King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY” 開催決定

King Gnuが2020年11月7日から12月2日にかけて、東京・大阪・名古屋の4会場8公演となるアリーナツアー「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」の開催を発表した。
2020年2月末から4月にかけて予定されていた「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」が新型コロナウィルスの影響により中止となってしまったが、「新規公演」実施に向け、政府・行政の指針・ガイドライン・入場者数の制限などを注視しながら、メンバー、スタッフ一同、協議を重ね続けてきた結果、「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」の開催が決定された。

2020年1月にリリースされ、上半期ナンバーワンヒットアルバムとなった「CEREMONY」のリリースから約10ヶ月を経て、日本武道館を含む初のアリーナツアーがようやくオーディエンスを迎え入れる形で実施されることになった。

公式HP掲載内容及びメンバーコメント

「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY” 」開催決定のお知らせ

平素より、King Gnuを応援して頂き、誠にありがとうございます。

2020年の春に予定しておりました「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」を新型コロナウィルスの影響により中止して以降、「新規公演」実施に向け、政府・行政の指針・ガイドライン・入場者数の制限などを注視しながら、メンバー、スタッフ一同、協議を重ねて参りました。

King Gnu初のアリーナ公演となるはずだった「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」を幻で終わらせたくない、長引くコロナ禍の中でライブに関わるスタッフの生活を守っていかなければならない、そして何よりKing Gnuのライブを楽しみに待っていただいているファンの方々に、少しでも早くライブを届けたいとの思いから、
このたび新規公演として、東京・大阪・愛知の4会場にて「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」の開催を決定させていただきました。

本日のお知らせまでに時間を要してしまったこと、また通常の形での振替公演を行うことができないことを、深くお詫び申し上げます。

「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」のチケットをご購入いただいていた方に、新規公演を優先的にご案内できるよう最大限調整を重ねてまいりましたが、100%の入場者数でライブを行えない状況下では、当初予定しておりました地域・キャパシティでの会場確保を行うことが難しく、全ての方を対象とした優先受付を行うことが出来ないため、今回の新規公演においては、優先受付を行わないこととさせていただきました。
優先受付をお待ちいただいていた方には、重ねてお詫び申し上げます。

公演開催にあたっては、政府機関・コンサート開催都市のガイドラインを遵守し、コンサート会場のウイルス感染拡大予防対策を最優先に努め、安心してご来場頂ける環境づくりを徹底して参ります。

ご来場される皆様におかれましては、マスクの着用、検温、手洗い、入退場の分散、グッズ購入の制限、同伴者とのお座席が1席離れてしまう等、ご協力頂く事が多く出てきてしまうかと思いますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。

メンバー・スタッフにおきましても、安全を最大限に確保し、準備期間の短縮、スタッフ人数縮小等、感染防止に努め準備を進めてまいります。
また、地域やキャパシティなどの関係上、直接会場に足を運べない方のために、配信LIVE等の実施も予定しております。

公演に関する詳細、今後の情報は、King GnuオフィシャルHPにて随時ご案内させていただきます。

今回、公演を開催することが出来なかった地域でも、近い将来必ずライブを行うべく、引き続き調整を行ってまいりますので、その日まで変わらぬご声援を頂けますと幸いです。

全ての方が、心から安心してライブを楽しめる日が1日でも早く戻ることを、心より願っております。

2020年10月3日 King Gnu メンバー・スタッフ一同

King Gnuメンバーからのコメント

常田大希
COVID-19の影響で、予定されていたツアーが全公演中止という、前代未聞の事態に襲われた2020年。
今、尚辛抱強く耐え忍んでいる音楽業界ですが、我々はゆっくりとでも歯車を回し出さなければいけません。
現段階の国の要請に従って大幅に収容人数を減らし、尚且つできる限りの対策を以っての開催となるこのツアーは、
後にも先にも無い、今この時代の空気を纏ったツアーになることでしょう。

勢喜遊
いろいろあるけれど、結局のところいつも通り最高のパフォーマンスを届けるのみ。以上!!

新井和輝
やっぱりLiveがやりたい、という一心でスタッフ、メンバー一同で動き続け、こうした形に落ち着くこととなりました。
こんな時期だけど、こんな時期だからこそ残るものがあると信じて突き進みます。
みんなでケアをして、最高な祭りにしよう。

井口理
今の状況下、King Gnuに限らず沢山のアーティストが難しい決断を迫られてきました。
これが正解か間違いかは誰にもわかりませんが、細心の注意を払った上で、一歩踏み出すことを決断しました。
いつかまた「あの頃」以上の熱狂をみなさんとつくっていける日を夢見て、今出来る限りのLiveをしたいと思います。
優先受付できなかったお客さん、規模縮小で入れないお客さん、今回ばかりはごめん!またいつか必ず最高の場でお会いしましょう!!

「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」

11/7(土) 東京ガーデンシアター
11/8(日) 東京ガーデンシアター
11/18(水) 大阪城ホール
11/19(木) 大阪城ホール
11/24(火) 日本武道館
11/25(水) 日本武道館
12/1(火) 日本ガイシホール
12/2(水) 日本ガイシホール

※開場/開演時刻・チケット価格・販売スケジュール等の詳細は後日改めてお知らせします。
※配信LIVEの実施も予定しております。こちらの詳細も後日改めてお知らせします。

King Gnuプロフィール
東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。
その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。
SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017出演後、2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。独自のポップセンスと色気が凝縮されたトーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドはもとより、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL等大型フェスへの出演、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMV・アートワークで注目を集め、LIVEチケットは毎回即完。 
音楽・映像・アートワーク、LIVE全ての面において、唯一無二の世界観を築きあげている。

King Gnu 公式WebサイトURL/SNSアカウント
Official HP
Twitter
Instagram
YouTube

optimanotes

optimanotes管理者

投稿者の過去記事

Optimanotesは日本のWEB音楽メディアです。 アーティストへのインタビュー、ライブレポート、レコードレビューなどを行っています。 また、運営メンバーの面白いと感じたものは音楽以外でも、どんどん取り上げてゆきます。ご意見・お問合せ→info@optimanotes.com

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP