GHOST TOWN CLUBが新曲「ゴーストタウン」MV公開。サブスク配信もスタート。

GHOST TOWN CLUBが新曲「ゴーストタウン」のMVを公開した。

GHOST TOWN CLOBは2019年末にnicotenのボーカル・宮田航輔、米津玄師のバンドのギタリスト・中島宏士、ベーシスト田中悠貴という3人でドラムレスバンドとして結成されたバンド。

今年7月にバンドのYouTubeチャンネルで公募によりバンド名を募集し決定し、MVと共に「En」を発表し、本格的な活動をスタートしていた。そんな「En」に続く新曲として発表された「ゴーストタウン」は、彼らのシグネチャーとも言えるような楽曲で、80年代の洋楽を彷彿とさせるキラキラとしたサウンドプロダクションが印象的だ。作詞を宮田、作曲を中島と宮田が2人で手がけている。

「ゴーストタウン」は現在各種音楽配信サイトでも配信中である。
新人離れしたアレンジ、演奏スキル、Vo宮田の人を惹きつける印象的な声が揃った、これからの音楽シーンを担ってゆくであろうバンドだと思う。

ぜひ、今からチェックしてみて欲しい。

各種LINK
Official YouTube
宮田航輔Twitter
中島宏士Twitter
田中悠貴Twitter

optimanotes

optimanotes管理者

投稿者の過去記事

Optimanotesは日本のWEB音楽メディアです。 アーティストへのインタビュー、ライブレポート、レコードレビューなどを行っています。 また、運営メンバーの面白いと感じたものは音楽以外でも、どんどん取り上げてゆきます。ご意見・お問合せ→info@optimanotes.com

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP