に、大事にしたところはどんなところでしょうか?

伊藤:なんだか不思議と、自身の曲もコラボ曲も個性が強いからこそ相乗効果的にお互い魅力を引き出し合ってる気がします。
今回僕のアレンジは7曲だったかな? だからそれとそれ以外のバランスが6:4ぐらいで絶妙だったのかも笑
たとえば12曲全部が僕のプロデュースだと色は揃ってても、きっと面白くなくなっちゃったと思うし。とはいえ全曲違う人がやってたらそれこそほんとにシングルスみたいになるでしょうしね。
曲順決めるの楽しかったですよー笑

「Somewhere」の詞の世界

――今回のアルバム通して、言葉がとてもよく伝わるというか、詞の持つ強さも感じることが多くて、ラスト曲の「Somewhere」は作詞されていますが、この曲を書いた時の気持ちや風景って覚えていらっしゃいますか? また、ご自身で普段大事にされている言葉などはありますでしょうか?

伊藤:なんか特定のメッセージがあったというより「絵本のラスト」みたいなものにしたいっていうイメージだけあったんです。ラストシーンで、気持ち良い風が吹く岬みたいなところでギターを爪弾いて歌っているような。
それを考えると先ほどのパッケージングの話じゃないけど、これはアルバムの終曲にするイメージだったんですねきっと、歌詞書く前からすでに。
ちなみに「Real Love 熊井吾郎remix」はその後のエンドロールのイメージです。

――プロデューサー、演奏家、アートディレクター全てが最高のチームだった伺いました。一つの作品をリリースするにあたって、修平さんからみた信頼おける人たちとはどんな方々でしょうか?

伊藤:バンドメンバーは本当にこのプロジェクトを通して長い付き合いになってきているので、ファミリーですね。 僕もメンバーの個性が生きるアレンジを心がけているし、皆それを越えて応えてくれます。
アートディレクターは今回、KAZUKIさんという方が入ってくれて。大比良のパブリックイメージ作るのに女性ならではの感性で大いに貢献してくれました。

――また、拘ったところや、どうしても譲れなかったことはありますか?

伊藤:大比良さんの曲をプロデュースする時全般に言えることなんですが、 彼女の楽曲は一過性でなく、本当に普遍的な良さがあります。そのメロディセンスにはいつも感動させられるのですが、だからこそアレンジも時代の風を入れながらも、それこそ一過性でなく10年、20年先になっても「上質な歌モノ」として共存できるものにしたいと思ってます。

――多くの方々と関わった作品だと思うのですが、その中で一番印象的だった方、出来事はありますか?

伊藤:去年の夏にやったワンマンライブで、蔦谷好位置さんと七尾旅人さんが出演してくれました。蔦谷さんはスタジオリハーサルにも駆けつけてくれて、メンバー一同背筋が伸びる思いでしたね。笑
七尾さんは大比良の「Everything gives me chance what I love it」を一緒に歌ってくれて、鳥肌ものでしたね、、、ここからコラボの話が具体化しました。

――円滑なコミュニケーションを行うために、気をつけていることはありますか?

伊藤:すれ違いざまに相手のポケットに干し椎茸をしのばせること、ですかね。
突如でてきたときに盛り上がりますよ。

――余談ですが、今回の制作中にハマった食べ物や遊びなどはありますか?

伊藤:観葉植物ですね。
育てることに楽しさを見つけてしまって、 わりと小さなものをそれこそ100均とかで手に入れて、植え替えを繰り返して大きく育てるんです。
なので数年かけて大きく育ちすぎて、いま我が家は植物園状態です。笑

「ムーンライト」の裏テーマ

――演奏家として、今回拘った音や、エフェクト、機材などはどんなところでしょうか? (音の聴きどころなど)

伊藤:「ムーンライト」の僕の中での裏テーマが、「大人のボーイスカウト」なんですよ。 エロい意味じゃないですよ?笑
「少年と少女の儚い冒険」みたいな、「叶わぬ逃避」みたいなイメージかな、、

瞼の奥のチープな夢みたいな、大人になって思い出してみたら美化されている映像みたいなかんじ。

なのである種の不気味さが出るようなサウンドにしたいと考えました。アレンジの構成としてはグルービンですが音数も極力少なくして、シンセやウワモノにはどこか薄ら寒さが漂うように作ってみました。GOTOさんのドラムと松下さんのパーカッションがそこに絶妙なアーバンビートで彩りを加えてくれましたね。

――このアルバム制作中の最高だった瞬間と、これからイメージする最高の瞬間はどんなことでしょうか?

伊藤:やはりアレンジデモで構築してきた各パートが生演奏に差し替えて色気 を増していく瞬間でしょうか。とくにストリングスまできたときには現場が言葉にならないら感動で包まれますね。。
今後はもっと幅広いコラボなどで、新たな化学反応を見守りつつサポートしていきたいです。

――突然のコロナ期、そして緊急事態宣言によるリリースの延期が決まった時、どんなお気持ちでしたか?
また現在のお気持ちはどうでしょうか?

伊藤:元々ずーっと出したくてもなかなかすぐに出せなかった曲たち、アルバムだったので、何度もお祓いに通い、頭にはおフダをつけて生活していたのですが、、
いよいよ4月のリリースが叶わなかったときにはもはや悟りの境地というか、笑
もうじたばたしてても仕方ない、これにもきっと何かの意味がある、と考えるようになり、お祓い通いをやめてランニングを始めました。
その時購入したのが後に生涯の愛用の愛用品になるランニングシューズ、SAUCONY「AZURA」です。

――自粛期間中に、チームをまとめるためにされていたこと、またみんなのモチベーションを保つためにされていたことはありますか?

伊藤:「オンライン墓参り」ですかね

――ん?何です?それは??

伊藤:おれも良くしらねーよ笑
でも不謹慎ながらこういう情勢の変化から生まれる言葉って面白いですよね。

リモートでの音楽制作と配信ライブの今後の可能性

――ライブハウスでのライブも徐々に復活して行くのかなとは思いますが、コロナ期を迎え、with コロナで生活して行く上で、今後のミュージシャンのライブ活動について、また音楽家の未来についてご自身はどうありたいと思われますか?

伊藤:もともとあった、リモートでの制作の可能性がより現実的になりましたよね、良い意味で。それに興味をもつプレイヤーも増えたし、世界的にそういう形がひとつのスタンダードになるきっかけになったかと。 その利便性やコストの部分でも僕はすごく良いと思うし、早くそうなれば良いと思っていたのですが、クオリティを維持することと、仕事をする人への対価は絶対に下げてはいけないですよね。誰でも簡単に出来るようになってきているからこそ、プロの差が出るので。 まあそれも含めて色々な手段が混在して、それを摂取できることが現代のスタイルだと思うし、それも含めて楽しんでいきたいですね。

――音楽の聴き方、ライブの方法がどんどん多様化して、「伝える」という部分に今まで以上に配慮が必要になってきましたよね。プロデューサーや演奏家として、配信ライブや無観客ライブについての考えと、配信ライブで伝えたい大比良瑞希の魅力はどんなところでしょうか?

伊藤:大比良さんはそもそも音楽、センス、ルックス共にグローバルな魅力を持っている方ですよね。きっとこれからの時代に向いてますよね、きっと彼女の尊敬する、Feist, リアンラハヴァスなど、そういうアーティストと繋がったり、出会う日も遠くない気がします。

遂に!伊藤修平ソロ新プロジェクトスタート!!

――自粛期間中に何か始めたことはありますか?

伊藤:自分のソロワークをこっそりスタート…笑

――ソロワーク!!!!!どのようなジャンルや形態で??
伊藤:第一弾が8月21日にデジタルリリースされます!ずっとやりたかった、自分のポップスのプロデュース作品をようやく形にしていきます。
「SUGAR HILLS」というプロジェクト名で様々なアーティスト、ミュージシャンに限らずコラボレーションしたり、インスト曲も作る予定です。
常に曲は作っているのですが、自分がフロントマンというわけではないので使い道がなくなってしまいますからね、今後の自分での楽しみとしてもずっと続けていこうと思います。

「SUGAR HILLS」
サウンドプロデューサー伊藤修平による新プロジェクト。
決まった形式は持たず、オリジナル作品に加え、様々なアーティストをフューチャーした楽曲も制作する。
そのコラボ相手はミュージシャンやシンガーにとどまらず、俳優やモデル、またはダンスや映像など、ジャンルレスでユニークに展開。
それぞれのアーティストの新たな魅力を提示する作品を送り出してゆく。

8月21日、第1弾「Empty Room feat.ZIN」配信リリース

変幻自在の歌声を持つソウルシンガーで、
soul flex クルーの一員でもある ZIN をフューチャーした
低体温でオルタナティブなムード漂うR&Bチューン。

歌詞は ZIN 本人による全編英語詞の書き下ろしとなっている。
コラージュによるアートワークを手掛けているのは
伊藤がプロデュースをつとめる大比良瑞希。


伊藤修平

東京出身のサウンドプロデューサー、チェリスト。
大比良瑞希をはじめ、様々なアーティストの作品に携わり、
その活動はメジャーシーンからインディーアーティスト、アンダーグラウンドシーンまで、ジャンルを問わず多岐に渡る。
ストリングスアレンジでの参加作品、チェリストとしてのコンサート出演も数多く、そのアコースティックとエレクトリックを自在に操るプレイスタイルは注目を集め続けている。
国内外の大型フェスの出演歴も多数。

伊藤修平 OFFICIAL SITE: https://www.shuhei-ito.com
伊藤修平 OFFICIAL TWITTER: https://twitter.com/GOSHU27
伊藤修平 OFFICIAL INSTAGRAM: https://www.instagram.com/goshu27

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

愛媛県出身、東京在住。電子音楽家。コラージュ音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年待望の世界デビュー盤『Tough and Tender』(邂逅)をリリースし話題をさらった。
2015年に2nd アルバム『Masquerade』(邂逅)をリリース。
また、鈴木光司原作・福田陽平監督のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』、ヤマシタマサ監督『東京ノワール』など多岐にわたる映画の劇伴や、広告音楽、サウンドロゴなどの作編曲も手掛けている。
2018年は、5月より3ヶ月間デジタル配信での連続リリースを行い、ラップトップの他、モジュラー、コンパクトエフェクターなどのアナログ機材を使用したライブパフォーマンスが話題。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP