[お知らせ] コラム野村太一さん「どこでもいい。さぁ、行こうか。」休載について

本日20時に掲載された「どこでもいい。さぁ、行こうか。」の最新号をお読みの方はすでにご存知と思いますが、当メディアにてコラムを約3年に渡り執筆してくださっていたYellow StudsのVo,Key野村太一さんですが、体調が芳しくないとの事で、今月を持ってコラムを休載する事が決まりました。

今は何よりも野村さんの体調が一日でも早く良くなる事を願う事が大切だと思っています。
私達に何が出来るのかはまだ分かりませんが、コラムを続ける事が今負担になっているのであれば、休載は当然の事と思っています。

バンド活動もある中、その強い精神力で病気とバンド活動と戦っている野村太一さんを私は個人的にただただこれからも応援したいと思っています。
Optimanotes読者の方も是非一緒に応援してくれたらと思っております。各種SNSは消されたようなので、Yellow Studsを応援しましょう。バンドを応援する事が、結果野村太一さんを応援する事に繋がると思っています。

コラム休載は残念ですが、またいつか戻ってきてくださる事を願って、コラムのバナーはそのままにしようと思います。
またいつの日か体調がよくなり、何か文章を発信したいと思った時に、その帰る場所を残してゆく事が私達の使命だと思っています。

とにかく今は、しっかり休養して無理をせずに体調を少しでも良くしていっていただきたいと思います。

それでは、皆さんも一緒に野村太一さんに祈りを捧げて下さると嬉しいです。

失礼致します。

Optimanotes編集長 / 邑田航平

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP